「40男のバージンロード」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

40男のバージンロードの紹介:2009年公開のポール・ラッド主演のアメリカ映画。理想の女性と結婚することが決まった男性が、親友がいないことに気づいて付添人探しする様を描いた作品。ラシダ・ジョーンズやジェイソン・シーゲルらも出演した婚活コメディ。

予告動画

40男のバージンロードの主な出演者

ピーター(ポール・ラッド)、ゾーイ(ラシダ・ジョーンズ)、シドニー(ジェイソン・シーゲル)、ヘイリー(サラ・バーンズ)、デニース(ジェイミー・プレスリー)、ロビー(アンディ・サムバーグ)、バリー(ジョン・ファヴロー)、ジョイス(ジェーン・カーティン)、オズワルド(J・K・シモンズ)、ダグ(トーマス・レノン)、ギル(マーサー・ジッケル)、テヴィン(ロブ・ヒューベル)、ルー・フェリグノ(本人)

40男のバージンロードのネタバレあらすじ

【起】- 40男のバージンロードのあらすじ1

ピーターは、付き合って8ヶ月になるゾーイにプロポーズをします。ゾーイは幸せいっぱいで、友人に電話をかけます。
友人達は、ゾーイから聞いていたデートの話しなどをしてきます。何から何まで話していて、ピーターは話したんだと微妙なトーンです。
ある日、ゾーイは友人達と家で、結婚のことやピーターについて話していました。
友人の一人は、妹の旦那が男友達がいなくて、ついてきてばかりで大変だと話します。ゾーイはピーターは違うわよと言います。
ゾーイには女友達が多くて、7人の付添人がいます。ピーターは男友達が少なくて0人だと、ちょっとねと友人達は話します。
こっそり家に帰ってきていたピーターは、その話しを聞いてしまいます。
飲み物を出そうとしますが、ドアを開けて行くのをやめます。しかし、ゾーイがそれに気づいて呼んできます。ピーターは笑顔で部屋に入っていくことにします。
翌日から、ピーターは男友達を作るために、ゲイの弟に相談しに行きます。ジムで働く弟が、一人の男性を紹介してくれます。
一緒にベッカムがいるサッカーチームのギャラクシーの試合を観戦しに行きます。しかし、彼は変なテンションで、他の観戦者と喧嘩になります。
母が引っ越してきたばかりの建築家のダグを紹介してくれます。ディナーに行くことになって、話しが弾みます。
しかし彼はゲイで、帰り際に濃厚なキスをしてきます。固まってしまったピーターでした。
自宅に帰って、ゾーイとキスをしているとタバコの臭いがすると指摘されます。ピーターは、男とキスしてしまったことを話します。
また、昨晩の話しを聞いていたことを打ち明けます。ゾーイは幸せならそれでいいのと言います。ピーターは念入りに歯磨きをしに行きます。
翌日、ピーターはフェリグノの家をオープンハウスにしています。買い手となる客達が見に来ています。
彼は不動産業で家を売るのが仕事です。この家は420万ドルして、自分の力で売りたいとピーターは考えています。
そこで食べ物とバツイチ女性目当てに来ていたシドニーと出会います。
シドニーは、オープンハウスに来ていた男女のカップルが家を買わないと言います。
更に、そのカップルの男性のほうがオナラを我慢しているのを見抜きます。
シドニーの実況中継は見事に当たって、彼女がいない間に彼氏はオナラをします。
ピーターはシドニーの洞察力に驚きと称賛を覚えます。二人は名刺交換をします。
そのことをピーターは弟に話します。電話するべきだと言われます。
何だか緊張してしまったピーターは、苦悩しながらも電話をすることにします。
留守番電話に不動産業のことなど話そうとメッセージを入れておきます。

【承】- 40男のバージンロードのあらすじ2

ピーターは、仕事帰りにゾーイのところに寄ります。するとシドニーから電話がきて、5時に会おうと言われます。
ゾーイはその様子を見ていた友人達から、ピーターにボーイフレンドができたのねと言われます。
ピーターはシドニーと食事をします。タコスを食べて、その絶品ぶりから大興奮です。ピーターの冗談をシドニーは分かってくれます。
ピーターとゾーイの話題になります。エッチの話になって、ピーターはゾーイに対して最高だと言います。
しかし、シドニーは声が高くなったことから嘘だと見破ります。ピーターは、ゾーイにオーラルなことをして欲しいと思っていました。それをシドニーに話します。
自宅に帰って、ピーターはゾーイにシドニーはいいやつだと言います。ベスト・マンかどうか聞かれて、それはまだ分からないよとピーターは言います。
シドニーは、ピーターを家に招きます。ピーターはベースを、シドニーはギターを弾いて、お互い好きなラッシュの曲をセッションして楽しみます。
ピーターとゾーイの婚約パーティーが開かれて、ピーターはシドニーを招待します。シドニーは、ゾーイの友達のヘイリーと出会って話します。
ピーターの両親が、二人のお祝いをかねて話します。始めてのデートの後、ピーターがゾーイと結婚すると言った話しです。
その後、シドニーも一言言いたいと立ち上がります。シドニーは、ピーターが正直者で素晴らしい親友だと発表します。
そしてゾーイがご奉仕すれば、きっと結婚生活は上手くいくと話します。
オーラルのことを話題に出したため、パーティーに出席していた皆は沈黙します。

