キューティ・ブロンド

「キューティ・ブロンド」のネタバレあらすじ結末

キューティ・ブロンドの紹介:ブランドファッションに身を固めた社交界のアイドルである女性が卒業間近になったある日、政治家を目指す恋人に振られ、彼を取り戻す為ロースクールに通うも悪戦苦闘する青春コメディ。全米初登場1位を獲得した作品。

映画「キューティ・ブロンド」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「キューティ・ブロンド」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

キューティ・ブロンドの主な出演者

エル・ウッズ(リーズ・ウィザースプーン)、エメット(ルーク・ウィルソン)、ヴィヴィアン(セルマ・ブレア)、ワーナー(マシュー・デイビス)

キューティ・ブロンドのネタバレあらすじ

【起】- キューティ・ブロンドのあらすじ1

主人公はブランドファッションに身を固めた、ブロンドヘアの娘、エルです。彼女は社交界クラブ「デルタ・ヌー」の会長をしています。卒業間近のある日、政治家を目指す恋人のワーナーと食事に行きますが、「ブロンドの女性は政治家の妻にはふさわしくない」と言われ振られてしまいます。見た目で判断され愛する恋人に振られたエルが悲しんでいると、彼にふさわしくなる為にロースクールに通えばいいと気づきます。そしてクラブのメンバーに手伝ってもらいながら猛勉強をし、彼の通う名門ハーバード大のロースクールへと見事合格します。

【承】- キューティ・ブロンドのあらすじ2

派手なファッションを身にまとい、愛犬を連れてロースクールへ行くエル。初めての授業で教師に怒られ、不満を愚痴るエルにエメットが声をかけてきます。エメットに「色々な教師の注意点」を教えてもらっていると、そこへワーナーが来ます。しかし喜んだのも束の間、彼には既にヴィヴィアンという婚約者がいました。エルはその事実を知り、これではハーバードに来た意味がないと悲しみます。そんなエルにヴィヴィアンは冷たくあたります。そしてエルが部屋で落ち込んでいると、「ヴィヴィアンがパーティを開く」と廊下の方から声が聞こえました。エルがヴィヴィアンにパーティの話を聞くと、コスプレパーティをするとのこと。エルはバニーの姿でパーティ会場へと向かいます。しかし、会場に行くとコスプレパーティではなく、ただのパーティでした。

【転】- キューティ・ブロンドのあらすじ3

バニー姿のエルは周りから笑われ、恥をかかされます。エルは気にせずワーナーの元に行き、話をします。そして「キャラハン教授が担当する殺人事件弁護の助手」の話になりますが、ワーナーは「君の頭じゃ無理だよ」とエルをバカにします。その言葉に火が付いたエルは彼を見返すため、会場を後にし法律の勉強に育みます。そしてワーナー達と同じく見事助手に選ばれたエルは、夫殺しの事件で捕まっている女性に会いに行きます。その女性は、元「デルタ・ヌー」のメンバーでした。エルは彼女が無実だと信じ、そしてアリバイがある事を突き止めますが、女性との約束で皆には話せません。他に何か証拠がないか調べるため、エルはエメットと一緒に行動する事になります。

【結】- キューティ・ブロンドのあらすじ4

そして鋭い洞察力を発揮したエルはキャラハン教授に評価されます。しかしキャラハン教授から体の関係を求められ、ショックを受けたエルは大学を辞めると言い出します。しかし全てを知ったエメットの力を借り、エルは法廷に姿を見せます。すると、エルを弁護士として雇うと言う女性。エルは弁護士として義理の娘への質問を繰り返します。そしてファッションに詳しいエルは、義理の娘の証言がおかしい事に気づきます。指摘すると徐々にボロが出て来て、遂には自分が父を撃ったと白状しました。この言葉が決め手となり、見事無実を勝ち取ります。その後無事に卒業したエルは弁護士になり、ワーナーへの恋は捨て、エメットと婚約して幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「キューティ・ブロンド」の商品はこちら

キューティ・ブロンド(特別編) [DVD]