Chicago

「Chicago」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

Chicagoの紹介:1920年代、シカゴで起きた殺人事件で捕まった女性が、無罪になるために、マスコミを利用して人気者になる様子を描いた作品。ブロードウェイのミュージカル「Chicago」を映像化し、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞。

映画「Chicago」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「Chicago」のネタバレあらすじに注意ください。

Chicagoの主な出演者

ロキシー・ハート(レニー・ゼルウィガー)、ヴェルマ・ケリー(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、ビリー・フリン(リチャード・ギア)、ママ・モートン(クイーン・ラティファ)、エイモス・ハート(ジョン・C・ライリー)

Chicagoのネタバレあらすじ

【起】- Chicagoのあらすじ1

主人公のロキシー・ハートは、シカゴのキャバレーでヴェルマ・ケリーのように歌い踊ることを夢見ていました。しかし現実は、冴えない夫に飽き、キャバレーに出してくれるといった愛人に裏切られて撃ち殺してしまい、留置所に入れられてしまいます。そこには憧れのヴェルマ・ケリーが不倫した夫と妹を殺した罪で捕まっていて、その留置所でもスターとして扱われていました。

【承】- Chicagoのあらすじ2

ロキシーは敏腕弁護士ビリー・フリンに弁護してもらおうとしますが、高額の弁護料を請求され、全く相手にされませんでした。しかし夫の献身的な頼みにより、弁護を受けることに。ビリーはロキシーの見た目をセクシーに変え、夫のために生きてきた女性としてマスコミに売り込んでいきます。これに世間は注目し、ロキシーは人気者になっていきます。

【転】- Chicagoのあらすじ3

人気者になったロキシーは留置所でスターになり、ヴェルマを小物扱いしていました。ある時、富豪の娘が殺人事件で捕まると、マスコミの注目がなくなってしまそうになります。そこでロキシーはその場に倒れ、実は妊娠していると嘘をつき、マスコミの注目を取り返し、注目の裁判が行われます。ヴェルマがロキシーの獄中で書いた日記を持って証言台に出てきてロキシーの嘘を暴こうとしますが、ビリーの話術により無実の判決を受けます。そのとき法廷の外で銃声がするとマスコミはその銃を撃った女性のほうへ行ってしまい、ロキシーの話を聞く人は夫しか残っていませんでした。

【結】- Chicagoのあらすじ4

ロキシーは夫に妊娠は嘘だと告白して別れ、またキャバレーに出ることを夢見てオーディションを受けていましたが、まったく相手にされずにいました。同じように売れなくなったヴェルマに誘われ、はじめは拒絶していましたが、殺人をネタにした舞台を開き、ライフル片手に踊る姿がうけて、また人気者になりました。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

「Chicago」はシカゴの街の監獄で知り合ったロキシーとヴェルマが軽薄弁護士の手を借りて犯罪さえも武器に成り上がっていく物語です。
ミュージカル映画ですので迫力の歌とダンスシーンが最大の見どころですが、Chicagoを演じるプロダンサーではない俳優陣にはきっと苦労もあったはず。
そのあたりを調べてみると、まずロキシーを演じるレネー・ゼルウィガーはこの映画まで歌もダンスも未経験だったそうです。しかし主役として堂々と素晴らしいダンスと歌声を披露していましたね。
ヴェルマ役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズはこの役で自慢のロングブルネットの髪をバッサリとボブに切りました。監督は長い髪での出演を希望していましたが、髪で顔が隠れると吹き替えに思われるのが悔しいというキャサリンの女優根性であの髪型になったそうです。
そういった女優達の意気込みが見事映画を成功に導いたとも言えますね。それを知った上でもう一番観て欲しい映画です。

映画の感想を投稿する

映画「Chicago」の商品はこちら

シカゴ スペシャル・プライス [DVD]