「SEXエドチェリー先生の白熱性教育」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

SEXエド チェリー先生の白熱性教育の紹介:2014年製作のアメリカ映画。童貞なのに性教育の授業をする教師の奮闘を描いている。「シックス・センス」や「A.I.」で大人気となった名子役、ハーレイ・ジョエル・オスメントが童貞教師を好演。久しぶりのハリウッド映画に復帰した彼の演技に注目。

予告動画

SEXエドチェリー先生の白熱性教育の主な出演者

エド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)、ピラ(ロレンツァ・イッツォ)、ティト(ケヴィン・ヘルナンデス)、シドニー(レタ)、JT(グレン・パウエル)、アリー(カスティル・ランドン)、トリッシュ(アビー・エリオット)、ボビー(ラモーン・モリス)、ウォッシュアウト(マット・ウォルシュ)、ルペ(ローラ・ハリング)、ヘクター(レイ・サンティアゴ)、(ジョージ・イーズ)、ハミルトン牧師(クリス・ウィリアムズ)

SEXエドチェリー先生の白熱性教育のネタバレあらすじ

【起】- SEXエドチェリー先生の白熱性教育のあらすじ1

幾何学の教育実習生のエドは、不況なこともあり、ベーグル店でアルバイトをしています。生徒の男女がやってきて、トイレでプレイしたいと交渉してきます。駄目だと拒絶して警察を呼ぼうとすると、アメフト部でもある男性生徒にドーナツを投げられます。
家に帰ってくれば、ルームメイトのJTが自分のベッドで、アリーと裸で行為に及んでいます。さらに生徒を州大会にまで鍛えたのに、エドは不採用の手紙を見て我慢の限界に来ます。待ってられないと面接を今すぐにでも受けることにします。
面接もなしに不採用なんてと、エドは事務所に乗り込みます。ガッツがあると、履歴書を見てもらえます。面接官のウォッシュアウトは、同時に2つ法を犯さないこと、近くのストリップに行かないことをアドバイスします。彼はストリッパーと結婚することになったのです。
ウォッシュアウトは募集がないと最初は言いますが、見つけてくれます。エドは喜んで帰り、引っ越すことにします。
課外クラスを担当になったエドは、意気揚々と教室に行きます。生徒は罰で居残りさせられていて、元気がありませんでした。一人の女生徒がトイレに行きたいと願い出て、エドは許可をします。
教室の生徒たちは、下ネタラップをして楽しみだします。エドが注意していると、女生徒が戻ってきます。彼女はアソコから血が出てきて癌だと思います。
エドはタンポンを持ってきてあげますが、どうやって使って良いのかと、女生徒は泣いています。パパは仕事でおらず、ママもいませんでした。エドは看護師でもあるアリーを呼んで助けてもらいます。
生徒のティトが外で待っていたので、エドは姉が迎えに来ると聞きます。迎えに来たピラを見て、エドは魅力的過ぎて凝視してしまいます。エドが上手く話せないでいると、ピラの彼氏でDJのヘクターが迎えにやってきます。

【承】- SEXエドチェリー先生の白熱性教育のあらすじ2

アリーはエドが童貞だと思っていました。エドはカナダの女性と激しいのをしたと反論します。JTはエドに最適な年上の女性・トリッシュを紹介します。
バーでデートすることになり、トリッシュはガンガン飲みます。エドも酔っ払って話し、二人は盛り上がります。
トリッシュはエドを倉庫に連れていきます。エドは部屋に行こうと誘いますが、トリッシュはここでするつもりです。しかし、トリッシュは自分の口が目当てだと取り乱します。
彼女が正気に戻ると、エドはしなくても良いと言います。トリッシュはエドのことがゲイだと思って帰ります。
エドは女生徒が怖がっていたことから、性教育をすることにします。性病についての授業をしていると、一人の女生徒が詳しくて、ドンドン種類を発表していきます。
性病に感染するリスクを回避するため、エドはコンドームの付け方を生徒に実践させていきます。みんなバナナにつけたりと、楽しみながらつけていきます。
ティトはエドを最高の先生と褒めていました。そのことや母が会いたいこともあり、ピラは自宅の夕食にエドを誘います。
ティトの母はエドに夕食の手伝いを頼みます。そうこうしてるとヘクターがやってきます。エドはピラと話した後、ヘクターと二人きりになります。ピラに招待されたことを説明すると、ジムで鍛えてムキムキなヘクターは、二度と来るなと脅してきます。
夕食が出来上がり、ヘクターは不味い魚の目玉を食べてやります。負けじとばかりに、エドは目玉を食べますが、気持ち悪くてティトの母に吐いてしまいます。最悪な気分で落ち込んでいるエドに、バーの店主・シドニーは恋は奪うものだと教えます。
今日の性教育の授業は、JTとアリーを呼んで行われます。異性との話し方を実践することにします。生徒とJTorアリーによる実践です。
男子生徒はアリーを口説いていきますが、色々と注意されます。JTはアソコの写真を送られたら、送り返すべきかどうかと女生徒に聞かれて困りながらも答えます。

