「男子高校生の日常」のネタバレあらすじ結末

男子高校生の日常の紹介:2013年公開の日本映画。Web雑誌『ガンガンONLINE』で連載された山内泰延の同名コミックを「アフロ田中」の松居大悟監督が実写映画化。男子校に通う冴えない3人組とそのクラスメイトたちの、ぐだぐだな学園生活を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

男子高校生の日常の主な出演者

タダクニ(菅田将暉)、ヨシタケ(野村周平)、ヒデノリ(吉沢亮)、りんご(岡本杏理)、ヤナギン(山本美月)、唐沢(太賀)、副会長(角田晃広)、ミツオ君(東迎昂史郎)、細野(栗原類)、美果(上間美緒)、生島(三浦透子)、羽原(山谷花純)、文学少女(白鳥久美子)、佐竹(志村玲那)、タダクニの妹(高月彩良)、コンビニ店員(小池唯)、コンビニ店員の彼氏(奥野瑛太)、村松先生(佐藤二朗)

男子高校生の日常のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①タダクニらのいる男子高とりんごらのいる女子高が合同で文化祭をすることに。男子は盛り上がるが女子は意外に冷静、というか相手にしていない。 ②それでも気づかない男子生徒らは派手に暴走し、空回りした。誰も何も変化は起きない…(笑)。

【起】- 男子高校生の日常のあらすじ1

いまどきの男子高校生と言ったって、みんながみんな、シュッとしてカッコいいわけじゃないのです。むしろ、バカだったり、しょうもないことで盛り上がったりすることが多いのです。
たとえば…ここに3人の男子高校生がいます。真田中高校2年1組のタダクニとヨシタケ、ヒデノリの3人は、いつもタダクニの家でごろごろしながら話をします。タダクニには妹がいて、タダクニの隣に部屋があります。
その日も「食べ方が汚い女子キライ」「独りでウナギ食ってる子の方がよさそう」「あと、腕の骨にギプスはめてる子な」…とかいうことを勝手にほざくわけですが、では彼女の作り方を知っているかというと3人とも黙ってしまいます。
この3人をはじめとして、タダクニらの通う男子高校は、えてして「女子にオクテ」な集団でした。
その真田中高校にとんでもない事態が勃発しました。ある日、テスト期間中に女子の一団が乗り込んできたのです。女子の一団は真田女子高校の生徒の模様です。
女子の一団が通った後、タダクニはシュシュ(ドーナツ状にした薄手の布にゴムを通して縮ませた髪飾り)を見つけました。女子の一団の中でタダクニの目に留まった「りんご(但しタダクニは名を知らない)」のものではないかと思い、タダクニは拾ってポケットに入れます。
なぜ女子高校の生徒が来たかというと、今年はなんと文化祭が合同になり、タダクニらの男子高とりんごたちの女子高が同じ校舎ですることになったからでした。文化祭の会場は、男子高の校舎でおこなうことになります。
まだテストは終わっていないのに、男子たちはそわそわし始めました。だって女子が来るんですもん。
いつものようにタダクニの部屋で集まっている時、ヒデノリがふと言いました。「スカートはありえない」と。
ヒデノリの「ありえない」理由とは、スカートの下はパンツ、つまり、スカートとは「パンツむき出して歩いているのと同じ状態だ」というわけです。
ヒデノリの説に膝を打ったタダクニとヨシタケは、ではスカートを履いたらどんな感じなのだろうということに話題が発展しました。
ヨシタケがタダクニの妹の部屋に勝手に入り、スカートを3着借りる代わりに自分のトランクスを置いてきます。 この映画を無料で観る

【承】- 男子高校生の日常のあらすじ2

「これ履いて試そう」と言った3人ですが、お披露目となると実際に履いていたのはタダクニだけでした。ヨシタケとヒデノリは嬉しそうにタダクニのふとももを触ろうとします。
ところがその時、運悪く妹が帰ってきてしまいました。一瞬にして場は凍りつき、妹は兄・タダクニをビンタします。ヨシタケとヒデノリは小さく「失礼しました」と言うと、こそこそとその場を去りました。
妹は兄・タダクニに「まず脱げ」と言ってスカートを返してもらうと、自室に行ってトランクスを放ります。どうやらヨシタケが代わりにトランクスを置いて行ったのは本当だったようです。
そんなふうにバカばっかりしている3人ではありますが、ヨシタケはコンビニ店員の女性が好きで、ヨシタケがヘッドフォンで聞いていた曲をレジのコンビニ店員が「チームしゃちほこ」だと当てた時から、猛烈に意識し始めます。
ヒデノリは、海辺で出会うおさげで眼鏡をかけた女子高校生・文学少女と、なんとなく~なムードです。
まずは文学少女の履いているスカートの構造を気にしたヒデノリは、「今日は、風が騒がしい」と言いました。文学少女は「でもこの風、少し啼いています」、ヒデノリが「風が、この町によくないものを運んできている」、文学少女が「紺碧の空が、私たちを嘲笑っている」、ヒデノリが「急ごう、風が止む前に」。
詩のやりとりのようですが、なんとも不思議で不可解な光景です。ただし、本人たちは大まじめにやっています。
すぐに生活が変化するわけでもなく、相変わらずタダクニの家に集まった3人は、タダクニの妹に下着を盗んだだろうと烈火のごとく怒られました。皆否定しますが、妹のブラをつけているヒデノリに、ヨシタケは気づきました。そこは男同士の友情、黙っています。
テストで最後のあがき(終了のチャイムが鳴ったのに、同じ答えでとにかく解答欄を埋めておこうというセコい作戦)をしたタダクニは、いよいよ文化祭の準備にかかります。
男子側は旧校舎でお化け屋敷を、女子側は新校舎コスプレカフェをすることになりました。
教室に残ってヨシタケの脛に貼ったガムテープを剥がすヒデノリらのところへ、女子がやってきます。ちなみにこのガムテープでの脛毛取りは、先日タダクニの家でもやっていました。

