「超高速!参勤交代」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

超高速! 参勤交代の紹介:2014年公開の日本映画。優秀な映画向けの脚本に与えられる城戸賞に輝いた、土橋章宏の同名作を映画化したコミカルな時代ドラマ。幕府から無理難題を押しつけられた小藩の藩主が、知恵を絞って逆境に立ち向かうさまが描かれる。

予告動画

超高速!参勤交代の主な出演者

内藤政醇(佐々木蔵之介)、お咲(深田恭子)、雲隠段蔵(伊原剛志)、荒木源八郎(寺脇康文)、秋山平吾(上地雄輔)、鈴木吉之丞(知念侑李 Hey! Say! JUMP)、増田弘忠(柄本時生)、今村清右衛門(六角精児)、松平輝貞(石橋蓮司)、松平信祝(陣内孝則)、相馬兼嗣(西村雅彦)

超高速!参勤交代のネタバレあらすじ

【起】- 超高速!参勤交代のあらすじ1

江戸、八代将軍・徳川吉宗の時代の享保二十年(1735年)…。
一万五千石の小さな磐城の湯長谷藩(福島県いわき市)の藩主・政醇(まさあつ)は、1年おきに行われる参勤交代を終え、故郷に戻ってきたばかりでした。
そこへ湯長谷藩の江戸家老・瀬川が追って訪ねてきて、江戸幕府から5日以内に参勤交代せよと命ぜられたことを伝えます。老中・松平信祝(のぶとき)の詮議で、藩の金山の届け出に〝偽りあり〟との疑いがかかっての沙汰です。
常ならば8日かかる道のりを5日以内で、という無理難題を押し付けられた政醇は、行かないと藩が取り潰しになるので、藩と民を守るために決行しました。

【承】- 超高速!参勤交代のあらすじ2

家老・相馬は策を練ります。少人数で山道を近道して駆け抜け、要所となる2箇所の宿場でのみ、現地の人を雇って参勤交代をしようと考えました。
山道の案内役に、戸隠流の抜け忍・段蔵を雇い、8人で出発します。真剣は重いので、竹光(竹でできた刀)を携えて山道を走りました。
ところで今回の参勤交代は、信祝の策略でした。信祝は無茶を言って湯長谷藩を取り潰しして、金山を手に入れようと考えました。政醇たちの出発を聞いた信祝は、忍びの者に邪魔せよと指示します。
最初の関門・高萩宿で人員が足らず、大名行列は早速暗礁に乗り上げますが、宿役人に見せた後、裏で戻り二巡することで切り抜けました。

【転】- 超高速!参勤交代のあらすじ3

政醇が足を怪我したため、彼のみ馬で道を走り、他の者は山道を近道することにし、二手に分かれます。政醇は段蔵に、家宝の小刀を渡しました。
政醇は泊まった旅籠(旅館)で、折檻を受けた飯炊き女・お咲を呼びます。お咲は旅籠に売られた経緯を話し、政醇は厳しく育てられた自分の幼少期と重ね合わせ、お咲を旅籠から貰い受けました。
その頃、段蔵ひきいる相馬たち一行は、山道を走る途中で忍びの者に狙われ、離散します。段蔵は先に給金十両を貰ったので逃げて豪遊しましたが、貰った十両がなけなしの金を集めたものと知り、心を動かされました。
もう一つの大事な取手宿で、相馬は政醇と行き違いになり、政醇抜きで大名行列を考えます。

【結】- 超高速!参勤交代のあらすじ4

金欠で人員を集められず困ったのを助けたのは、四年前の飢饉の折に湯長谷藩に助けてもらった本家・内藤政樹の大名行列でした。
相馬と政醇は江戸で落ち合います。相馬たちは何とか江戸屋敷に着きました。
ぎりぎりで政醇が江戸に着きますが、信祝の差し向けた刺客が襲いかかります。政醇や相馬たちは切り抜け、江戸城に入りました。
金山のことを問われた政醇は「慌て者の金と呼ばれる鉄(くろがね)でした」と答えます。老中・松平輝貞はそれを聞き、信祝を罷免しました。
段蔵は民と藩に大事な十両を返し、家宝だけをもらいます。お咲は政醇の側室(愛人)となりました。
帰りの代金を考えてなかった一行は、やっぱり山道で帰りました…。

みんなの感想

ライターの感想

テンポがよく、緩急に富んだストーリーでぐいぐいと引き込まれてしまいます。どこをとっても名シーンばかりなのですが、みどころはやはり、本来必要な資金も人員もまったく足りない状態で、いかに参勤交代を完遂するか登場人物が知恵を絞り、ユニークなアイデアで次々と押し寄せる難題を乗り越えていくたくましさと可笑しさです。
朴訥な人柄で人々から愛される佐々木蔵之介演じる大名が、いざという時に見せるキリリとした表情もとても魅力的で、特に居合いのシーンは瞬き禁止のかっこよさです。
  • 瀬戸内海 さんの感想

    とても 個性だらけの家来がそれぞれの個性を発揮して 例えば 襲われた時 弓では一矢もはずさない小柄な家来の活躍 剣豪揃いの家来 しかし いつも民の事を考えている貧乏藩の殿様 優しさの塊のようだが ひとたび 刺客に襲われたら 素晴らしい剣裁き 別人のよう。  

映画の感想を投稿する

映画「超高速!参勤交代」の商品はこちら