「12人の優しい日本人」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

12人の優しい日本人の紹介:1991年公開の日本映画。もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化で、脚本は同劇団主宰の三谷幸喜が執筆。監督は「櫻の園」の中原俊。撮影監督は「風の国」の高間賢治がそれぞれ担当。

この映画を無料で観る

予告動画

12人の優しい日本人の主な出演者

陪審員1号(塩見三省)、陪審員2号(相島一之)、陪審員3号(上田耕一)、陪審員4号(二瓶鮫一)、陪審員5号(中村まり子)、陪審員6号(大河内浩)、陪審員7号(梶原善)、陪審員8号(山下容莉枝)、陪審員9号(村松克己)、陪審員10号(林美智子)、陪審員11号(豊川悦司)、陪審員12号(加藤善博)、守衛(久保晶)、ピザ屋の配達員(近藤芳正)

12人の優しい日本人のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①陪審員制度が導入された日本。ある事件について審理したところ、満場一致で無罪と決まる。ところが1人が有罪と主張を変えたために議論が始まった。やがて計画殺人だという意見が出て、無罪から有罪に意見が流れて行く。 ②その中でただ1人だけ、理由は明言できないが違和感があって無罪と言い張る男がいた。違和感の正体を突き止めようと時間稼ぎした別の男が矛盾を指摘し、場は無罪へ流れて行く。結果、満場一致で無罪の評決が出た。

【起】- 12人の優しい日本人のあらすじ1

(注:映画が製作された頃はまだ日本では陪審員制度がなかった頃。もし日本にも陪審員制度があったら…という仮定の下で、物語は展開する)
ある夏の日。とある殺人事件の審議のために、年齢も性別も職業もまるで異なる12人の一般市民が集められました。
・陪審員1号(塩見三省)…陪審員長。40歳の男性。女子高校体育教師。
・陪審員2号(相島一之)…28歳の男性。精密機械製造会社従業員。
・陪審員3号(上田耕一)…49歳の男性。喫茶店店主。
・陪審員4号(二瓶鮫一)…61歳の男性。元信用金庫職員。
・陪審員5号(中村まり子)…37歳の女性。独身。商事会社庶務係。
・陪審員6号(大河内浩)…34歳の男性。医薬品会社セールスマン。
・陪審員7号(梶原善)…32歳の男性。職人。独身。
・陪審員8号(山下容莉枝)…29歳の女性。主婦で5歳の息子がいる。
・陪審員9号(村松克己)…51歳の男性。
・陪審員10号(林美智子)…50歳の女性。クリーニング店経営者。
・陪審員11号(豊川悦司)…年齢不詳の謎の男性。
・陪審員12号(加藤善博)…30歳の男性。大手スーパー課長補佐。
喫茶店のマスター3号の呼びかけで、まずは各自好きな飲み物を注文します。その後、黒板を背に1番から、時計回りに陪審員の番号順に座ります。
但し11号が喫煙を始め、煙が苦手な10号が咳込み始めたので、2号が名乗りを挙げて換気扇に近い10号と座席を入れ代えました。
話しあって決を採るか、先に決を採ってから話し合うかで決を採ろうかと1号が言いますが、まずは有罪か無罪かを挙手で聞きました。全員が無罪に挙手します。
話し合いを始めて5分も経過せず注文した飲み物も届かない間に、全員一致で無罪に決まりました。やれやれと皆は席を立ちます。
ところが…「だけど、本音言うと彼女、殺してるんですよね(8号)」「当然でしょ(6号)」なんて言葉も行き交いました。2号が「あのー、みなさん、ちょっと待っていただけますか。これで終わりなんですか」と言い始めたことから、本当の会議が始まります。
ではなぜ無罪に手を挙げたのかと聞かれた2号は「無罪ならいいなと思った」と答え、有罪に変えると言い出しました。納得してから帰りたいと2号が言い出し、早くも帰ろうとしていた全員が再び集められます。
ここで先に事件のあらましを説明します。
被告は離婚歴のある21歳の美人の女性で、被害者・元夫との間に5歳の息子がいました。
事件当夜4月21日の夜、18時に電話で元夫に呼び出された被告人の女性は、18時半に駅前の居酒屋・大自然へ行きます。元夫から復縁を切り出されて話がこじれ、店を出たのは20時でした。 この映画を無料で観る

