「素敵な相棒フランクじいさんとロボットヘルパー」のネタバレあらすじ結末

素敵な相棒 ~フランクじいさんとロボットヘルパー~の紹介:2012年制作のアメリカ映画。元泥棒の老人と最新型のロボットが、絆と友情を育んていく姿を描いている。ジェイク・シュライアー監督の異色のコメディドラマで、フランク・ランジェラ主演で贈る作品。

この映画を無料で観る

予告動画

素敵な相棒フランクじいさんとロボットヘルパーの主な出演者

フランク(フランク・ランジェラ)、ジェニファー(スーザン・サランドン)、ハンター(ジェームズ・マースデン)、マディソン(リヴ・タイラー)

素敵な相棒フランクじいさんとロボットヘルパーのネタバレあらすじ

【起】- 素敵な相棒フランクじいさんとロボットヘルパーのあらすじ1

寒い春のニューヨーク、そう遠くない将来。人里離れた一軒家に、フランクお爺さんは一人で暮らしていました。妻とは30年前に離婚して、30歳まで泥棒を生業としていました。
今までに2回逮捕されたことがあり、1回目は6年、2回目は10年服役しました。最初は盗品所持で捕まり、次は脱税で捕まりました。
専門は宝石で、ダイヤを狙っていました。強風の中、カジノの50階に侵入したことだってあります。
息子のハンターが心配して、毎週往復10時間かけて様子を見に来てくれます。娘のマディソンは仕事で海外に行っていて、電話で連絡してきてくれます。
フランクは時より、記憶が曖昧ではっきりしないことがあります。ハンターのことを忘れたりします。食事はシリアルだったりと不健康で、部屋は散らかり放題です。
楽しみはというと、近くの図書館で本を借りて読むことです。司書のジェニファーのことが気になっていて、彼女に本を探してもらうと嬉しいものです。
そんな図書館も時代の流れで、本の修繕が必要なくなります。新しいNPOが引き継いで、全てデジタル化されてしまいます。
これがコンピューターによる拡張現実の世界であり、通称「図書館体験」となるそうです。建物はコミュニティとなります。ジェニファーの助手のダーシーもロボットです。
帰り道にあるボディショップで、フランクは万引きして帰ります。店主から来るなと言ったのにと注意され、次は警察を呼ぶと言われます。万引きした置物を自宅の隠し扉に入れておきます。
道路の真ん中を歩いていると、クラクションを鳴らしてくる車がやってきます。ハンターが様子を見に来たのです。
施設の話しを持ち出しても、フランクは助けはいらんと頑固です。そんなフランクに、ハンターは最新型のロボットをプレゼントします。
からかってるのかと怒るフランクに、掃除や食事をしてくれるとアピールします。フランクは介護など必要ないと、寝てる間に殺されると切り替えしてきます。
毎週往復しているせいで、ハンターは子供と遊べないと言います。衰えるフランクに、ロボットか施設か決めてもらいます。
結局、ハンターはロボットが高額だから、置いていくと言って帰ります。ふてくされたフランクは、オフの仕方が分からなくて、ロボットの好きにさせます。
ロボットはお皿を洗ったり、ゴミ捨てをしたり、朝は起こしにきてくれます。スケジュール通りの生活を送れば、見当識障害の対策にもなると、フランクに勧めます。
また、シリアルではなく、果物や野菜中心のご飯も提供してくれます。そして健康のためにも、庭造りをしようと提案してきます。
嫌に決まってるフランクが駄々をこねると、ロボットはハンターに電話すると言い出します。フランクはロボットという家電に、声をかけていることが馬鹿らしくなってきます。 この映画を無料で観る

