「真夜中の弥次さん喜多さん」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

真夜中の弥次さん喜多さんの紹介:2005年公開の日本コメディー映画。しりあがり寿の漫画を原作とし、脚本も手がけている俳優の宮藤官九郎が監督を務めた初映画作品である。リアルと幻想が入り混じったなんでもありの世界を描く。

この映画を無料で観る

真夜中の弥次さん喜多さんの主な出演者

栃面屋弥次郎兵衛(長瀬智也)、食客喜多八(中村七之助)、金々(阿部サダヲ)、お初(小池栄子)、呑々(柄本佑)、木村笑之新(竹内力)、旅籠の客(おぎやはぎ)、浪速ホット(板尾創路)、清水次郎長(古田新太)、おちん(山口智充)、奪衣婆(研ナオコ)、魂( 荒川良々)

真夜中の弥次さん喜多さんのネタバレあらすじ

【起】- 真夜中の弥次さん喜多さんのあらすじ1

ワイルドで熱い男・弥次さんとヤク中の役者・喜多さんは、ともに男ですが愛し合う恋人同士です。ある夜、悪夢にうなされて弥次さんが起きると、注射器を片手にした喜多さんが「おいら、リヤル(リアル、現実)が分からねぇ」と言いました。弥次さんは喜多さんのヤク中を治すために、また「リヤル」を探すため、お伊勢まいりをすることにしました。東海道の旅の始まりです。最初に2人が行き当たったのは、箱根の関所「笑の宿」でした。笑の宿では、笑いのセンスがない者は関所を通れません。関所を通る人は真剣にネタの打ち合わせをしているくらいです。

【承】- 真夜中の弥次さん喜多さんのあらすじ2

弥次さんと喜多さんもネタ合わせをし、笑乃新の笑いを勝ち取ります。ところがそこで喜多さんのヤク中が露見し、弥次さんと喜多さんは引き裂かれます。なんとかギャグがすべりぎみではあるものの、喜多さんも関所を通してもらいました。次は「喜の宿」です。清水の次郎長親分の「喜び組」こと女子高校生の軍団がいました。が、次郎長のファンであるはずの高校生たちは、弥次さんにひとめぼれしてしまいます。その頃江戸では弥次さんの妻・お初の死体が見つかり、大騒ぎになります。町奉行・金々と岡っ引・呑々は、容疑者である弥次さんと喜多さんを追いかけて伊勢に向かい始めました。

【転】- 真夜中の弥次さん喜多さんのあらすじ3

弥次さんたちは「歌の宿」で音痴の女の子を助けようと曲のプロデュースをし、これが大当たりし、曲は大ヒットします。続いての「王の宿」では、妖剣エクスカリバーを喜多さんがたまたま引き抜きました。麻薬に手を出そうとした喜多さんを止めようとした弥次さんと喜多さんの腕が繋がります。繋がった腕を切断しようとしてエクスカリバーを使うと、それは弥次さんの胸を貫き、弥次さんは死んでしまいます。あの世には魂がたくさんいました。どの魂もみな、同じ顔をしています。弥次さんは現世と黄泉を隔てる三途の川をさかのぼって生き返ろうとします。 この映画を無料で観る

【結】- 真夜中の弥次さん喜多さんのあらすじ4

巨大な魂の尻の下をくぐると現世に戻れると奪衣婆に教わった弥次さんは、尻の下をくぐりますが、そのとき魂が放屁をし弥次さんは飛ばされます。その臨死体験? で弥次さんはお初の死を思い出します。夜中に米を研いでいたお初と弥次さんが言い争いになったときに、たまたま運悪く包丁がお初の胸に刺さったのでした。一方、喜多さんは弥次さんを失った悲しみから、マタンゴというきのこを食べてバッドトリップしていました。生き返った弥次さんが見つけた喜多さんは、全身からきのこが生えています。ドラッグをやめさせ、きのこも剥がした弥次さんは、喜多さんと熱いくちづけをかわし、そしてまた旅を続けるのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」の商品はこちら

真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション [DVD]