【承】- 12人の優しい日本人のあらすじ2

被告人の女性は元夫と追走劇を繰り広げ、バイパスで人がいなくなった隙に夫が襲いかかろうとしたのを、たまたま通りがかった主婦が目撃します。女性が突き飛ばしたところ、現場を通りかかった長距離トラックに轢かれ、元夫は死にました。
重要なのは「女性が元夫を突き飛ばした」という目撃者の主婦の証言と、トラック運転手が「ほぼ車道に出ている2人を見てクラクションを鳴らしたのに、男性が飛び出してきたので接触した」という内容でした。女性の被告は「口論になって元夫に掴みかかられた」と主張して「突き飛ばした」ことを否認しており、証言が異なることで女性は殺人罪として起訴されたのです。
裁判を傍聴した陪審員たちの特に男性陣は、被告の女性が美人だったこともあり好意的に解釈しようとしていました。2号は無罪を主張する11名に、その根拠を要求します。
無罪側は特に確たる根拠はなく「理由がないと駄目ですか」とか「フィーリング」とか「人を殺すような悪い人には見えない」とか、漠然としたものばかりでした。目撃者の主婦が「死んじゃえ~」という言葉を聞いたという証言もあります。
再び決を採ります。今度は無記名投票を選択しますが、2号が悪あがきで有罪に2票入れました。その熱意にほだされた9号が2号に味方して有罪に変更します。
5号が人間観察に優れていると主張しますが、9号が「私は歯科医である、正解か否か」と聞き、正解と答えた5号に対して「私は銀行員だ」と言いました。5号は恥をかかされます。
飲み物が届き、一旦休憩を入れました。雑談も入りますが、一部ではまだ論議がなされています。被告と元夫の追走劇の距離2500mを10分で移動したことから考えて、大学時代に長距離の陸上選手だった被告と泥酔していた元夫とでは、疲労の度合いが異なるだろうという意見が出ました。
事故現場が被告のアパートと居酒屋とを結ぶ場所ではなく、まるで違う場所だったことも問題になり、逃げる振りをして現場に誘導した計画殺人ではないかと2号が言い出します。
5号も有罪に変更し、走って疲れた元夫のためにジンジャーエールを買い与えた被告を信じたい2号と7号が口論を始め、もめごとを嫌う3号がパニックに陥ります。
5号が有罪に変更したことから有罪を主張する者が3人になりますが、ここで9号が無罪に変更し、有罪2票のままです。有罪の場合、殺意の立証が必要だとされました。
居酒屋に行く前に、被告が息子のためにドミソピザの出前を注文していたことが問題になります。帰りが遅くなることを予測していたのではないかという意見が出て、有罪票が一気に増え、とうとう無罪と有罪が同票(6対6)になりました。
無罪を主張しているのは1号、3号、4号、6号、7号、10号です。

【転】- 12人の優しい日本人のあらすじ3

7号は、死んだ元夫が自分と同い年で同じ境遇にいながら、自分は独身で彼女もいないのに元夫は子持ちでヒモ同然で許せない…と私怨まがいの発言をし、ふてくされます。妻がいるのだろうと指摘された2号は別居中と答えますが、7号は拗ねて会議の席から外れます。
もめごとが嫌いな3号が帰りたいと言い出すのを皆で取りなします。
1号の陪審員長が無罪の根拠を問われました。あくまで私的なことと断りながら、1号は説明します。
彼は4年前にも陪審員の審議に参加しました。その時の被告は強盗殺人で3人を殺害しており、全員一致で有罪判決を出しました。結果、被告は死刑を求刑され、1号は自分のせきにんではないと分かってはいたものの、後味の悪い思いをしたそうです。なので今回は無罪だと思いたい…そう言いました。
計画殺人の場合は極刑(死刑求刑)もありうると聞き、皆動揺します。
傷害致死罪で有罪(つまり殺意はなかった)にすれば、執行猶予がつくのでどうかと有罪側から無罪側へ譲歩の意見が出されました。これには無罪側も心が揺らぎます。
それでも断固として4号だけは無罪を主張しました。理由を聞かれても「フィーリング」です。
話が平行線上を辿ると、評決不一致になります。その場合、改めて別のメンバーに委ねることになります。それでもいいかと日和る(傍観する)立場の者も現れ始めました。
ここまで積極的に議論に参加していなかった謎の11号が、ここまで4号が粘っているのだからその理由を探ろうと言い出します。無罪であってほしいと考える10号も4号の味方をします。
11号は、時間を稼ぐから違和感の正体を考えてみてくれと、4号に言いました。こっそり「自分は弁護士だ」と4号と10号に耳打ちし、2人は勇気づけられます。
1号に11号が、ピザの出前を取ろうと言い出しました。唐突な発言に、皆は驚きます。子どもが食べきれる大きさか見て検証したいというのが、11号の意見でした。
出前を取ったのは元夫との話し合いを早々に切り上げて、帰宅して子どもと2人で一緒に食べるつもりではなかったかと11号が指摘し、一番小さいレギュラーサイズを注文します。
ピザが届くのを待つ間、11号は続いて殺意の立証ができない証明をすると言い出しました。証言内容について触れます。証言者は3人…トラックの運転手と目撃者の主婦と被告自身です。
被害者は人がいないのを見計らって被告を襲ったと言いますが、ではなぜ通りすがりの主婦という目撃者がいたのかという矛盾を指摘しました。皆は思わずうなります。
しかし被告人と元夫の口論で「死んじゃえ」という発言が出たという意見も出ますが、被告人が元夫に購入した「ジンジャーエール」の聞き違えではないかという意見も出ます。

