「ええじゃないか」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ええじゃないかの紹介:1981年公開の日本映画。江戸時代末期に発生した「ええじゃないか」騒動や百姓一揆など、騒然とした世相を背景に江戸東両国界隈に生きた下層庶民の、バイタリティ溢れる生活を描く。

予告動画

ええじゃないかの主な出演者

イネ(桃井かおり)、源次(泉谷しげる)、古川条理(緒形拳)、金蔵(露口茂)、イトマン(草刈正雄)、三次(樋浦勉)、ゴン(丹古母鬼馬二)、孫七(火野正平)

ええじゃないかのネタバレあらすじ

【起】- ええじゃないかのあらすじ1

慶応2年(1866年)の日本は江戸時代の末期で、激動の時代でした。
源次は江戸へ6年振りに帰ってきます。実は源次はそれ以前はメリケン(アメリカ)にいました。
上州(じょうしゅう 現在の群馬県前橋市)で農家の出身の源次は、横浜の沖合で生糸を運ぶ仕事で舟を出したところ、漂流してしまったのです。
その後メリケンの船に救出された源次は、メリケンに渡って暮らした後、やっと帰国したのでした。

【承】- ええじゃないかのあらすじ2

江戸に帰り着いた源次が妻・イネを探したところ、イネは東両国にある『それふけ小屋(ストリップ小屋)』で働いていました。
イネと6年振りの再会をした源次は、そのまま東両国に住み始めます。
一時は楽しく暮らしていた源次ですが、自由な気風のメリケンのことが忘れられませんでした。
メリケンに市民権を持つ源次は、メリケンに渡って一緒に暮らそうと、イネを誘います。しかしイネは乗り気ではありません。

【転】- ええじゃないかのあらすじ3

2人は百姓をしようと上州に戻りますが、故郷の百姓仲間に騙されて、怒った源次は村の庄屋を刺してしまいました。源次とイネは追われる身となります。
源次とイネは再び東両国に戻りました。
ところで、この時代は江戸幕府を倒そうという動きがあり、薩摩藩と長州藩の対立も目に見えて悪化していました。
世の中では、仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」と連呼しながら、集団で町々を巡れば、天から御札(神符)が降ってくるという噂が、まことしやかに流れます。

【結】- ええじゃないかのあらすじ4

(世直しを訴える民衆運動だという説と、討幕派が国内を混乱させるために引き起こした陽動作戦だったという説と、両方ある)
東両国で幅を利かせていた金蔵は、薩摩藩の手先となり、一揆を仕組んだり、ええじゃないか運動の先陣を切ったりしていました。
東両国に戻った源次とイネも、ええじゃないか騒動に加わって、江戸城に向かいます。
大橋を渡ろうとした時、騒動を収めるために、幕府の役人たちが民衆を銃撃します。先頭にいた源次は銃弾に倒れました。
イネは源次が倒れた土に頬ずりします。
その翌年、大政奉還があり、時代は明治になったのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ええじゃないか」の商品はこちら