「猫侍 南の島へ行く」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

猫侍 南の島へ行くの紹介:2015年9月5日公開の日本映画。『イヌゴエ』『ネコナデ』『幼獣マメシバ』などの動物ドラマシリーズの劇場版第2弾。江戸時代を舞台に、かつて剣客として腕を鳴らした強面の浪人と一匹の白猫の交流を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

猫侍 南の島へ行くの主な出演者

斑目久太郎(北村一輝)、玉之丞(あなご・さくら)、お蓮(LiLiCo)、青海信玄(高山善廣)、謎の忍者(木下ほうか)、船頭(酒井敏也)、港の男(緋田康人)、タエ(木野花)、お静(横山めぐみ)、ハル(岩田月花)、タエ(木野花)、黒猫ヤムヤム(ジャック)、カワヤ(グレース・ヌワエメ)

猫侍 南の島へ行くのネタバレあらすじ

【起】- 猫侍 南の島へ行くのあらすじ1

江戸時代の日本…。
無双一刀流免許皆伝の腕前で〝まだら鬼〟の異名を持つ斑目久太郎は、元々は加賀藩の武術指南役をしていました。
しかし奉公先でリストラに遭った久太郎は、再起をかけて妻・お静と娘・ハルを加賀藩に残したまま、江戸に向かいます。
江戸で仕官を探す久太郎は、紆余曲折があって、玉之丞という可愛らしい白猫を飼いました…(『猫侍』シリーズ参照)。
…仕官が叶わず妻子の待つ故郷・加賀藩に戻った久太郎は、浪人生活(要は無職)を続けています。
そんな久太郎に、姑・タエが四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰りました。成功すれば藩への引き立て(就職支援)もあります。
「もしこれでうまくいかないようなら、離縁です」と姑・タエに言い渡され、久太郎は単身赴任を引き受けます。
「それと、あれ、連れてってくださいね」と姑・タエはあごで玉之丞を指しました。ノミ取りをする者がいないという理由で、玉之丞は久太郎に同行して土佐へ行くことになります。
久太郎の出発を、妻・お静と娘・ハルが見送りました。ハルは猫アレルギーのようで、くしゃみ連発です。
無職の久太郎ですが、妻子からは慕われていました。妻のお静からは路銀(交通費)を、娘のハルからはお守りを渡され、久太郎は屋敷を出発しました。
船着き場で便を待つ間、久太郎は団子屋で一服しようとします。団子と茶を頼み、ついでに店員に船が着く場所を聞いている間に、団子と荷物を奪われました。
戻ってきて団子がないのを見て、最初は玉之丞を疑った久太郎ですが、荷物がないのを見て物盗りの仕業だと気づきます。
見ると、露骨に怪しい忍者が去っていくところでした。久太郎は玉之丞を懐に入れ、忍者の後を追います。
見失ったと思われた頃、誘うように団子が落ちています。それを追って林に紛れこんだ久太郎は、忍者と対峙しました。
忍者は分身の術を使いますが、玉之丞が本体を見破り、忍者はあっけなく久太郎に倒されます(おでこを小突かれただけ)。
久太郎は荷物を取り戻し、急いで船着き場に引き返しましたが、土佐行きの便は半刻前(約1時間前)に出たとのことでした。次の便は十日後です。
実は忍者は姑・タエが差し向けた者でした。かねてより久太郎と娘・お静の離縁を願う姑・タエは、土佐行きを指示しておきながら忍者を差し向けていました。
土佐行きの便に乗り遅れて、すごすごと屋敷に戻った久太郎に、離縁を言い渡す計画だったのです。
しかし久太郎は思いもよらぬ方策に出ました。なんと「れんたる」の小舟を手配したのです。
計算ではありません。久太郎は「舟」と書いてある看板を見て、漕ぎ手のいる舟だと思ったのです(現在でいうところのタクシーみたいなものを想像した)。 この映画を無料で観る