【結】- 12人の優しい日本人のあらすじ4

さらに11号は、トラックの運転手が本当にクラクションを鳴らしたのかという疑問にも言及しました。というのも、目撃者の主婦は「ブレーキ音」で初めて振り返って現場を見ているのです。
もし先にクラクションの音が鳴っていたならば、その時点で振り返っていたのではないかと11号が言いました。
11号は飲み物を運んだステンレスのトレイを床に落とし、とっさに全員が振り返ったのを見て、大きな音が鳴ったら人間は反射的に音の方に振り向くと指摘します。
クラクションを鳴らして警告を発したというトラックの運転手の証言も怪しくなりました。居眠り運転をしていた後ろめたさから、偽証をしていた可能性を挙げます。
話を聞いていた3号が、そもそも本当に被害者の元夫は酔っ払っていたのかと言い始めました。居酒屋・大自然は飲み屋というよりは腹ごしらえの店で有名だと、3号、4号、7号が主張します。
復縁を言い出すのが気まずいから、わざと酔った振りをしていたのではないかと言いました。
被告人が証言台で言った「事故直前に、元夫の顔が一瞬悪魔のように見えた」という主観入りの証言が、トラックのライトで元夫の顔が照らされたからではないかという意見も出ます。
そうなると、被害者の元夫は被告人と揉み合った位置関係からして、トラックよりも遠い側にいることになります。被告人がもし本当に突き飛ばしたのならば、回り込まないとならず、とっさには突き飛ばせません。
被告人の女性に復縁を申し入れたものの、受け入れてもらえなかったことで人生に絶望した元夫が、衝動的に走行していたトラックに自ら飛び込んだ「自殺説」という結論が出ました。そこへピザが届きます。
ドミソピザは大きく、とても5歳の少年ひとりで食べきれる量ではありませんでした。皆は納得します。
回り道をした疑問を6号がぶつけました。4号がそこで「信号が赤だったんだ」と言います。居酒屋を出てすぐの交差点では赤信号が長く、待ち時間に追いつかれると思った被告人が元夫から逃げるために、信号を渡って直進せずに右折したのだという結論になりました。
2号以外は全員納得しましたが、それでもまだ2号は食い下がります。あんな身勝手な女は裁かれて当然なのだと声高に叫ぶ2号は、自分を置いて去って行った別居中の妻と被告人をだぶらせているかのようでした。
11号が2号に「裁かれているのは被告で、あなたの奥さんじゃない」と言います。2号もその言葉で我に返りました。
採決の結果、満場一致で被告人は無罪という評決が出ました。
帰り際、9号は5号に名刺を渡し、本当は歯科医で正解だったと詫びます。5号は笑って許しました。
11号は4号と10号に、実は弁護士ではなく役者で、以前弁護士役をしたことがあったのだと告げました。

みんなの感想

ライターの感想

日本人らしさが出ている映画。他人に流される人がいたり、頑固&偏屈になったり、拗ねたり…。
あらすじでは哀しいかな、番号で記載するしかないのだが、見ていると各々の個性が出てくるので、12人の性格やキャラがよく判る。
最後の結論はややこじつけっぽいなあと思うのだが、ジンジャーエールの聞き違えなんかは三谷脚本らしいっちゃ、らしい(監督は別人)。
こういう人いるよねえ…と思う人物が出てくる。少し古めの作品だが、興味あればぜひ見ていただきたい。
昔の洋画『十二人の怒れる男』のパロディだということは、非常に有名。あわせて見て比較するのも一興。

映画の感想を投稿する

映画「12人の優しい日本人」の商品はこちら