「おくりびと」のネタバレあらすじ結末

おくりびとの紹介:2008年制作の日本映画。滝田洋二郎・監督。第81回アカデミー賞外国語映画賞および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。一般に知られていない納棺師の仕事に焦点を当て、芸術性の高い作品に仕上げている。

この映画を無料で観る

予告動画

おくりびとの主な出演者

小林大悟(本木雅弘)、小林美香(広末涼子)、佐々木生栄(山崎努)、上村百合子(余貴美子)、山下ツヤ子(吉行和子)、平田正吉(笹野高史)、山下(杉本哲太)、山下理恵(橘ゆかり)、小林淑希(峰岸徹)

おくりびとのネタバレあらすじ

【起】- おくりびとのあらすじ1

山下大悟はプロのチェロ奏者です。大悟は東京の管弦楽団に所属しましたが、楽団はすぐに解散に追い込まれてしまいました。失業してしまった大悟は、妻の美香を連れて故郷である山形に戻ります。山形には2年前に他界した大悟の母が残した一軒家がありました。母は昔、その家で喫茶店を営んでいましたが、その店のウエイトレスと大悟の父が駆け落ちをしていなくなってしまい、母はその後、店を居酒屋に代えて女手一つで大悟を育ててくれたのです。大悟は山形で新たな職を探し始めました。ある日大悟は、新聞広告に「旅のお手伝い」と書かれたNKエージェントの求人広告を見つけます。勤務先は旅行代理店だと思って、大悟は面接に出かけました。

【承】- おくりびとのあらすじ2

社長・佐々木は大悟に会うと、履歴書もろくに見ずに採用を決めます。なんとその会社名はNK(納棺、のうかん、NoKan)からきていて、旅は旅でも死出の旅へのお手伝いだったのでした。帰宅した大悟は後ろめたさから美香に「冠婚葬祭の仕事」とごまかしたため、結婚式場での仕事だと勘違いされます。初仕事はDVDマニュアルの遺体役、現場デビューは死後2週間が経過した高齢女性の遺体を扱うことになり、大悟は散々な目に遭いました。しかし佐々木の仕事ぶりを見ているうちに、大悟の心境も変化していきます。納棺師の仕事は悪いことばかりではありませんでした。

【転】- おくりびとのあらすじ3

亡くなったご遺体とご遺族がはぐくんできた愛情を垣間見ることができる「おくりびと」の仕事に、大悟も徐々に魅力を感じていきます。しかし馴染みの銭湯の息子であり同級生の山下からは「もっとましな仕事に就け」と言われ、また美香にも仕事内容が知られ、仕事を辞めるよう迫られました。おくりびとの仕事の重要性が分かった大悟は美香の要求を呑めず、美香は実家に戻ってしまいます。それでもひとり、大悟はおくりびとになるべく佐々木の下で黙々と修業を続けました。大悟の思いを知らない美香は、ある日戻ってきて妊娠を告げ、生まれてくる子どものためにも今の仕事を辞めてくれと再度懇願します。 この映画を無料で観る

【結】- おくりびとのあらすじ4

大悟と美香が揉めているとき電話がありました。馴染みの銭湯の主・ツヤ子が亡くなったのです。通夜の席で大悟は納棺師としての務めを立派に果たしました。そしてそれを見た美香と山下は、納棺師に対して自分たちが偏見を持っていたことに気づき、反省します。美香はもう転職を言わなくなり、山下と大悟は和解しました。その後、大悟の家に訃報がもたらされます。母と大悟を捨てた父が老人ホームで亡くなったという知らせでした。父に屈託を持つ大悟ですが、美香の勧めもあり出かけていきます。そこで父との思い出の石を見つけた大悟は父の愛を感じ取り、納棺師として立派に父を送りだしました。

みんなの感想

ライターの感想

アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画ですが、その裏には、映画製作に対する俳優、本木雅弘の並々ならぬ作品への情熱がありました。「納棺夫日記」という本が原作となっているのですが、この本を読んで感銘を受けた本木が、自ら、作者に映画化を頼み込みます。
最初は映画化を拒否されますが、何度も作者にお願いに行き、全く別の作品としてならということで映画化が許可され、おくりびとという別のタイトルで映画化されることになりました。納棺師の役を演じるにあたっても、実際に納棺を行う納棺師から話を聞いたり、納棺のトレーニングを受けるなど、徹底的な役作りをしています。
こうした作品への強い思いがあったからこそ、アカデミー賞を受賞するほどの作品に仕上がったのだといえます。

映画の感想を投稿する

映画「おくりびと」の商品はこちら

「おくりびと」オリジナルサウンドトラック