「うさぎドロップ」のネタバレあらすじ結末

うさぎドロップの紹介:2011年公開の日本映画。宇仁田ゆみの同名コミックを実写映画化。祖父の隠し子を引き取った独身イクメンの奮闘を、史上最年少で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した芦田愛菜と松山ケンイチが演じる。

この映画を無料で観る

予告動画

うさぎドロップの主な出演者

河地大吉(松山ケンイチ)、コウキママ(香里奈)、鹿賀りん(芦田愛菜)、二谷コウキ(佐藤瑠生亮)、河地カズミ(桐谷美玲)、ユキ(池脇千鶴)、大吉の母(風吹ジュン)、大吉の父(中村梅雀)

うさぎドロップのネタバレあらすじ

【起】- うさぎドロップのあらすじ1

河地大吉は27歳の平凡な会社員です。彼女はいません。
祖父の葬儀のために久しぶりに訪れた祖父の家で、大吉は見知らぬ6歳の少女と出会いました。
その少女・りんは、なんと祖父の隠し子で、りんの存在をその日まで知らなかった親族一同は、りんの扱いに困ります。
精進落としの席でも、親族は誰もりんを引き取ると言い出さず、施設に預けようというのが一族の意見でした。
自分勝手な言い分に怒った大吉は、勢いで自分が引き取って育てると親族の前で宣言します。
21歳も年下の叔母に当たるりんと、大吉との生活が始まりました。大吉の母は、大吉がきちんと育児できるか心配です。

【承】- うさぎドロップのあらすじ2

幼稚園の保母をする大吉の妹・カズミは、大吉にいろんなアドバイスを与えました。大吉は早速助言どおり保育園を探します。
りんの保育園の送迎に苦労した大吉は、同僚のユキのすすめで残業のない部署への異動を希望しました。配送センターの部署に回った大吉は、そこで同じように育児をしながら働く男性と仲間になります。
りんが預かってもらっているのは、あくまで臨時措置の「緊急保育」でした。一定期間を過ぎると改めて保育園を探さねばなりません。
慌ただしく新しい保育園を探した大吉は、祖父の家からりんのものを取りに行きました。
りんの買い物をしたついでに、大吉はりんに黒いうさぎのぬいぐるみを買い与えます。

【転】- うさぎドロップのあらすじ3

新しい環境に身を置いたストレスからか、りんがおねしょをし始めました。りんは恥ずかしい気持ちもあって、汗をかいたと否定します。大吉は頭を抱えました。
その頃、りんに新しい保育園でコウキという友だちができました。コウキも片親の母子家庭です。コウキママも大吉にさまざまな助言をくれ、大吉はコウキママに仄かな恋心を抱きました。
りんとコウキが仲良くなるにつれ、大吉とコウキママが接する機会も増えます。
ところで大吉はりんの実母を見つけました。祖父の家にあった母子手帳にメモされたURLを入力すると、ある漫画家のサイトが表示されました。それがりんの母でした。
大吉はりんを自分の両親に預け、会いに行きました。 この映画を無料で観る

【結】- うさぎドロップのあらすじ4

りんの母は祖父の家に家政婦として出入りしていました。恋人との間にできた子どもを堕胎しようと決めたのを、止めたのが祖父です。祖父とりんに血縁関係はありませんでした。
しかしりんの実母はりんに無関心で、大吉が立腹しながら帰宅すると、その間にりんは大吉の両親やカズミと打ち解けていました。
りんとコウキが保育園を抜けだし、大吉とコウキママは慌てながらも、むやみに動かず帰りを待つことにします。
りんとコウキは、コウキの記憶をたよりに、亡き父の墓参りに出かけていました。2人は無事に墓参りを果たし、帰宅します。大吉はりんを抱きしめました。
後日、保育園でお遊戯会が開かれ、舞台に立つりんの姿を大吉は見ました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「うさぎドロップ」の商品はこちら