【承】- 素敵な相棒フランクじいさんとロボットヘルパーのあらすじ2

今日はハイキングに行くことになります。フランクはロボットに、健康食ではなくてチーズバーガーを食べて死にたいと正直な気持ちを話します。しかしロボットは、もしもチーズバーガーで死んだら、不良品として倉庫でメモリーを消去されてしまうと言います。
悲しい話題になってしまったので、フランクは図書館に行こうと提案します。ジェニファーがいなくて、ダーシーが受付をしています。
フランクは立入禁止の事務所に入って行きます。そこにはNPOのジェイクとジェニファーの姿がありました。
ジェイクはフランクが、古い世代で貴重だと嫌味な感じで話してきます。彼が去った後、フランクは本が運び出されていく姿に、ナチみたいだと批判します。ジェニファーはリサイクルされない稀覯本「ドン・キホーテ」をフランクに見せます。
御暇しようとフランクが外に出ると、子供たちがロボットをいじめていました。子供たちを追い払い、ロボットにアドバイスをします。そういう時は自爆装置をリセットと言い、10を数えるのだと。
帰り道、ボディショップに行って万引きをします。店員の邪魔が入り、フランクは元に戻します。
道を歩いていると、ロボットが商品を盗ってきていました。フランクの代わりに盗ったというのです。ロボットは法律をプログラムされてないため、善悪が分かりませんでした。
フランクはロボットのことを大層気に入ります。それからロボットに、錠前の訓練を開始します。
ロボットは慣れてきて開けて行きます。次は調査にと図書館に下見に行きます。標的にするのは稀覯本「ドン・キホーテ」です。
ジェニファーが話しかけてきて、ジェイクたちが開くパーティーに行かないかと誘ってきます。若くて気取った連中ばかりだけれどと言われます。
参加することを知らせて、フランクとロボットはアラームや防犯カメラの場所を確認します。フランクはロボットを相棒にします。
自宅に帰ると、マディソンが人権無視だと、ハンターへの怒りの思いを伝えに電話してきます。打って変わって、フランクはハンターは頑張ったし、良いロボットだと返します。
夜更けに、フランクは図書館にロボットとやってきます。防犯カメラにスプレーをかけて、ロボットの錠前の腕がなります。
ゆっくり侵入し、稀覯本「ドン・キホーテ」の錠前もロボットが試みます。その間、フランクは赤毛の女性に恋した昔話に花を咲かせます。
気づくとロボットが鍵を開けていました。ずらかりますが、その時にフランクは老眼鏡を忘れていきます。
翌日、パーティーに出席すると、ジェニファーから稀覯本が盗まれた話しを聞きます。ジェイクによれば、寄付者情報が目当てだそうです。そんなジェイクがやってきて、フランクに古臭さは前衛的だなあと嫌味がエスカレートしてきます。
その後、ジェイクは刑務所にいたことを質問してきます。また、老眼鏡をかけるかも聞いてきます。かけないとフランクが答えると、二度と来るなと言ってきます。
フランクはジェニファーに、ジェイクが曲者だと教えます。寄付金の額から、彼は大金をだまし取る気なのです。

【転】- 素敵な相棒フランクじいさんとロボットヘルパーのあらすじ3

次の標的が決まりました。ジェイクの妻がつけていた高価な宝石です。パーティーで撮ったロボットの撮影機能が役に立ちます。
それからフランクとロボットは、ジェイクの家を監視し始めます。ロボットが実はメモリは消されても平気だと言います。生きてないロボットだからと理由を説明します。
フランクはジェニファーを夕食に誘い、稀覯本をプレゼントしようと考えていました。ジェニファーがやってきますが、忘れてしまっていて出直して欲しいと言ってしまいます。
2日後にジェイク宅に侵入を決行だと考えていると、マディソンが突然やってきます。彼女は助けに来たと言い、ロボットを機能停止にしてしまいます。パスワードをハンターから聞いてきたのです。
ロボットに依存する考えに反対のため、マディソンが面倒を見に来たのです。彼女は中々スイッチを入れず、フランクは機嫌が悪くなります。ご飯を要求し、散らかし始めます。
翌朝、部屋は綺麗に片付いていました。こっそりマディソンがロボットのスイッチを入れていたのです。
彼女はフランクに嘘をついて、徹夜で頑張ったのと言います。フランクはお見通しで、ロボットのスイッチを入れるようにと言います。さもなければと食べ物をぶちまけ始めます。
マディソンはスイッチを入れることにします。フランクにロボットが必要な理由を聞くと、友達だから必要なんだと答えられます。
フランクは今夜決行だとロボットに急ぎ知らせます。ロボットは危険を伴うため、完璧を期さないと言います。
フランクは盗みの提案をロボットにします。ジェイク夫妻がイベントか休暇で留守の間に忍び入り、侵入経路や警報装置、犬などを調べ上げてると語ります。
重要なのはセキュリティであり、そこは経験がものをいうとフランクは言います。警備会社が設計したものは、侵入を防ぐより顧客の目を引くものが多いのです。だから、抜け穴が簡単に見つかります。
アラームもなく、簡単に錠が開く場所があるのです。案の定、侵入すると窓の鍵さえ閉まってなくて、金庫を見つけることができます。
総当りで行くぞとフランクが意気込むと、ロボットが冷静に体当りしたら気づかれると答えます。全部試せという意味だとフランクが教えます。
人間なら数週間かかりますが、ロボットなら数字3つの組み合わせだと1時間43分4秒で開けることができます。完璧な計画で見事に盗み帰ります。ただ、バカ高い宝石でさばくのが難しく、売るのはほとぼりが冷めてからにします。

