「MASHマッシュ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

M★A★S★H マッシュの紹介:朝鮮戦争を舞台に米軍の移動野戦外科病院(Mobile Army Surgical Hospital:通称MASH)に徴兵された3人の外科医のハチャメチャな活躍をブラック・ユーモアたっぷりに描いたコメディ。1970年米国。監督:ロバート・アルトマン。根底に流れるのは従来のモラルやベトナム戦争への痛烈な批判で、戦争という狂気の中で下品で猥雑な笑いによって精神の均衡を保とうとする医師たちの奮戦を描いている。あまりにも反体制的で型破りな内容だったため、製作会社である20世紀フォックスの保守的な上層部の目を盗んで密かに低予算で作られ、無名の俳優が多数起用された。主演のドナルド・サザーランドは本作が出世作となった。2年後の1972年にTVドラマ版の放送がスタートし1983年まで続いたが、その最終回の視聴率は77%で米国のTV史上最高記録とされている。

予告動画

MASHマッシュの主な出演者

“ホークアイ”・ピアス大尉[切れ者](ドナルド・サザーランド)、“デューク”・フォレスト大尉[公爵](トム・スケリット)、“トラッパー・ジョン”・マッキンタイア大尉[女ったらしジョン](エリオット・グールド)、フランク・バーンズ少佐(ロバート・デュバル)、マーガレット・“ホットリップス”・ホーリハン少佐[熱い唇](サリー・ケラーマン)、ヘンリー・ブレイク中佐(ロジャー・ボーウェン)、”レーダー“・オレイリー伍長(ゲイリー・バーゴフ)、ウォルト・”ペインレス“・ウォルドスキー大尉[無痛のポーランド野郎](ジョン・シャック)、”デイゴ・レッド“・マーケイ神父[赤毛のイタ公](ルネ・オーベルジョノワ)、マリア・ディッシュ中尉(ジョー・アン・フラッグ)、”アグリー・ジョン“・ブラック大尉[毒ガスのジョン](カール・ゴットリーブ)、オリバー・ハーモン・”スピアチャッカー“・ジョーンズ[槍投げのジョーンズ](フレッド・ウィリアムソン)[]内は吹き替え版のあだ名

MASHマッシュのネタバレあらすじ

【起】- MASHマッシュのあらすじ1

朝鮮戦争時代の韓国、米軍に軍医として徴兵された外科医のホークアイ・ピアスとデューク・フォレストは、野戦病院のひとつであるMASH4077に配属されます。
2人とも腕は超一流ですが、手術以外の時間はとんでもない悪戯と悪ふざけに全力を尽くし、同じテントになった頭が固くてクソ真面目なバーンズ少佐とはソリが合わず犬猿の仲となります。
毎日12時間以上前線から運ばれて来る負傷兵のオペに追われるピアスたちは、胸部専門の外科医が必要だと責任者のブレイク中佐に要請します。
待望の胸部外科医マッキンタイアがやって来ますが、彼もピアスたちに負けないくらいの型破りな男でした。
新しい婦長としてホーリハン少佐がヘリで赴任します。
少佐は徴兵ではなく軍隊が生きがいの志願兵で、金髪美人ですが規律にうるさく同じように頭がコチコチのバーンズ少佐と意気投合し、ピアスたちのふざけた態度に「なんであんな最低な人が軍医としてここにいるの」と憤慨しますが、神父が冷静に「徴兵されたからです」と返します。

【承】- MASHマッシュのあらすじ2

ヤブ医者のバーンズ少佐は自分のミスで患者を死なせたのに部下を責め、怒ったマッキンタイアは彼を殴り処罰されます。
ホーリハンはバーンズと不倫に走りますが、2人の濡れ場に隠しマイクが置かれてその声が部隊中に生放送されます。
「唇が熱いわ!」と叫んだことから、ホーリハンは以後“ホットリップス”と呼ばれるようになります。
翌朝ピアスにからかわれたバーンズは逆上して暴れ、事情を知らないブレイク中佐は精神異常を来したと思ってバーンズを本国へ強制送還します。
デュークは「俺もホットリップスと寝てホークアイを殴れば国に帰れる?」と中佐に聞きます。
歯科医のペインレスはシャワーを浴びていると見物人が押しかけるほどの立派な男性自身の持ち主ですが、ある日看護婦と寝ようとして不能になり自殺を決意します。
ピアスたちは彼のために最後の晩餐を設けて“Suicide is Painless”を歌い、ペインレスは毒薬(実際は睡眠剤)を飲んで棺桶に横たわります。
ピアスは任期終了で帰国予定の美人で気立てのいいディッシュ中尉に頼み込んで彼と一夜を共に過ごしてもらい、翌朝ペインレスはすっかり元気を回復しました。

【転】- MASHマッシュのあらすじ3

「ホットリップスの金髪は本物か」を賭けたデュークとピアスは、ホーリハンがシャワーを浴びている時に仕掛けてテントの幕を全開させます。
オールヌードを披露してしまい怒り狂ったホーリハンがブレイク中佐のテントに「ここは精神病院よ!こんなところ辞めてやる!」と怒鳴り込むと、看護婦と一緒に裸でベッドにいた中佐は「じゃあ、辞めれば?」と言います。結局諦めたホーリハンは4077に留まります。
日本の北九州の小倉からマッキンタイアに下院議員の息子の手術依頼が来ます。
ピアスを助手に従えてアロハシャツにゴルフバッグを背負ったマッキンタイアは小倉の陸軍病院に乗り込み、規則を振りかざす婦長や院長のメリル大佐を尻目にさっさと手術を終わらせ、売春宿へとくり出します。
しかし売春婦の子供が先天性気管食道瘻だと知ると、「民間人の診療はできない」と止める大佐を麻酔で眠らせて売春婦と寝ている写真を撮りまくって脅し、子供の手術をした後MASH4077に帰還します。

【結】- MASHマッシュのあらすじ4

マッシュには絶え間なくヘリで負傷兵が運び込まれ、傷が治るとまた前線へと送られます。
4077では輸血用の血液が足りなくて寝ているブレイク中佐からこっそり血を抜いたり、雑用係の韓国人少年ホー・ジョンに徴兵を逃れさせるため昇圧剤を投与したりと、平穏な日々が過ぎます。
アメフト狂いのハモンド将軍が視察にやって来て自分のチームの自慢をします。
試合の賭け金が5000ドルと聞いたピアスたちは急遽チームを作り、他所の部隊から脳神経外科医で元プロの黒人選手“スピアチャッカー”をスカウトして試合に臨みます。
前半は16対0でボロ負けでしたが、後半で隠していたスピアチャッカーを投入し、相手チームの中心選手を麻酔薬やトラッシュ・トークで退場に追い込み、最後はボールをユニフォームの下に隠しタッチダウンして逆転勝ち。フィールドは大乱闘になりました。
ある日いつものようにデュークが手術しているとピアスが駆け込んできます。
「俺たちに帰国命令だ!」
マッキンタイアたち多くの仲間に見送られ、2人はMASH4077を後にしました。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「MASHマッシュ」の商品はこちら