「脳内ポイズンベリー」のネタバレあらすじ結末

脳内ポイズンベリーの紹介:2015年5月9日公開の日本映画。水城せとなのコミックを映画化。年下男に恋をして戸惑うヒロインと、彼女の頭の中で〝ポジティブ〟〝ネガティブ〟〝理性〟〝衝動〟〝記憶〟という擬人化した思考が脳内会議を繰り広げる。

予告動画

脳内ポイズンベリーの主な出演者

櫻井いちこ(真木よう子)、吉田(西島秀俊)、石橋(神木隆之介)、池田(吉田羊)、ハトコ(桜田ひより)、岸(浅野和之)、早乙女亮一(古川雄輝)、越智公彦(成河)、早乙女の元カノ(岡本玲)、編集担当者(カンニング竹山)、いちこの親友・川上礼子(野波麻帆)、山崎未歩子(ともさかりえ)

脳内ポイズンベリーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①30歳を迎えたいちこの脳内では「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」の5つの思考がいつでも絶賛会議中。年下の男性・早乙女と会ったいちこの脳内では5人が揉めるが、第6の存在「本能」が現れて早乙女とベッドイン、付き合うことに。 ②早乙女との恋は波乱万丈。そんな時、編集担当者・越智がいちこにアタック、いちこは揺れる。越智を振って早乙女を選ぶが、状況は最悪の展開に。 ③脳内の「理性」は早乙女と別れることを決断。いちこは少し自分に自信を持つ。そんな折新たな越智との出会いが…。

【起】- 脳内ポイズンベリーのあらすじ1

櫻井いちこはネット小説を連載している、今年30歳を迎える女性です。
いちこの脳内では、常に5つの思考が絶賛会議中でした。
・吉田…〝理性〟担当の男性。普段は彼がいちこの行動や発言を決める。また議会の進行役も務める大人な議長。しかし大勢に流されやすい一面もあり、池田からは「風見鶏」呼ばわりされる。動揺すると眼鏡が割れる。しかし予備の眼鏡はスーツの中にあり、すぐ交換できる。
・石橋…〝ポジティブ〟担当の青年。とにかくお気楽、極楽な感じ。常に前向きで楽観視しているが、では具体的に「前」がどっちなのかといわれると困る面もある。
・池田…〝ネガティブ〟担当の女性。なんでも物事を悲観的に、捻じ曲げてひねくれて考えるのが得意。保守的で荒れまくる。ある意味、アラサー女性の本音の塊といったところ。
・ハトコ…〝衝動〟担当の少女。なぜかゴスロリ衣装で、ハイテンション&欲求に忠実な面も。有頂天になると背中に翼が生えて飛ぶ。
・岸…〝記憶〟担当の初老男性。几帳面な老紳士。いつも穏やかで比較的冷静。書記を任されており、議事録を常に記録している。
…ある日のこと。いちこが胸につけていたペンダントトップが落ち、拾ってくれた男性は先日の飲み会でいちこが「いいな」と思っていた23歳のフリーター男性・早乙女亮一でした。
この運命的な再会に、いちこは声をかけるか悩みます。というか、脳内で5人が悩みまくります。悩んでいるのは主に吉田で、得意の多数決で決めようとしました。
声をかけるのに賛成したのはハトコと石橋、反対は吉田と池田で2対2です。岸は「記録係なので」と辞退します。2対2なので決まりませんが、風見鶏発言された吉田が賛成に回り、声をかけました。
早乙女はいちこを覚えておらず、早速池田が絶望的観測を洩らします。嘆きまくります。しかし早乙女がいちこのことを「ギョーザのストラップの人」と言い(本当は小龍包)、どこに住んでいるか話をしますが、いまひとつ盛り上がりません。
岸が過去の「記憶映像」を手がかりにして「肉となら渡り合える、野菜は嫌い」という早乙女データを提示し、いちこが喋るマイクを奪って「肉」と発言したことから、早乙女といちこは食事に行きました。但し食事は牛丼チェーン店の『すき家』です。
再び記憶映像から早乙女データを再現し、「部屋が汚い」という情報を得た5人は、いちこを早乙女の部屋に行かせました。掃除しながらも、脳内で5人は常に会議しています。

