「あしたのジョー(2011年)」のネタバレあらすじ結末

あしたのジョー(2011年)の紹介:2011年公開の日本映画。ボクシングをテーマにした日本マンガ史に残る名作『あしたのジョー』を実写化。昭和40年代を舞台に、ボクシングを通して不思議な絆で結ばれていく2人の男の姿を描く。

予告動画

あしたのジョー(2011年)の主な出演者

矢吹丈(山下智久)、力石徹(伊勢谷友介)、白木葉子(香里奈)、丹下段平(香川照之)、西寛一〔マンモス西〕(勝矢)、ウルフ金串(虎牙光揮)、サチ(畠山彩奈)、食堂の親父(モロ師岡)、食堂の女将(西田尚美)、安藤洋司(杉本哲太)、花村マリ(倍賞美津子)、白木幹之介(津川雅彦)

あしたのジョー(2011年)のネタバレあらすじ

【起】- あしたのジョー(2011年)のあらすじ1

昭和40年代…。
東京の下町のドヤ街(日雇労働者が多く住む町。ドヤは「宿(ヤド)」を逆さにしたもの)で、矢吹丈、通称・ジョーは漫然とその日暮らしの生活を送っていました。
ある日、ジョーは食堂でヤクザと喧嘩騒ぎを起こします。その時ジョーの身のこなしを見た元ボクサー・丹下段平は、ジョーにボクサーとしての天賦の才があることを見抜きました。
段平は自分が成し遂げられなかったボクシングチャンピオンへの道を叶えるため、ジョーに声をかけます。
しかしジョーは段平を相手にせず、下町で問題を起こして少年院送りとなりました。
ジョーは少年院で、チャンピオンレベルの能力を持つプロボクサー・力石徹と出会います。 この映画を無料で観る

【承】- あしたのジョー(2011年)のあらすじ2

自分の力を過信したジョーは、力石にあっけなくのされてしまいました。
ジョーは力石を目の敵にしつつ、ボクシングの腕を磨くため、それまで相手にしなかった段平の手紙を読んで、ひそかに練習を重ねます。力石もジョーの強さを意識していました。
そんな折、少年院でボクシング大会が開かれました。主催者は力石のスポンサーである財閥の娘・葉子です。
ジョーも力石も勝ち進み、決勝で再び戦いました。力石の圧勝かと思われた瞬間、ジョーはひそかに段平に教わって練習していたクロスカウンターをお見舞いし、ダブルノックダウン(両者ダウン)します。
少年院を出た力石は、葉子の支援の下でボクシングの試合に臨み、連戦連勝しました。

【転】- あしたのジョー(2011年)のあらすじ3

一方、力石より少し遅れて少年院を出たジョーは、段平の『丹下ボクシングジム』に入ります。そこは橋の下にある掘っ立て小屋同然のオンボロジムでした。
段平と二人三脚の特訓をしたジョーは、少年院でのボクシング大会で力石に決めたクロスカウンターの技に磨きをかけます。
ジョーも勝利を積み重ね、人気のボクサーとなりました。
やがて力石は世界チャンピオンベルトに手が届くところまでのぼりつめますが、世界戦の前にジョーとの戦いを望みます。
ジョーも対戦を受け、葉子の提示した試合に勝利しました。力石もジョーと戦うために、厳しい減量をこなします。
迎えた試合の日。ボクシングの聖地・後楽園ホールで試合が催されました。 この映画を無料で観る

【結】- あしたのジョー(2011年)のあらすじ4

リングの上での試合は、やはり力石が圧倒的に有利でした。ボクシングのテクニックでは、ジョーは力石に歯が立ちません。
ジョーにチャンスがあるとすれば、必殺技・クロスカウンターだけでした。ぼろぼろになりながらもジョーはチャンスの到来を待ちます。
訪れた好機にジョーが放ったクロスカウンターは、力石に見切られ、避けられました。
勝負は力石が勝利しました。
しかし握手の瞬間、力石は倒れ込みます。トレーニングと試合の厳しさで、力石は命を落としたのでした。
…後日。
力石の墓参りに訪れた葉子は、力石の墓にジョーから花が手向けられているのを見ます。
いずれ来るであろうジョーとの再会を、葉子は予感しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「あしたのジョー(2011年)」の商品はこちら