「私がクマにキレた理由(わけ)」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

私がクマにキレた理由(わけ)の紹介:2007年公開。大学を卒業して自分の将来に悩んでいた女性が、ひょんな事から子守として働きだした姿を描いた作品。成績優秀で大学を卒業したアニーは自分の将来像に悩んでいた。就職の面接に失敗して、公園にいると偶然の事故から子供のグレイヤーを助ける。グレイヤーの母のミセスXから子守(ナニー)を頼まれることに。セレブで家庭の事を何一つしないミスターXと、悪戯大好きなグレイヤーにアニーはてんてこ舞いだった。

この映画を無料で観る

予告動画

私がクマにキレた理由(わけ)の主な出演者

アニー・ブラドック(スカーレット・ヨハンソン)、ミセスX(ローラ・リニー)、ミスターX(ポール・ジアマッティ)、グレイヤー(ニコラス・リース・アート)、ジュディ・ブラドック(ドナ・マーフィ)、リネット(アリシア・キーズ)、ハーバード・ホッティ(クリス・エヴァンス)

私がクマにキレた理由(わけ)のネタバレあらすじ

【起】- 私がクマにキレた理由(わけ)のあらすじ1

大学を優秀な成績で卒業したアニーは、母のジュディから就職先を期待されていました。金融業界の会社に面接に行きますが、自己紹介がうまくできなくて落ちてしまいます。
自分の事を振り返ると、アニーは自分の将来像に悩みます。公園で悩んでいると、偶然の事故から子供のグレイヤーを助けます。母のミセスXから子守(ナニー)を依頼されるアニーでした。
ジュディには就職が決まったと嘘をついて、アニーはミセスXの家に住み込みでナニーとして働きます。ミセスXはいくつもの規則をアニーに要求します。
幼稚園のお迎えは遅刻しないこと、添加物の入っている食べ物は食べさせないこと、決められた習い事、父が有名小学校に入学させたいための教育など数多くの規則を手紙で要求されます。
早速お迎えに行くと、グレイヤーは公園で出会った時とは打って変わってアニーを嫌います。辞めた前のナニーのが良いとわめきます。
グレイヤーの暴君ぶりにアニーは鍵をかけられて家に入れなくなります。他の階に住んでいるハーバードのイケメンに助けてもらいます。
言う事を聞かないグレイヤーにアニーは我慢の限界が来ます。ミセスXには内緒で添加物の入った甘い食べ物をあげます。二人は内緒の名前を決めて、仲良くなります。 この映画を無料で観る

【承】- 私がクマにキレた理由(わけ)のあらすじ2

グレイヤーの父ミスターXとミセスXは夫婦仲がよくありませんでした。ミスターXは仕事ばかりを気にしていて、ミセスXも両者共グレイヤーに興味が無い様子です。
休みをもらっていたアニーでしたが、突然ナニーのセミナーに出席するようにとミセスXが言われます。断れずに出席します。
ナニーと雇い主の関係を良くするためのセミナーで、アニーは司会者から不満を言っていいと言われます。アニーは正直に休みが欲しいと言ってしまいます。
セミナーが終わって休みをどうぞと嫌味っぽく言われたアニーは、友人のリネットと飲みに行きます。そこでイケメンと再会します。リネットが話すきっかけを作ってくれます。
イケメンの友達がアニーの仕事を聞いて、からかってきます。怒ったアニーは出て行きます。
謝罪をしたいイケメンはミセスXの家に花を贈ります。アニーは祖父からと嘘をつくとミセスXがアレルギーを理由に捨てます。
捨ててあったのを見たイケメンは家を訪ねてきます。ミセスXの規則でデートは禁止だったのですが、慌てたアニーはデートの約束を了承します。

【転】- 私がクマにキレた理由(わけ)のあらすじ3

ミセスXはミスターXと久しぶりに会って食事等するため、めかし込みます。しかし、ミスターXは帰りの飛行機の便をキャンセルします。悲しむミセスXでした。
グレイヤーが高熱を出してしまいます。ミセスXとは連絡がつきません。困ったアニーはリネットに相談します。リネットは看護師であるジュディを紹介します。
アニーはジュディに連絡して診てもらいます。嘘がバレてしまって、ジュディは怒ります。しかし、映画の最後にはジュディはアニーの将来だからと納得してくれます。
しばらくしてミスターXは帰ってきます。希望していたグレイヤーの小学校の入学ができなくなり、ミセスXに当たり散らします。
ミセスXはアニーのせいにして、セラピーを受けさせます。イケメンとのデートに遅れてしまうアニーでした。
イケメンとアニーは店が閉まったため、外でピザを食べます。育ちの良いイメージのイケメンでしたが、そうでない事を知ったアニーは謝罪をします。
今度一緒に旅行に行こうとイケメンは誘ってきます。考えるアニーに、行く気になったら電話してと電話番号を渡すイケメンでした。
急遽ミセスX達の家族旅行が決まります。日にちはイケメンに旅行に誘われていた日とかぶっていました。
グレイヤーを一人にさせたくないアニーは、辛抱強く耐え続けます。旅行にも着いていく事にします。
仕事でミスターXは途中で帰ると言います。しかし、ミセスXが彼の母親を呼んでいて、ミスターXは帰れなくなります。更にミセスXは妊娠したと嘘をついて、ミスターXと口論になります。

【結】- 私がクマにキレた理由(わけ)のあらすじ4

朝の食事の用意をしていると、ミスターXがアニーの体にちょっかいを出そうとしてきます。ミセスXに見つかります。
飛び出したアニーはイケメンに電話しますが、留守電でつながりませんでした。戻ってきたアニーをミセスXがクビにします。
ミセスXはイケメンとの関係も知っていました。なぜならナニーカメラと呼ばれる子守専用のカメラを使って見ていたからです。
最後の給料が少ししかなく、怒ったアニーは家に帰ってナニーカメラを探します。カメラはクマのぬいぐるみの中に仕込まれていたのでした。
アニーがミセスXに向けてナニーカメラでキレて説教を言います。グレイヤーの素晴らしさや、一緒にいることが何より大切だと論じます。
ミセスXはカメラの内容を知らずにセミナーで皆と一緒に見ます。感銘を受けたミセスXはその場を後にし、ミスターXと離婚してグレイヤーを何より大切にするようになります。
アニーは大学院に進学する事を決めます。イケメンがミセスXからのお礼の手紙をアニーに渡します。
アニーはこの経験が奨学金を受けるために役に立てばと言います。ナニーという職業で自分というアニーを知ることができたと語ります。グレイヤーに感謝していると言ってエンディングとなります。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「私がクマにキレた理由(わけ)」の商品はこちら