「舞妓Haaaan!!!」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

舞妓Haaaan!!!の紹介:2007年公開の日本映画。人気脚本家・宮藤官九郎が、舞妓をテーマに書き下ろしたハイテンション・コメディ。舞妓に憧れるサラリーマンが舞妓と野球拳をしたいがために、ひたすら夢を追い求める破天荒なストーリー。

予告動画

舞妓Haaaan!!!の主な出演者

鬼塚公彦(阿部サダヲ)、内藤貴一郎(堤真一)、大沢富士子(柴咲コウ)、駒子(小出早織)、小梅(京野ことみ)、豆福(酒井若菜)、良江(キムラ緑子)、医師(北村一輝)、こまつ(真矢みき)、さつき(吉行和子)、社長・鈴木大海(伊東四朗)、先崎部長(生瀬勝久)、斎藤(植木等)

舞妓Haaaan!!!のネタバレあらすじ

【起】- 舞妓Haaaan!!!のあらすじ1

東京に本社を構える食品会社・鈴屋食品に勤務する鬼塚は、熱狂的なまでの舞妓ファンでした。
鬼塚が舞妓好きになったのは高校の時でした。修学旅行で京都を訪れた鬼塚は、自由行動の時に迷子になってしまいます。その際に舞妓・小梅に優しく声をかけてもらった鬼塚は、その美しさにめろめろになり、以来ずっと舞妓のことしか考えられなくなったのでした。
鬼塚の舞妓狂信ぶりは、自分で舞妓ホームページを作ってこまめに更新するくらいです。
そんな鬼塚に、京都支社への転勤の話が持ち上がりました。鬼塚は喜んで指令を受けます。
京都出身(と言いながら、本当は三重県出身)の恋人・富士子を躊躇なく捨てて、鬼塚は京都へ行きました。

【承】- 舞妓Haaaan!!!のあらすじ2

念願の京都で暮らし始めた鬼塚ですが、お茶屋(芸妓や舞妓を呼んで飲食をさせる店)デビューの敷居は高いものでした。祇園のお茶屋は『一見(いちげん)さんお断り』が鉄則だからです。
『一見さんお断り』とは、店に関わりがない初めてのお客さんはお断りという意味で、店の馴染み客から紹介されて来店しないと入れません。
なんとしても『馴染み(常連客)』になりたい鬼塚は、お茶屋の馴染みである鈴屋食品の社長・鈴木に懇願しました。鈴木は「仕事で成果を出して、会社に利益をもたらせば同行させてやる」と言います。
舞妓会いたさに発奮した鬼塚が開発した、かやくを自由にチョイスできるオリジナルカップ麺は大ヒットします。

【転】- 舞妓Haaaan!!!のあらすじ3

鈴木に連れられてお茶屋デビューを果たした鬼塚は、感無量でした。
しかし、隣の座敷にいた泥酔状態のプロ野球のスター選手・内藤と会った鬼塚は、不愉快な思いをします。鬼塚のホームページの掲示板に、上から目線で書き込みした相手が内藤だと判明したからでした。
鬼塚を挑発する内藤に、鬼塚は怒り狂います。鬼塚がお気に入りの新人舞妓・駒子にも、内藤はなれなれしく接しました。
というのも、内藤は実は置屋(おきや 芸妓や舞妓を抱える家で、芸能界でいうところの芸能プロダクションのようなもの)の息子で、駒子とは血の繋がらない兄妹として育った仲だったのです。
鬼塚は内藤と張り合うため、プロ野球選手を目指しました。

【結】- 舞妓Haaaan!!!のあらすじ4

念願通りプロ野球界で活躍する鬼塚ですが、その頃内藤は役者の道へ進んでいました。格闘技、ラーメン店など、内藤と鬼塚はその後もさまざまな道で張り合います。
しかし内藤が市長に当選したのと同じ頃、駒子が内藤に思いを寄せていることを知った鬼塚は、東京へ帰ることにしました。
富士子はその頃、自分を捨てた鬼塚を見返すため、ひそかに京都で舞妓修業をしていました。舞妓となった富士子を見た鬼塚は驚愕します。しかも内藤が富士子に目をつけ始め、気が気ではありません。
内藤は実は駒子の父親だと告白し、駒子も受け入れます。鬼塚と富士子も復縁し、ハッピーエンドとなりました。鬼塚と内藤も舞妓の装いをし、皆で踊りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「舞妓Haaaan!!!」の商品はこちら