「紀元1年が、こんなんだったら!?」のネタバレあらすじ結末

紀元1年が、こんなんだったら!?の紹介:2009年公開。遥か昔、禁断の果実を食べて村を追い出されたゼドが、仲間のオーと様々な場所に旅をして起こす騒動を描いた作品。監督は「恋はデジャ・ブ」のハロルド・ライミス。出演は「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、「JUNO/ジュノ」のマイケル・セラ。

この映画を無料で観る

予告動画

紀元1年が、こんなんだったら!?の主な出演者

ゼド(ジャック・ブラック)、オー(マイケル・セラ)、司祭長(オリヴァー・プラット)、カイン(デヴィッド・クロス)、アブラハム(ハンク・アザリア)、イーマ(ジュノー・テンプル)、イナンナ王女(オリヴィア・ワイルド)

紀元1年が、こんなんだったら!?のネタバレあらすじ

【起】- 紀元1年が、こんなんだったら!?のあらすじ1

遥か太古の時代、狩猟民族のゼドが住む村で狩りが行われます。マーラックが先頭に立って獲物を追い詰めますが、狩猟が下手なゼドが足を引っ張って失敗に終わります。
ゼドは親友のオーが果物を採取している場所へ行って、大好きなマヤを口説きます。しかし、マヤは狩りの上手なマーラックに夢中で失敗に終わります。
村では集会が開かれて、オーは大好きなゼドの妹のイーマを踊りに誘いますが失敗に終わります。
ゼドはオーを連れて禁断の果実を食べます。禁断の果実は決して食べてはならないと昔から決められていました。
禁断の果実を食べていたのがバレて、ゼドは村を追い出されます。家に火を間違えてつけてしまって、マーラック達に追いかけられます。
オーが後から来て助けてくれます。ゼドとオーは森を抜けて、大きな牛を見つけて狩ろうとします。
失敗に終わると、牧畜を営んでいるカインと弟のアベルと出会います。ちょっとした事から口論になって、カインはアベルを殺してしまいます。
カインは目撃者の二人に言いふらさないように脅します。そして自分の家に二人を招待します。 この映画を無料で観る

【承】- 紀元1年が、こんなんだったら!?のあらすじ2

カインの家に着くと、父からアベルについて聞かれます。3人が誤魔化した後、父はゼドに美人の娘リリスを、オーには下品な息子セツを添い寝につけることを決めます。
リリスは女性にしか興味がないので、ゼドはがっくしきます。オーはセツのおならがひどくて辛い状態です。
翌日、アベルの捜索が始まってゼド達3人は村から逃げることにします。アベルの死体が発見されて、父たちが追いかけてきます。
海沿いの街に着いた三人は、山賊に襲われて捕まったマヤやイーマ、マーラック達を見つけます。奴隷として人売りされそうになっていて、ゼドとオーはカインに交渉を頼みます。
カインはラクダと引き換えにゼドとオーを売ってしまいます。ゼド達、マヤ達は売られてしまって、捕らえられた状態で砂漠を横断します。
すると、ソドムの街の兵隊達が襲撃してきます。ゼドとオーは逃げ出すことに成功しますが、他の者達は捕まってしまいます。
救い出そうとタイミングを見計らっていると、ゼドとオーは寝入ってしまいます。そこから歩いてソドムまで向かいます。

【転】- 紀元1年が、こんなんだったら!?のあらすじ3

ゼドとオーは、途中で自分の息子を神に捧げようとするアブラハムと出会います。食事の後、男性器の皮を切られそうになって逃げだします。
アブラハムの息子にソドムの街を案内してもらって、ゼドとオーは門へ押されて衛兵に捕まります。殺されそうになると、衛兵になっていたカインが出て来て助けてくれます。
ゼドとオーはカインの紹介で衛兵になります。衛兵になると街でやりたい放題なのです。
訓練に参加した二人でしたが、ぐだぐだで怒られます。するとイナンナ王女がやってきて、町人や衛兵たちは跪きます。しかし、王女の美しさに見とれたゼドは立ち尽くしてしまいます。
ソドムの街では日照りが続いていて、雨を待っていました。王は雨を降らすため、処女を生贄に捧げます。
王女は立ち尽くしていたゼドとオーを王宮へ呼びます。オーは別の場所に連れていかれて、体に金粉を塗られて像になる仕事を任されます。
ゼドは侍女に王女の場所まで連れていかれます。なんと侍女はマヤだったのです。イーマも使用人として働かされていました。二人を救うため、ゼドは頑張ります。
王女は権力にひれ伏さずに立っていたゼドを選ばれし者と言います。そして、選ばれた者以外が入ると死んでしまう聖堂に連れて行きます。

【結】- 紀元1年が、こんなんだったら!?のあらすじ4

聖堂の中に入ったゼドはオーと再会します。オーは司祭長にオイルマッサージをさせられて、手が胸毛まみれでした。
中に入ったのをカインに見られていて、ゼドとオーは出てきて王達に捕まえられます。
処刑されることになって、民衆の前に張り付けられます。しかし、聖堂に入っても生きていたことを言うと民衆が味方につきます。重労働の刑にされて、死は免れます。
王はマヤとイーマ、王女を生贄に捧げようとします。これはまずいと思ったゼドは重労働させられていたマーロックに助けを求め、屋上からロープを手に突撃します。
しかし、ロープの端が違っていてゼドは建設中の建物に落ちます。建物が崩れて、チャンスだと思ったアブラハム達が王を倒すべき立ち上がります。
オーはイーマを助け出して童貞を卒業します。ゼドはマヤを助けて、王達は民衆の革命に巻き込まれて死亡します。
民衆は選ばれし者であるゼドを崇めます。ゼドは全員が選ばれし者だと言い、マヤと旅立つことを決意します。
オーはイーマを連れて故郷に戻り、長になる事を決めます。ゼドとオーがハグと握手をして旅立ちます。
エンドロールと共にNG集や未公開シーンが流れてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、マヤ達が生贄に捧げられそうになってゼドが助けに行く場面です。ロープの端をマーロックに任せて屋上からゼドが飛び降ります。しかし、端が間違っていてゼドはそのまま落下します。マーロックが唖然となり、この場面は一番面白かったです。
また、随所で下ネタが展開されているのですが、イーマが槍を手でこする姿は男性諸君は嬉しい映像だと思います。ソドムの街でバナナを使って誘ってくる女性も嬉しいと思います。
最後まで見終わって、とんとん拍子に進んでいく展開が見やすい印象の作品でした。下ネタもあり、笑いどころもあって満足できました。肩の力を抜いて見れるのでお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「紀元1年が、こんなんだったら!?」の商品はこちら