「謝罪の王様」のネタバレあらすじ結末

謝罪の王様の紹介:2013年公開の日本コメディ映画。脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生の『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』チームによる作品である。キャッチコピーは「謝るとき、人は誰でも主人公」。

この映画を無料で観る

予告動画

謝罪の王様の主な出演者

黒島譲(阿部サダヲ)、倉持典子(井上真央)、沼田卓也(岡田将生)、宇部美咲(尾野真千子)、南部哲郎(高橋克実)、壇乃はる香(松雪泰子)、箕輪正臣(竹野内豊)、和田耕作(荒川良々)、映画監督(岩松了)、ワクバル(濱田岳)、国松(小野武彦)、大戸谷(嶋田久作)

謝罪の王様のネタバレあらすじ

【起】- 謝罪の王様のあらすじ1

黒島は東京謝罪センターの所長で「謝罪師」です。帰国子女で「謝る=全面降伏」という考えの典子は、ヤクザの車と事故を起こし誓約書に判を押したことから、「示談金400万、翌週から大阪でデリヘル嬢になる」条件を呑んだことになり、黒島に仕事依頼をします。黒島は紀子の兄と偽り、ヤクザ宅に弟子入りするかの勢いで謝罪ともてなしをして、示談金40万円(謝罪の相談料込み)という解決を得ました。司法書士をめざす典子は黒島のところで働くことにします。典子という助手を得て黒島が最初に受けた依頼は、下着メーカーの社員・沼田でした。沼田は共同プロジェクトの担当者・美咲に、呑みの席でセクハラしまくり訴えられています。 この映画を無料で観る

【承】- 謝罪の王様のあらすじ2

黒島の指導で謝罪はしましたが、沼田の人間性が裏目に出て却って美咲を怒らせ、弁護士・箕輪まで出てくる始末でした。美咲は既に沼田を許しているが引っ込みがつかないのだと看破した黒島は、美咲の中にある罪悪感を寸劇(セクハラで訴えられ自殺した会社員が化けて出てくる芝居)で引き出し、沼田との和解を成立させます。大物俳優・南部の息子が傷害事件を起こし、謝罪会見をおこなうことになりました。黒島が指導しますが南部の謝罪は芝居がかっています。元妻・壇乃に会見をさせると、壇乃は十二単の舞台衣装で登場し芝居の宣伝をします。しかし被害者に謝罪に行ったところ、被害者の方にも非があることが分かり謝罪は成功します。

【転】- 謝罪の王様のあらすじ3

箕輪は美咲の弁護士で、典子の大学時代の講師でした。箕輪はアメリカ在住の時代、試験の日に寝坊し「脇毛ぼーぼー、自由の女神」というテレビで覚えた言葉を放った当時3歳の娘を、苛立ちから平手打ちした過去があります。その後離婚して妻に引き取られた娘に謝罪したいと黒島に相談しました。娘とは典子のことです。さて映画プロデューサー・和田が依頼にきます。お忍びで来日したマンタン王国の皇太子が、撮った映画にチョイ役で出ていたことが発覚しました。王国では肖像権侵害にあたり、懲役20年の刑に処されます。文部科学省大臣・国松が謝罪に行くも、セクハラまがいの問題ばかり起こしました。次に俳優・南部が謝罪に行きます。

【結】- 謝罪の王様のあらすじ4

南部はマンタン王国でヒットした映画「バタールの丘で」の主演俳優で、王国ではスター俳優でした。事態は収束しそうでしたが、南部が土下座したことから国民の怒りを再び買います。王国で土下座は「お前は地を這うミミズほどの価値もない」という侮辱の意味なのです。国王は日本への綿の輸出を停止すると発表し、総理大臣・大戸谷が謝罪に行くことになりました。黒島は調査をし、王国での最大級の謝罪が「脇毛ぼーぼー、自由の女神(国王の名にかけて謝罪の意を表します)」という言葉で、南部が出た映画の台詞でもあり、典子が言っていた言葉だと知ります。総理が謝罪することで問題は円満に解決しました(I am sorry=私は総理)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「謝罪の王様」の商品はこちら

映画「謝罪の王様」オリジナル・サウンドトラック