【承】- 脳内ポイズンベリーのあらすじ2

部屋で掃除中、カップケーキの形のピアスが発見されました。やっぱり女がいるんだと池田は嘆き、過去の女かもと石橋は前向きに考え、早乙女の連絡先をきくかひと悶着あります。
そこへ突然、脳内の会議室に第6の存在「黒い女・イチコ」が登場しました(はっきりとは分からないが〝本能〟担当か。ボディコン着用)。イチコは5人を眠らせると、早乙女に迫ってベッドインします。
翌朝、気づいたいちこ&脳内の5人は早乙女とベッドインしているのに激しく動揺し、逃げ帰りました。
1週間後、女友達の川上礼子が30歳になったいちこを自宅に招き、祝ってくれます。礼子には夫と5歳になる娘・ユカがおり、いちこは礼子の気持ちは嬉しいのですが独身の自分と引き比べて複雑な心境でした。
その場で礼子は越智公彦という男性の話題をします。越智は秀栄社に勤める編集者で、いちこの担当で、いちこの活字本を出す気まんまんでした。
越智は鎌倉の取材に車を出すと言い出し、金曜日にいちこと越智は鎌倉に行くことになります。
出版社からの帰り道、いちこは早乙女と再会しました。嬉しいのはハトコと石橋で、池田は一夜を過ごしたことに対し「○○と思われているに違いない」と連呼します(○○はピー音がなされますが「ヤリマン」「ビッチ」と言っている模様)。
早乙女が「いちこさんに告白されたと思ったんだけど」「付き合うことになったんじゃないの」と聞かれたいちこは、「彼女いるんでしょ」と聞き返します。
彼女の存在を否定した早乙女といちこは付き合うことになり、脳内ではハトコが飛び、館では鐘が鳴ってハトも舞いました。池田だけは「そんな簡単なわけない」と悲観的です。
早乙女が友人と一緒に借りているアトリエに案内されたいちこは、夢心地でした。帰り道、手を繋ぎます。
早乙女の家まで行った時、誕生日の話から年齢を聞かれたいちこは30と答え「えー、30? ウソごめん、ないわあ」と言われて落胆し、逃げ帰りました。
脳内では飛んでいたハトコが落ちて「痛い」と言い、池田は首を吊ろうとします。ハトコも吉田も一緒に首を吊ろうとしました(あくまで脳内の話)。
石橋が「どうせなら」と提案し、いちこはケーキ食べ放題に行きます。店でやけ食いするいちこに早乙女から電話がかかってきて、いちこ(池田)はつい「こんなオバさんに、何の用でしょうか」と喧嘩腰の対応をしました。
いちこが何に怒っているのか分からない早乙女は、とにかく会おうと言い駅まで呼び出します。「なんでいきなり帰ったのか、教えてよ」と聞かれている時、早乙女の元カノ・あずみが乱入しました。
早乙女はいちこを「付き合っている人」とあずみに紹介しますが、あずみは「別れ話をした覚えはない」と言い返します。早乙女とあずみは半年以上音信不通だったようで、揉めている早乙女とあずみを見た池田が暴走しそうになり、様子を見ようとしたあとの4人に閉め出されました。
修羅場になり、あずみに突き飛ばされたいちこの脳内では地震が起こり、みんなぐらぐら揺れます。
あずみが去った後、いちこは「若く見えるから、30歳だとは思わなかったという意味だ」と早乙女から先日の発言の説明を受けました。

【転】- 脳内ポイズンベリーのあらすじ3

ときめきはするものの、何かとトラブルが多い早乙女とのお付き合いに対し疲労した一同は「終わった」と思いました。ポジティブな石橋手動で仕事に没頭しようという話になり、「早乙女に会いたい…」としょげるハトコ以外は皆、仕事にまい進しようと言います。
金曜、予定どおり越智といちこは鎌倉へ行きました。デジカメで撮影したいちこに越智は小説のアドバイスをします。「20代後半の女性だったら恋愛にあそこまで無邪気になれないのでは」という越智の指摘に「あれは多分願望で、失ったものへの憧れなんです」と、いちこは自分の過去を話しました。
いちこにはかつて、結婚する筈だった相手・黒田がいました。いちこは勤務していた会社を寿退社し、結婚式場も決まって黒田と既に一緒に住んでいました。
しかし黒田が水野という女性と浮気していたことが発覚します。相手の女性・水野は妊娠6週目でした。
いちことしては「泣いたり怒ったりしないで、黒田に判断を任せよう」と「大人の対応」をしたつもりでした。でもそれが裏目に出て、「俺のこと、大して好きじゃなかったんだろう。だから、俺は彼女を選ぶ」と破談になりました。
いちこは以来、なにかあるとつい悪い方向に考える癖がつきました。
…という過去の話をしている時、越智がいちこにキスします。脳内の5人は思わず唇に手を当てました。みんな沈黙し、戸惑う中、ハトコは「越智さん、いい人」と言います。
フリーズしたいちこの脳内では「とりあえずキスはスルー」という結論が出されました。
揺れるいちこの家を早乙女が訪問して、自分の作ったオブジェをプレゼントします。いいムードで「付き合っている雰囲気」なのですが、早乙女が「越智さんとの鎌倉デートはどうだったか」という礼子からのメールを見てしまい、険悪なムードになりました。
その礼子は、越智をしきりと勧めてきます。早乙女と付き合っていると言ったいちこに、23歳(年下)相手は駄目だと礼子は言います。確かに30歳女性からすると、早乙女よりも越智のほうが優良物件です。
「ふわふわアート青年・早乙女よりも堅実な越智を取るか」で脳内でも会議がなされ「1か月待って、連絡が来なかったら早乙女とは別れる」と決めました。
いちこの本ができたと越智から連絡が入り、いちこは越智から「結婚前提で付き合って欲しい」と言われます。いちこは早乙女と付き合っていること、1か月連絡が来なかったら別れようと思っていることを話しました。
越智は過去の早乙女との確執を話します。越智には昔好きなデザイナーの女性がいましたが、既婚者だったのでアタックをやめたのに対し、早乙女はその女性と不倫関係になり、相手の家庭を壊したそうです。

