「お盆の弟」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

お盆の弟の紹介:「キャッチボール屋」で第16回日本映画批評家大賞新人監督賞を獲得した大崎章監督による10年ぶりの新作。「百円の恋」でブレイクした脚本家・足立紳と再びタッグを組み、渋川清彦や光石研ら実力派俳優を迎えて、四十路を前にして崖っぷち男の再生物語を全編モノクロームで描いた。

お盆の弟の主な出演者

渡辺孝(渋川清彦)、渡辺優(光石研)、孝の妻(渡辺真紀子)、藤村(岡田浩暉)、涼子(河井青葉)、藤村の彼女(後藤ユウミ)、プロデューサー(田中要次)

お盆の弟のネタバレあらすじ

【起】- お盆の弟のあらすじ1

もうすぐ不惑の年を迎える渡辺孝は売れない映画監督です。
兄・優が大腸がんになり、看病のために群馬の実家に転がり込んでいます。神社でお祈りしたり、料理したり、すっかり主夫が板についていますが、優が退院して2ヶ月経つのに妻子のいる東京に帰ろうとしません。
そんな弟を優は心配半分、情けなさ半分で見ています。実は孝は妻に愛想をつかされ、別居を言い渡されていました。
よりを戻すため、新作の脚本を書けと悪友の藤村のケツを叩いてみるものの、藤村は結婚相談所で知り合った彼女に夢中で上の空。
40歳で初めてできた彼女を逃すまいと、焼きまんじゅう屋なのに高校教師とウソまでついています。
そして、さらにいい顔をしようと、彼女が親友のために企画した合コンに孝をバツイチと偽って連れて行くのでしいた。

【承】- お盆の弟のあらすじ2

合コンに現れたのはタウン誌の記者をしている涼子。
美人で性格もよさそうで、涼子みたいな人がふさぎ込みがちな兄と付き合ってくれたら、と孝は涼子と頻繁に会うようになります。
一方、妻との関係は冷え切ったままで、電話がかかってきたと思えば、用事があるから娘を預かってほしいというお願いでした。
妻はファイナンシャルプランナーの勉強を始め、着々と新しい人生のステップを歩んでいる様子。ついに孝は離婚を切り出されます。
一発逆転をかけ、新作の脚本を知り合いの映画プロデューサーに見せるも、結果は惨敗。
孝はやけ酒をあおった勢いで涼子に妻子がいることをばらしてしまい、本気で孝を好きになっていた涼子から強烈なビンタをくらうはめになります。

【転】- お盆の弟のあらすじ3

孝がばらしたことで、自分のウソもばれると藤村は大焦り。良縁成就のお礼参りに出雲大社に出かけた彼女を追いかけていきます。
孝は妻から再び娘を預かってくれと頼まれますが、缶ビールを飲んで目を離したすきに娘は公園の遊具から落ちて大けがをしてしまいます。
病院に駆け付けた妻は孝の酒臭さに気づき、「娘の父親でいたい」と追いすがる孝に対し、「あなたは状況が変わるのが怖いだけ」と突き放します。
ようやくもうどうにもならないと悟り、孝は離婚届のペンを取るのでした。
そこに出雲大社から藤村が戻ってきて、なんと藤村は彼女にすべてを話した結果、タコ殴りにされたものの結婚することに決まったといいます。
藤村は婚姻届の保証人を孝に頼み、孝は離婚届と婚姻届を同時に書くことになりました。

【結】- お盆の弟のあらすじ4

離婚届を妻に郵送し、本当のバツイチになった孝に涼子から電話がかかってきます。
涼子は「自分もウソをついていた」と話し、乳がんを患って乳房を片方摘出したことを明かしました。
同じ元がん患者だから優の気持ちがわかるという涼子を、孝は優と引き合わせ、2人はめでたくスピード結婚。
藤村も彼女と一緒に焼きまんじゅう屋を切り盛りし、新しい生活を始めました。
それでも孝は相変わらず新たな映画の企画を提案しますが、藤村は「俺じゃなくてもっと才能ある奴と組め」とコンビ解消を告げます。
居心地はいいけれど、もうぬるま湯に浸かってちゃダメだ——。藤村の思いを受け止めた孝は、決別を決意します。
親友も兄も妻も、もういません。ひとりになった孝はお盆に墓参りに出かけ、両親の墓前で「映画を撮る」と心に誓うのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する