【承】- 猫侍 南の島へ行くのあらすじ2

しかし乗り込むと、貸し主は乗らず、舟はひとりで出発、看板の裏に「れんたる」と書かれていました。やむなく久太郎は、ひとりで舟を漕ぎだします。
それは悪夢のような道中でした。漕げども漕げども陸は見えず、猫はにゃーと鳴き、腹はぐうと鳴るのです。
空腹に耐える久太郎と玉之丞を、舟に乗って四日目に爆弾低気圧が襲いました。波は荒れ狂います。
なんとか三日三晩やり過ごした久太郎は、島らしき影を見つけました。しかしそれは鯨で、ふたりは鯨に呑まれます。
(…このへんの事情はすべて紙芝居でお送りしております…)
〔そして、今に至る〕←こういう文字が縦書きで表示されます
…気がつくと、久太郎と玉之丞は、南国の見知らぬ島に漂着していました。
しかし武士たる者、どんな環境でも適応します。適応するのです。
海で魚を採り、ジャングルで得た樹木で屋根や敷物を作った久太郎は、浜辺で玉之丞と暮らしました。
漂着9日目、森の中を彷徨った久太郎は甲高い鳥の声に驚いて、つい玉之丞を離してしまいました。玉之丞はいずことなく去ります。
玉之丞を追って森の奥へ進んだ久太郎は、そこへ南国風の一軒家を見つけました。
裏声で「たのもう!」と言って入った久太郎は(緊張すると久太郎は裏声になる)、三つの壺を発見します。
一つめには黒猫・ヤムヤムが入っていました。二つめに玉之丞を見つけます。…黒と白…三つめの壺が気になった久太郎は三つめの壺に手を突っ込み、ヘビを見つけて仰天しました。
家の主らしき少女・カワヤが帰ってきます。島で見つけた初めての人間に、コンタクトを試みた久太郎ですが、いかんせん言葉が通じません。
久太郎は「斑目久太郎」と自己紹介しますが、「でたらめ、ちゅうたろう」「あたりめ、ちゅうた」「うおのめ」…通じません。
少女を勝手に「カワヤ」と呼び始めたのも、少女との会話の断片から久太郎がつけた暫定的な名前でした。
翌朝、久太郎が起きると玉之丞がいませんでした。玉之丞はヤムヤムとランデブーしていました。昼間から、エロネコめ…とは思いますが、玉之丞の初めての恋に、久太郎は見なかったことにします。
少女・カワヤが戻ってきて、久太郎にニャーハン(猫飯)を勧めました。猫の餌など…と思いつつも口にした久太郎は、食べて「うまっ!」と思います。
白い猫・玉之丞を連れた久太郎を、物陰から狙う三人の現地人の男性がいました…。
カワヤがいなくなった後、男性の一人がやってきます。「ネコ友?」と対応に困る久太郎を騙して、男は玉之丞を連れ去りました。
〔玉之丞は、奪われた〕←こういう文字が出てくるんです
現地人の男を追った久太郎は、地下の洞窟に集落を発見します。しかも部族の男十数人に囲まれ、久太郎は絶体絶命のピンチでした。

【転】- 猫侍 南の島へ行くのあらすじ3

「猫を返せ」と言いたいのですが、言葉が通じないので、久太郎は身ぶり手ぶりで「猫」を示そうとします。
猫の仕草を真似て、必死でジェスチャーする久太郎に対し、現地人のリーダー格の男性が冷静に「恥ずかしくないのか」と突っ込みました。
リーダー格の男は、江戸に昔いたことがあったという長老・トンジャに教わり、日本語がぺらぺらでした。ついでにいうと、仲間もぺらぺらでした。
カワヤが久太郎をかばいますが、不覚にも久太郎は吹き矢で気絶しました…。
〔大丈夫 主人公は死なない〕←本当にこういう文字が縦書きで出てくるんです…
久太郎は牢に監禁されます。そこで出会った女性の海賊・お蓮に、ここは日本からずっと離れた南の島だと、久太郎は教わりました。
お蓮は見張りの現地人を買収し、さらに久太郎にも海賊になれと迫りますが、久太郎は断固として断ります。
海賊に襲われて絶滅寸前の部族は、神様の使いとされる白い猫・玉之丞を祀りました。
カワヤが久太郎にバナナを差し入れますが、久太郎は見たことがないそれを食べ物と分かりません。お蓮が横からバナナを1つ奪って食べるのを見た久太郎ですが、半信半疑です。
お蓮は買収した見張りから逃がしてもらいました。
夜、空腹に耐えかねた久太郎は、バナナを口にして「うまっ!」と思います。しかし調子に乗って大量のバナナを一気食いした久太郎は、お腹を下してつらい目に遭いました。
逃げたお蓮は長老・トンジャ宅に忍び込みますが、目当てのお宝は見つけられず、代わりに久太郎の猫・玉之丞を連れ帰りました。
お腹の調子が悪い久太郎を相手に、お蓮は玉之丞を取引の材料に使って、海賊になれと再び勧誘します。
どさくさまぎれで脱走を図った久太郎は、部族の男たちに見つかり、つるしあげを食らいます。
火あぶりの刑に処されようとした久太郎ですが、長老・トンジャと共に玉之丞がやってきました。
玉之丞は久太郎の膝の上に座ったことから、久太郎は処刑を免れます。
〔ほら大丈夫 主人公は死なない〕
長老・トンジャは「神(玉之丞)がお前を助けた」と言いますが、久太郎は「猫は猫だ。神などではない」と答えます。
久太郎は、海賊・お蓮を逃がしたという濡れ衣で処刑されようとしていました。
買収された現地人の男は、久太郎がとっくに処刑されたと思っており、生きている久太郎を見て腰を抜かします。
その反応から、見張りの男こそが海賊・お蓮を逃がした真犯人だとばれ、買収された男はお縄になりました。
リーダー格の男は、翌日海賊が襲ってくるだろうから、呑もうと言い出します。戦いの前の景気づけです。
宴会の席でリーダー格の男は、この島の歴史を話しました。

