「遊びの時間は終らない」のネタバレあらすじ結末

遊びの時間は終らないの紹介:1991年公開の日本映画。都井邦彦の小説を原作とする。融通のきかない生真面目な警察官が、警察の予行演習で銀行強盗役を演じることを命ぜられたことから巻き起こる大騒動を、コミカルに描いた作品。

遊びの時間は終らないの主な出演者

平田道夫(本木雅弘)、鳥飼圭介(石橋蓮司)、深川祐介(西川忠志)、桑名ゆり子(伊藤真美)、柏崎(萩原流行)、深川巌(原田大二郎)、中野(今井雅之)、桜田真知子(小河麻衣子)、笠間毅(草薙幸二郎)、浅虫敬子(あめくみちこ)、平田和夫(塚本信夫)、平田道子(岩本多代)

遊びの時間は終らないのネタバレあらすじ

【起】- 遊びの時間は終らないのあらすじ1

平田は生真面目な若い巡査で、交番に勤務しています。
平田は上司の命令で、非常時の実地演習においての銀行強盗の犯人役に指名されました。被害対象となる信用金庫にも事前通知せずおこなわれる演習です。市警察がいかに優秀であるかのPRに、テレビなどのマスコミの取材が来る予定でした。
任命時に上司に激励されたことから、平田は真剣に強盗役に徹するための勉強をしました。犯罪心理学の専門書を読みあさり、服装や武器も揃え、完全に犯人役になりきります。
演習当日、猟銃(モデルガン)を隠したトレンチコートに身を包んだ平田は、逃走用の車を運転する相棒・中野刑事と共に信用金庫に乗りつけました。予定通り信用金庫を襲います。

【承】- 遊びの時間は終らないのあらすじ2

中野はすぐ逮捕されますが、行内では思わぬ事態が発生しました。今回の演習で手柄を立てる筈のキャリア組の刑事・深川(利用客の設定)が、開始早々平田に銃殺されたのです。
演習なので銃殺とはいっても銃を向け、「バーン」と声を発するものです。平田は行内に籠城しました。
慌てたのは警察上部です。警察の優秀さをアピールする場の演習が、平田が犯人に徹しすぎて失態を晒してしまいました。
この事態を喜んだのはテレビ局です。警察の失態を痛快に感じ、各局は特別番組を組んで放送しました。
一般人を実際に拘束するのははばかられ、行員は「拘束済み」と書いた札を下げて床に座らされます。横たわった深川は「死体」という札でした。

【転】- 遊びの時間は終らないのあらすじ3

警察の威信がかかっているので、演習でありながら中断できません。
テレビ局は平田に取材を申し込み「空気」という設定で行内に入ることを許されました。局は中継で行内の様子を中継します。
起死回生を狙った「死体」の深川が平田を取り押さえました。「死んでなかった」と主張する深川に、平田はフルオート700連射のモデルガンで至近距離5mの距離から撃ったのだから即死だと冷静に諭します…。
長引くことを恐れた警察上部が射撃班を派遣し、平田を狙撃しましたが、窓際にいたのは平田のコートを着せられた行員でした。一般人を射殺したことを、テレビ局は一斉に報道します。
県警本部長が説得に行きますが、平田に射殺されました。

【結】- 遊びの時間は終らないのあらすじ4

外ではお祭りモードです。危険のない演習に、信用金庫の周辺には野次馬が集まり、露店まで並びました。野次馬は平田を応援します。
長時間の籠城で空腹の平田は、警察に逃走用のヘリを用意しろと要求しました。
開始早々に逮捕され、職務に復帰していた相棒・中野刑事は、平田の奮闘を見て「銀行強盗犯」の設定に戻り、車を金庫に横付けします。これにキレた狙撃隊長が銃を乱射し、その隙に乗じて行員を人質にとった平田は中野と逃走します。
平田はあらかじめ、その先まで設定していました。ヘリで空港へ行った後に旅客機を提供させ、さらに現金5億円を要求すること、逃走先はチベットだと。
平田たちを乗せたヘリは離陸しました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「遊びの時間は終らない」の商品はこちら