【転】- 男子高校生の日常のあらすじ3

教室の採寸をするという女子が「普段どおりにしてて」と言いますが、ヨシタケとヒデノリはかちこちに緊張します。
新校舎のトイレ掃除をしたタダクニ、ヨシタケ、ヒデノリと純朴そうな青年・唐沢は、「このトイレを女子に貸すのだ」と思い至り、何をすれば女子が喜ぶか真剣に悩みました。
トイレットペーパーを三角に折れば女子は喜ぶのではないかと誰かが言い、盛り上がります。三角に折ってみて男子連は「可愛い、可愛い」と盛り上がりました。
先に結果を書いてしまうと、男子生徒が創意工夫を凝らしたつもりのトイレは、女子には不評でした。ピンクの便座カバーをつけ、トイレットペーパーのところには芳香ボールの飾りをつけてみたのですが、女子からは「腐ったスイカの臭いがする。むしろキモイから!」と怒られます。
ちなみにこの時に呼ばれて文句を言われたのは唐沢なのですが、残ったメンバーは「なぜ唐沢が呼ばれたのか(コクんの?)」ということで盛り上がりました。単に教室のいちばん近くにいたからですが。
ヨシタケは携帯で電話している振りをしながら「しゃちほこ」を連呼し、さらにコンビニ店員の女性にさりげなく(でも露骨に)文化祭のポスターを落として去ります。文化祭にはチームしゃちほこのメンバーがライブにやってくるのです。コンビニ店員がやってくるのでは、という淡い期待を抱いての行動でした。
ヒデノリは文学少女を誘おうとポスターを持っていきますが、詩の連呼の時に文学少女の言葉を遮ってひとりよがりに走ったので、呆れられます。ちなみに文学少女は、女子高の生徒です。
文化祭の準備が始まり、女子がたびたび校舎にやって来るようになりました。男子の方はばりばり女子を意識しています。
ところが…女子の方はというと極めて冷淡で、同じ年ごろの男子生徒など、相手にしていません。むしろ男子校の校長がカッコいいということで「ダンディ」とアダナをつけ、校長が独身か気にしていました。
りんごにガムテープを貸してくれと言われた時、タダクニは渡そうかと考えますが、意識しすぎて駄目でした。むしろ意識していない唐沢がさらっと渡します。
「あれ、渡そうとしてなかった?」と言われたタダクニは、誤魔化すためにりんごと知り合いだというような発言をしました(落としたシュシュを拾っただけ)。

【結】- 男子高校生の日常のあらすじ4

それが元で男子生徒の間で「あの女子(りんご)、タダクニのことが好きじゃね?」という話になり、タダクニもだんだんその気になってきます。
もし告白されたら…という話になり「むしろそれより前に男のタダクニの方から告白してやれよ」という話になりました。
タダクニは、段ボールで作ったパイプを咥えてテンガロンハットをかぶり、ブランデーグラスを傾けながらの告白ということで、男子生徒はコーディネイトに一致団結しました。
そのお化け屋敷ですが、生首陳列など他愛もないものもありますが、中には「女子の胸を揉みたいからしかるべき位置に」「女子を押し倒したいからのドッキリ」などというのもあります。
ひょろっとした男子生徒・細野が女子に捕まり、女装させられることもありました。副会長はそれを見て「女子、意味わかんね」と思います。
さて迎えた文化祭当日。
ヨシタケは…コンビニ店員が来てくれましたが、彼氏がいることを知ってショックを受けます。
りんごはお化け屋敷に来ましたが、1人ではなく男装したヤナギン(コスプレカフェなので学ランを着用している)と同行です。
男子生徒たちにはそもそも「カップルでイベント会場に来る」という発想がありませんでした。副会長がコインロッカーからの飛び出しドッキリをすると、ロッカーの扉がヤナギンの顔を直撃します。
怒ったヤナギンから安全面を指摘された男子生徒たちは、営業停止を言い渡されました。一応ドッキリの場所にマットを敷いていたのですが、それ以前の問題でした。
タダクニはりんごに存在を気づいてもらえず、りんごがやっと気づいた時には「うわ、びっくりした」程度で、却って落ち込みます。
文化祭の後に、りんごにシュシュを渡そうとしたタダクニですが、横から生島が「あ、それ私の」と言って取り上げました。結局、なんにも進展はありませんでした。
それでもいいのです。今日もタダクニとヨシタケとヒデノリは「スカート丈は長い方がいいか、短い方がいいか」という話題に花を咲かせます。
短いのが好きなヒデノリ、長いスカートに包まれたいヨシタケ…「スカートなら、なんでもいんじゃね?」とタダクニは言いました。

みんなの感想

ライターの感想

確かにこれはゆるい。ゆるすぎる。
私は原作を全く知らず、よってキャラクターの個性も知らないのだが「こういう男子生徒、いそうだよね」「しかも群れになると、悪ノリするのとか、ありえそう」と思った。
夢見る男子高校生に対し、女子高校生の「意外にシビアな面」というのは当たってると思うし、その対極的な感じが面白かった。
東京03の角田は…むっさいけど、不思議と浮かなかった。
楽しそうで、見ているこっちもいい気分にさせてもらった。原作のファンからすると、もしかしたら期待外れの面もあるかもしれないが、私は「あり」だと思う。
この作品のキャッチフレーズ『高校生よ、最強(バカ)であれ。』…ほんとにその通りだ。バカって害がなくていいよね。

映画の感想を投稿する

映画「男子高校生の日常」の商品はこちら