「きな子~見習い警察犬の物語~」のネタバレあらすじ結末

きな子~見習い警察犬の物語~の紹介:2010年公開の日本映画。警察犬試験に何度も失敗している見習い警察犬きな子と、見習い訓練士・杏子の成長物語。きな子は香川県丸亀警察犬訓練所に実際に所属している「ズッコケ見習い警察犬」をモデルとしている。

この映画を無料で観る

予告動画

きな子~見習い警察犬の物語~の主な出演者

望月杏子(夏帆)、番場晴二郎(寺脇康文)、番場詩子(戸田菜穂)、田代渉(山本裕典)、望月遼一(遠藤憲一)、望月園子(浅田美代子)、桜庭崇(平田満)、番場圭太(広田亮平)、番場新奈(大野百花)、地元テレビ局報道局長(板東英二)

きな子~見習い警察犬の物語~のネタバレあらすじ

【起】- きな子~見習い警察犬の物語~のあらすじ1

香川県丸亀市の外れに住む杏子は、警察犬訓練士の父・遼一と警察犬・エルフの活躍を見て育ちました。
遼一の死後、杏子は亡き父のような警察犬訓練士になることを夢見ます。
番場警察犬訓練所に入所した杏子は、所長である晴二郎、妻・詩子、料理が好きな長男・圭太と、生意気な長女・新奈の家に住みました。杏子のほかに優秀な先輩の訓練士・田代もいました。
杏子は見習い訓練士として、犬のケージ掃除や糞の片付け、餌やりを担当します。
杏子は「きょうこ」という名前なのですが、皆から「あんこ」と呼ばれました。
犬の世話に追われる杏子は、生後間もないラブラドール・レトリーバー「きな子」と出会います。 この映画を無料で観る

【承】- きな子~見習い警察犬の物語~のあらすじ2

きな子は体が弱く、警察犬に向いていないと言われました。
エルフと容貌の似たきな子に情を移した杏子は、番場に「自分が警察犬に育てる」と宣言します。そして世話の合間にきな子と杏子の訓練が始まりました。
その頃、先輩の田代が訓練所から去ります。田代は訓練士として優秀でしたが、実家のうどん屋を継ぐために夢を諦めねばなりませんでした。田代は杏子に自分が書き記したノートを渡して、杏子に夢を託します。
杏子ときな子が訓練発表会に出場することになりました。その場できな子は、障害物競技で顔から転落する大失態を演じます。
これがテレビ放送され、きな子は「ずっこけ見習い犬」として有名になりました。

【転】- きな子~見習い警察犬の物語~のあらすじ3

特訓を重ねた杏子ときな子は警察犬試験に臨みますが、きな子は失格になります。きな子を叱責する杏子の前で、きな子が倒れました。杏子は訓練に夢中なあまり、元々体の弱いきな子を無理に動かせていたのです。
番場にそれを指摘された杏子は、自分は訓練士として向いていないと考え、訓練所を辞めました。
人気の出たきな子はPR犬として活躍します。杏子はテレビで見ながら、きな子にとってそれが最も幸福な道だと思っていました。
ところが実際はそうではありませんでした。きな子はずっと杏子の帰りを待っていました。それをそばで見て知る新奈が、ある日きな子を連れて杏子の家に向かいます。

【結】- きな子~見習い警察犬の物語~のあらすじ4

しかし折悪しく雷雨が一帯を襲いました。新奈は森に滑り落ちて、足を挫いてしまいます。絶体絶命のピンチでした。
その頃番場家では新奈の不在に気づいた詩子が、杏子に電話をかけます。杏子は心配で新奈の捜索に出ました。
どこを探したらよいか戸惑う杏子の前にきな子が現れ、新奈のもとまで道案内しました。
番場率いる本物の警察犬たちが到着したとき、新奈と杏子、きな子は寄り添って眠っていました。
杏子はきな子との絆を信じて、再び訓練所に戻ります。そしてきな子とともに、今度こそ成功を信じて警察犬試験に臨みました。
(嗅覚のテストをするところで映画は終わっています。合否は明らかになっていません)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「きな子~見習い警察犬の物語~」の商品はこちら