「あ・うん」のネタバレあらすじ結末

あ・うんの紹介:1989年公開の日本映画。高倉健・主演。向田邦子の唯一の長編小説『あ・うん』を原作とし映画化。タイトルは神社にある狛犬の阿(あ)と吽(うん)を男2人に見立てたことから。昭和初期の山の手を舞台とした上品な大人の恋と友情の物語。

あ・うんの主な出演者

門倉修造(高倉健)、水田たみ(富司純子)、水田仙吉(板東英二)、水田さと子(富田靖子)、まり奴(山口美江)、石川義彦(真木蔵人)、旅館の番頭(大滝秀治)、見知らぬ男(三木のり平)、門倉君子(宮本信子)

あ・うんのネタバレあらすじ

【起】- あ・うんのあらすじ1

昭和12年、春…。
軍需景気に湧く時代、中小企業の社長・門倉修造は羽振りがよく、妻・君子がいながら芸者遊びも派手でした。
いっぽう小さな製薬会社に勤務するサラリーマン・水田仙吉は、門倉と戦友で親しく付き合いながらも、性格が地味な男です。
門倉と水田は対照的な人間ですが、不思議と馬が合い20年以上も親交が続いていました。
水田が地方転勤から3年半ぶりに東京に戻ってきて、門倉は水田一家と再び家族ぐるみのつきあいを始めます。
ある日、18歳になる水田の娘・さと子が門倉の妻・君子の紹介で帝大生・石川と見合いをします。

【承】- あ・うんのあらすじ2

水田は身分不相応だと見合い話を断りましたが、さと子と石川は惹かれあい、ひそかにデートを重ねました。
しかしその石川は徐々に左翼運動に傾倒していき、特高(特別高等警察 戦時中に国に盾つく人物を取り締まる警察)に目をつけられます。
門倉は、ひそかに水田の妻・たみに思いを寄せますが、それを明らかにすることはありませんでした。水田との友情が大事だからです。
たみも門倉の思いに気づきますが、知らない振りを装います。
水田は門倉の影響で芸者遊びをするようになり、まり奴に夢中になりました。門倉はそんな水田を心配して、制するためにまり奴を横取りします。

【転】- あ・うんのあらすじ3

たみへの思いが高まる門倉は、それを絶ち切ろうと考えました。
そしてある日、料亭で水田に酔った勢いで喧嘩を売り、絶縁します。門倉と水田が絶縁すれば、門倉はたみに会わずに済むと考えたのでした。
日本は南京攻略を果たし、東京は祝賀ムードに湧いています。
水田がジャワ支店長として海外赴任することになりました。
それを知った門倉は、絶縁中にもかかわらず雪の中、水田家を訪れました。水田はまだ門倉に怒っていますが、たみとさと子がなだめます。
たみは水田についてジャワに行くつもりですが、さと子は日本に残ると主張しました。

【結】- あ・うんのあらすじ4

その折、石川が召集令状を持って水田家を訪問しました。石川は懲罰的に徴兵されたのです。
石川を追って外に出たさと子に、門倉は「今夜は帰らなくてもいい。責任はおじさんが取る」と言いました。
酒を酌み交わしながら、門倉は水田に「特高ににらまれて徴兵された者で、生きて帰った人物はいない」とつぶやきます。
門倉と水田はその後、黙って酒を酌み交わします。
やがて門倉も水田も酔い潰れ、ちゃぶ台の横で寝入りました。それを見ながら、たみは「ジャワには行けない。門倉さんの行く場所がなくなる」とつぶやきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「あ・うん」の商品はこちら