【結】- 脳内ポイズンベリーのあらすじ4

「今日の越智さんは若干黒い」と脳内で話題になり「でも今日の越智さん結構好き」とハトコが付け足します。
いちこの本『ごめん、君のことよくわかってなかった』は発売1週間で増刷が決まります。1か月がきても早乙女から連絡が来なかったので「おつきあいは終わりにします」と早乙女にメールをしました。返信はありません。
では越智に連絡を取るかという議題で多数決を取ろうとした時、越智から食事の誘いの電話がありました。いちこは電話で、早乙女と別れて2週間が経過したことを告げます。
越智はそれを聞いていちこのいる場所(中目黒)を聞き、「これから告白しに行く」と言いました。いちこはどきどきします。
越智を待つ間に早乙女から電話があり「反省してる。やり直さないか」と言われました。いちこと脳内の5人は揺れますが、第6の存在・イチコがまた現れ、5人は気絶します。
…いちこは早乙女を選び、同棲を始めました。
早乙女は共同の作品展を開き、作品が初めて売れました。早乙女はごちそうすると言います。
そんな早乙女に、いちこは本の映画化が決まったとなかなか切り出せません。一緒に暮らしながら、2人の距離は少しずつ離れていきます。
担当者は越智から田端に変わり、田端のアドバイスは意味不明(カエルのゲロゲロという鳴き声に聞こえる)です。
好きな早乙女と一緒にいるのにいちこは幸せではなく、責められた石橋は黒い糸に絡めとられて眠りにつきました。
早乙女といちこが出かけた店で、越智とデザイナーの女性・山崎未歩子と会います。ピアスで未歩子が早乙女の部屋のピアスの持ち主だと気づきました。映画化の話が越智経由で早乙女に知れ、「俺がおごらなくてもよかったか」と場が沈みました。
早乙女は仲間の小谷からアトリエを引き払うことを告げられます。本が映画化され、次回作も期待されるいちこに比べ、頭打ちの早乙女はいちこをねたみました。早乙女と揉めたいちこの脳内はどしゃぶりです。
目覚めたポジティブ・石橋が「早乙女と別れろ。このままじゃ幸せになれない」と言います。ハトコは「早乙女好き」と言い、脳内は揉めます。
第6の存在・イチコが現れますが、吉田がイチコを制止し、「自分の一部を殺してまで、早乙女といることはない」「大事なのは、誰を好きかじゃない。誰と一緒にいる自分が好きなのかだ」と別れる決断を下します。
決断を下した吉田に他の4人は異論をはさまず、イチコは吉田の頬を触って去りました(認めた)。
早乙女との別れを決めたいちこの脳内では、忘れたい記憶『暗黒付箋』が剥がれて飛び、いちこは過去をふっ切り、自分に少し自信を持てるようになりました。
…いちこの新刊『あなたといればいつも晴れ』が出版されます。本屋で越智は本を手に取ります。
いちこが胸につけていたペンダントトップが落ち、越智の茶色のローファーに当たりました。再会&恋の予感です。
脳内では吉田が眼鏡を直すと、「では、会議を始めよう」と厳かに言いました。

みんなの感想

ライターの感想

リアル世界の「いちこ」「早乙女」「越智」よりも、脳内の5人のほうが圧倒的に存在感あり。
この5人がぎゃーぎゃー喚く、揉める、騒ぐ、…見てると楽しい。このために、映画はある。
言っちゃなんですが、リアルの早乙女や越智よりも、脳内の吉田&石橋のほうが役者がゴージャスでしょ。
この点からも、主役はどっちかって判るよね(役者さんには失礼なので役名でしか申しません)。
ラストはなあ。茶色いローファーは越智の靴なんだけど…新たな第三者との恋の予感でもよかったかな。そう思う。
5人の意見が皆「うん、そうだよね」と頷ける、妙に説得力のある発言が飛び交うだけに、痛かったり、納得しきりだったり。
見てて、楽しいラブストーリー&コメディ。

映画の感想を投稿する

映画「脳内ポイズンベリー」の商品はこちら