【転】- 40男のバージンロードのあらすじ3

帰りの車の中で、ゾーイはピーターに何をシドニーに言ったのかと怒ってきます。ピーターは、ついオーラルのことを話してしまったかもと言います。
ゾーイは前はやっていましたが、恐怖症ぎみの彼と出会ってから止めてたと言います。
だからできるのだと言います。この件に関しては、シドニーのおかげで解決ができたと二人で納得します。
日曜日の晩に、シドニーがピーターに電話をかけてきます。ラッシュのライブが82年以来にあると言うのです。
しかし、日曜日はゾーイと二人きりで過ごす約束です。ピーターはゾーイも連れて行くことにします。
ラッシュのライブで盛り上がったピーターは、ゾーイのことを見もしませんでした。シドニーとエアギターのなめ合いをしている状態です。
ライブが終わって、自宅でゾーイはピーターに怒ってきます。それからピーターはゾーイと喧嘩ばかりになります。
もうすぐ結婚式なので、ピーターはシドニーとタキシードを買いに行きます。
タキシードを着たピーターをシドニーは写メに撮ります。そしてシドニーは、内密な投資話があって金を貸してくれないかと言います。
ピーターは了承します。そしてシドニーがベスト・マンだと言って、付添人を頼みます。シドニーは光栄だと言います。
ピーターとシドニーがヴェニスの街を歩いていると、フェリグノがピーターの同僚と話し合ってるのを見かけます。
シドニーは、ピーターに仲介を頼んだはずなのにと戦いに行きます。文句を言いまくってパンチをすると、フェリグノに掴まれて、スリーパーホールドを決められて気絶します。
ピーターはゾーイから電話がきていて、自宅に帰って説明します。フェリグノの手数料が入らないため、計画していた土地が買えなくなったことを伝えます。
ゾーイは貯金から先に払っておいたらと言います。するとピーターは、シドニーに貸したことを話します。
結婚するなら、そういうことを秘密にしないでとゾーイは言ってきます。
ピーターは、シドニーから「なぜ、ゾーイと結婚するのか」と聞かれていて、それをゾーイに「なぜ、結婚するのか」と聞きます。
それはプロポーズする前に悩むことだと、ゾーイは友人の家に行ってしまいます。

【結】- 40男のバージンロードのあらすじ4

ピーターが車を走らせていると、至る所の看板にピーターが写っています。これがシドニーの投資話だったのです。
シドニーの家に行って、あの看板は何だとばかりにピーターは怒ります。また、「なぜ、結婚するのか」をゾーイに聞いたことを話します。
シドニーは、あれは男同士での話して、聞いたらダメだと言います。あれやこれやと決めることにピーターは嫌気が差します。
そしてしばらく距離を置こうと言って、貸してたLostのシーズン2のDVDを返してもらいます。
シドニーは看板の撤去と、借りた金を返すことを約束します。ピーターは結婚式にはこないでくれと、シドニーに言います。
ピーターはゾーイを迎えに行って、結婚することが不安だったことを話します。ゾーイはそれは自分も同じだと言って、仲直りします。
ピーターが会社に行くと、大量の留守電が入っていました。看板の効果が絶大で、フェリグノの家を買いたい人もいました。
結婚式当日、ゾーイとヘイリーはピーターの付添人が誰か気になります。
付添人は、ピーターの父と弟、弟が紹介してくれた男性、ネットで知り合ったお爺ちゃん、フェリグノ、ダグです。
ピーターはどこか寂しげな様子で、エアギターを少し弾いています。
ピーターは神父から、誰が結婚指輪を持つか聞かれます。ベスト・マンがいないため、弟に渡すことにします。
ゾーイは寂しげなピーターを見て、こっそりとシドニーに電話をします。
シドニーは愛車のスクーターで、すでに行きたくて向かっていました。
結婚式が始まって、シドニーが駆けつけます。ゾーイはシドニーを呼んだことをピーターに話します。
シドニーは借りていた金をピーターに小切手で返します。
ピーターはシドニーと冗談を言い合います。そして付添人にシドニーが加わります。
結婚式が再開されます。式の後、シドニーとピーターは他の皆と一緒にラッシュをセッションして披露します。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ピーターとシドニーの男の友情が見所です。最後の結婚式で、お互いに冗談を言い合う場面は心温まります。
また、シドニーの飼い犬のビーグルとパグをかけあわせた可愛さにも注目して欲しいです。
ヴェニスの美しい海や街並み、雰囲気も描かれていて見所です。そこでフェリグノに立ち向かうシドニーの姿は面白いです。
フェリグノはご本人が出演していて、TVシリーズのハルク役で有名になった方です。
シドニーの部屋のネットオークションなどで揃えた男の聖域も面白いです。楽器やテレビ、男の必需品も揃っています。
今作ではバンドのラッシュが出てきます。そのライブ映像や曲を聞くことができるのも魅力です。
笑えた場面は、付添人が登場してきたシーンです。スーツを着て、ばっちり決めているのですが、それが余計に笑いを引き立てています。
最後まで見終わって、男同士の熱い友情に心打たれました。友達の大切さや温かさを感じることが出来る作品でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「40男のバージンロード」の商品はこちら