【転】- SEXエドチェリー先生の白熱性教育のあらすじ3

エドとティトがサッカーしていると、ピラがやってきます。ピラは束縛がきつくて、ヘクターと距離を置くことにしました。ティトもヘクターのことは好きではありませんでした。エドはピラをデートに誘うことに成功します。
エドはウォッシュアウトに呼ばれて向かうと、この地区で性教育は認められてないため、このまま続ければクビが飛ぶと警告します。毎週体育館で会合をしている牧師に話しに行くようにエドに伝えます。
ハミルトン牧師は、エドの生徒のレオンの父親でした。レオンは最初の性教育の授業で、エドに怒られて校長室に行きました。父親に怒られるからと、レオンはエドを睨みました。
エドはハミルトン牧師に話しをしに行きます。性教育は必要ないと、ハミルトン牧師は主張します。エドは授業を一度見に来て欲しいと頼みます。
JTはエドのために、カナダ製の薬を授けます。苦労して手に入れて、これがあれば立ち続け、長く持続することができるのです。
エドの次の授業が始まり、性に関しての質問に答えていきます。科学的質問だけと言いますが、生徒たちは卑猥な質問を続けていきます。見学していたハミルトン牧師は、エドのクラスを認めませんでした。
ティトは今夜彼女とするからと、エドにコンドームをくれと頼みます。時が来るまで待つように説得しますが、渡さなければそのままですると言うので、エドは渡すことにします。
ピラとデートをしていたエドは、そのことを話します。激怒したピラは急いで家に戻って、弟の彼女を家に帰らせます。再度、コンドームを渡したことに怒り、エドは帰ることにします。
するとヘクターがやってきて、エドは路地裏でボコボコにされます。もうどうにでもなれと、エドは女性を車に乗せます。
頭痛薬と称して、JTからもらった薬を飲むと、相手の女性も飲んでしまいます。すると警察が来て、エドは御用となります。しかも、相手の女性は男でした。

【結】- SEXエドチェリー先生の白熱性教育のあらすじ4

釈放させてくれたJTに、エドが本当は童貞なんだと打ち明けると、彼は知っていました。いつかできると、JTは励まします。エドのクラスは閉鎖されて、彼はベーグル店に戻ることになります。
エドは、自信を持つために一発したいと訴えます。シドニーは、マニュアルが全てではなくて、自分がどうなりたいのかが大切だとアドバイスします。理想の男になればいつだってできると伝えます。
ピラに謝りに行って、エドは好きだと伝えます。オーボエを弾いてあげると、ピラは美しいと言ってくれます。二人は川の近くでキスをし、クラブに行くことにします。
ピラはクラブに入れますが、エドは入れませんでした。扉の前にいるボビーが、大人しく帰れと言ってきます。そこにヘクターがまたしても現れて、エドと口論になります。今度はエドが先に殴って、警察の御用となります。
逮捕されたことで、エドはピラにも振られてしまいます。職を取り戻すために、エドは生徒たちと共に、ハミルトン牧師の会合に乗り込みます。
エドは親たちに、子供とセックスの話しはするかと問いかけると、一人だけ手を挙げてくれます。子供たちは互いに話すか、ポルノサイトで知ることになり、女性を酷く扱う写真ばかりを見ることになります。
男たちが女性をおとしめることを普通と考えるようになったら、どうするのだとエドは訴えます。自分は童貞で、性教育の授業に向いてないけれど、大事な授業なのだと訴えます。
生徒たちは、エドが正しいことを教えてくれると言います。大きい車に乗れば、美女とできることが嘘だと言うこと、病気になることも知ることができました。親だと聞けないこともあり、先生なら教えてくれるのです。ハミルトン牧師は拍手をしてくれて、皆もエドに拍手をしてくれます。
この件を聞いて、エドの家にピラがやってきます。童貞のことも聞いて、ピラは服を脱ぎ始めます。エドは下で皆が待っているからと、タイミングがと躊躇します。
ピラは今度クラブに入れるように格好良くしてあげるからと言います。エドは自分は格好悪くないと言い返します。ピラはうんざりして、童貞のままでいろと帰っていきます。
落ち込むエドに、アリーは待つことを勧めます。そうすれば全てが調和するのです。シドニーは、男の証は女性を追うことではなく、余裕を持って付き合うことだとアドバイスします。
1年後、エドの性教育の授業に、新しい教育実習生がやってきます。彼女はカナダから来ていました。エドは最高の場所に来たと彼女に伝えます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、童貞なのに性教育の授業をする先生の物語です。真面目なエドは、ここぞとばかりに奥手で上手く行きません。そんな彼を励ます登場人物たちの存在は大きいです。
特にシドニーのアドバイスは心に響きます。本当の自分になることや、男の証が何なのかなど、彼女は大人の中の大人で、その言葉には尊敬の念を抱きます。
JTは陽気で面白い良い奴です。アリーと共に生徒たちと授業する時は笑ってしまいます。筋肉を見せつけるJTに生徒たちも大喜びです。
その授業で、男子生徒がアリーを口説く場面は特に面白いです。その口説き方で良いのかと、辛口で突っ込むアリーの姿もまた面白いです。
生徒たちは、まあ次から次へと驚くほどの下ネタを発言していきます。面白いことは面白いのですが、これがポルノサイトの影響なのかなと心配してしまいます。
映画を通して、エドは成長していきます。見ているこちらも、性に関して色々と考えさせられて、成長することができます。メッセージ性の強い良い作品です。

映画の感想を投稿する

映画「SEXエドチェリー先生の白熱性教育」の商品はこちら