【結】- 猫侍 南の島へ行くのあらすじ4

島は火山の噴火で砂浜が消え、さらに海賊に襲われて、多くの人間が奴隷として連れて行かれました。海賊との戦いで多くの人間が死に、だから皆は心のよりどころとして神様を欲しがったのです。
本当は皆、白い猫が神様でないことを承知していました。しかし心の闇はすぐに消えないから、目に見える神様が欲しかったのです。
長老・トンジャは詫びの印に、島の宝であるバナナの種を久太郎に授けました。トンジャは「この島のバナナは特別」と言いますが、バナナで腹を下した久太郎にとっては、「いらないんですけど」な代物です。
翌朝、部族の者たちの読みどおり、逃げたお蓮が仲間を引き連れて、島を襲いに来ました。
「宝物をいただきに来た」と言うお蓮は、玉之丞を人質(猫質?)にとっています。部族の者は「神様捕まった、島はもうおしまい」と言って逃げました。
久太郎が、あっという間に玉之丞を取り戻します。海賊たちは久太郎と戦いますが、あっけなく倒されます。
お蓮が「なぜ(現地人の味方をして)戦う?」と聞きますが、久太郎にも答えられません。しいていえば「なりゆき?」みたいなものです。
大男3人が出てきますが、見かけ倒しでした。さらに筋骨隆々のムキムキマンまで現れます。
肉体派の男性と久太郎は互角の戦いでした。なかなか決着がつきません。
戦っているうちに、久太郎の懐にいる玉之丞が顔を覗かせました。それを見たムキムキマンは和み、戦意喪失して立ち去ります。
〔猫は 世界を救う〕←ほんとに文字が縦書きで出るんです…
「あんたさえいなけりゃバナナの種が手に入ったのに」とお蓮が口惜しがるのを聞き、久太郎は、長老・トンジャから貰ったバナナの種を渡しました。
お蓮は大喜びして「もう島には来ない」と約束します。
海賊を見事退けた久太郎を現地人は英雄扱いしました。
〔そして 踊る〕
宴会で、久太郎は皆と一緒に踊りました。久太郎は見張りの男を許してやれと頼みます。
久太郎の懐の広さに感激したリーダー格の男は、「許すこと大事」と言い、久太郎に熱い抱擁をしました。「そこまでしなくても…」と内心、久太郎は思います。
久太郎が島を去る日が来ました。お別れを言いに行った久太郎と玉之丞ですが、玉之丞はヤムヤムに猫パンチを食らいます。振られたようです。
海へ向かって歩く久太郎と玉之丞を、カワヤとリーダー格の男が見送りました…。
三日後。
久太郎はいかだで加賀藩に戻りました。「れんたる」の舟屋に、いかだを返します。
〔主人公に 不可能は無い〕
多少の責任を感じていた姑・タエは久太郎の帰藩を許し、「家族に心配をかけるでない」と言いました。
猫アレルギーの娘・ハルは鼻の穴に綿をつけて出迎え、妻・お静も久太郎の帰りを喜びます。
屋敷に戻った久太郎は、最近江戸で大好評の珍味を家で出されます。それはバナナでした。
久太郎は「そんなバナナ」と思いました。
「夢うつつ 荒唐無稽の 珍道中 ただ確かなる 君のぬくもり」
(エンディング)現地人に扮した松崎しげる、バナナをマイクにノリノリで『愛のメモリー 猫侍バージョン』を熱唱

みんなの感想

ライターの感想

映画2作目です。
ドラマ、映画共に変わらず愛くるしい姿を見せてくれる玉之丞さん。見つめられたら思わず可愛い?と声がでてしまう美猫さんです。でもこの玉之丞さんじつはとてもおとなしい引っ込み思案な猫さん。それであれだけの演技?ができるのは北村さんの愛情のおかげ?最後まで楽しい映画ですが、一番笑えたのは実は最後に松崎しげるが唄う愛のメモリーの猫侍バージョン!歌詞にニャンニャンがちりばめられているのでクスクス笑いが止まりません。猫好きな方、是非見てください!

ライターの感想

元はテレビドラマから端を発した『猫侍』シリーズ。
放送されるなり、この猫・玉之丞を演じた「あなご(本名)」という猫が愛くるしいということで
テレビドラマはヒットし、あなごたちのオリジナルDVDまで出されるほどです。
ドラマはSEASON2も作られました。
このテレビドラマの枠の動物シリーズでSEASON2までいったのは『幼獣マメシバ』以来ですので、ヒットのほどが判ります。
実は一連の動物テレビドラマシリーズでは初の時代劇です。
時代劇…とはいっても硬派ではなく、久太郎のモノローグはフランクです。
ストーリーがきちっとしていたSEASON1に較べ、SEASON2は遊び心満載。ナンセンスな色彩が濃いものとなっていました。
SEASON2ではストーリー原案から北村一輝が関わり「とにかく脱力系の、癒しを重視。ストーリーは二の次」だけあって
確かに話は莫迦莫迦しい。なんでもあり。
ユルさ爆発。猫好きの人は必見です。

映画の感想を投稿する

映画「猫侍 南の島へ行く」の商品はこちら