【結】- 素敵な相棒フランクじいさんとロボットヘルパーのあらすじ4

ある日、保安官とジェイクが家を訪ねてきます。保安官はプロの犯行で、フランクを疑うのではなく、協力を求めてきます。フランクは警察学校の教科書に載っているほどでした。
ジェイクはフランクを疑って怒っていますが、保安官は年齢的に無理だとかばいます。協力できないとフランクが言うと、保安官は諦めないぞと今日は帰ることにします。ただ、ロボットの俊敏な動きが気になる保安官でした。
マディソンがもう少しここにいると言いますが、フランクはいやいいと答えます。帰ることになり、彼女に昔の戦利品をプレゼントします。
家の近くにバンが止まっているのに気づき、フランクはジェイクが本気だと考えます。証拠となる計画書を燃やし、宝石はどうしようかと悩みます。ロボットはメモリが不利な証拠になると、消去をお願いします。しかし、フランクはしませんでした。
奴らが家宅捜索する気だと考えて、ロボットに電話をしてもらいます。もちろん、電話する相手はハンターです。刑務所生活は体を壊すし、と寝たふりを開始します。
ハンターが慌ててやってきて、病院に行こうと言ってきます。ロボットが介護をしてくれるからとフランクは遠慮し、ひどい父だったと謝るフリをします。ハンターに見つからない場所に隠して欲しいとバッグを渡します。巻き込みたくないから、中身は聞かないでくれと頼みます。
きれいな体で死にたいんだとフランクが言うと、ハンターは分かったと心身に受け止めます。フランクは今すぐ頼むと咳き込むフリをして、ハンターはトランクに入れます。
案の定、外で見張ってたパトカーが来ます。中身を調べると、ボディショップで盗った石鹸などでした。保安官が一言、やられたと言います。
フランクは中に入るかと、体調が急に元に戻ります。だまされたハンターは怒りっぱなしです。
保安官や警官、ジェイクたちが探しますが、宝石は見つかりませんでした。ジェイクがメモリーに気づきます。フランクはやめろと言い出しますが、ジェイクはダウンロードをしようとします。
ここでロボットは自爆装置をリセットと言い、10数え始めます。フランクが逃げだし、保安官たちも逃げ出します。ハンターだけは嘘だと見破っていました。その隙にフランクは、ロボットを乗せてハンターの車で逃げます。
ロボットは部分的に消去できないため、メモリの再設定を要求します。フランクはしばらく隠れて旅にでようと言い、図書館に侵入します。
ハンターから電話があり、入れたことを疑うジェニファーがいました。フランクは彼女に泥棒であることを打ち明けます。
オフィスには、なぜか若かりし日のフランクと赤毛の女性のジェニファーの写真がありました。ジェニファーは、再会したときには記憶がもう…と話します。
フランクは思い出したかのように、彼女にキスをします。そしてロボットと共に森の中へと行きます。家に帰って本を読み、次の標的を決めようとスタスタ歩きます。
家に帰ってくると、保安官が追いかけてきます。鍵を締めて閉じこもると、ロボットはフランクのためにもメモリの消去を頼みます。自分が高度な模範装置でしかなく、メモリを消せば次の計画が立てれると言います。あきらめないでください、一級品なら保険会社を除いて誰も損しないと、フランクが言ってたことをそのまま返します。
フランクはロボットに消去の方法を教えてもらいます。抱きしめながら、ロックを解除してオフにします。
月日が流れ、施設にはフランクの姿がありました。ハンターが訪れると、卒業してからだいぶ経つプリンストン大学の話をしてきます。フランクは一つだけ確かなことがあると、それは息子が父親を超えたことだと言います。
ジェニファーとマディソンもやってきて、外で食事をします。フランクは皆とお別れをし、ハンターには最後に握手をします。
ハンターの手にはメモ書きが渡されていました。庭のトマトの下を探すようにと、そして大いに楽しめと書かれていました。
フランクは施設で、他の人のロボットを見かけます。それはフランクの友達のロボットと同じタイプで、寂しい目で見つめます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ジェニファーが昔好きだった女性だと気づいた時と、ロボットのメモリを消去した場面です。同じ人に2度恋したことが分かる時と、友達の記憶が失われる切なさに感動します。
また、今作は近未来が舞台になっていることから、超薄いスマホや未来の一人用の車が登場します。すでに完成してるのかなとワクワクします。
そして最後のエンドロールでは、開発されている色々なロボットが登場します。チェスをやったり、自転車に乗ったりと技術の進歩に驚きます。
この映画を見終わって、未来で起こり得ることなのかと色々考えてしまいました。ロボットの存在の大きさを知ることが出来て、勉強になりました。

映画の感想を投稿する

映画「素敵な相棒フランクじいさんとロボットヘルパー」の商品はこちら