「くちびるに歌を」のネタバレあらすじ結末

くちびるに歌をの紹介:2015年公開の日本映画。アンジェラ・アキの歌「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」から着想を得た同名小説を、新垣結衣主演で映画化した人間ドラマ。中学生たちのみずみずしい青春劇を映し出す。

予告動画

くちびるに歌をの主な出演者

柏木ユリ(新垣結衣)、松山ハルコ(木村文乃)、塚本哲男(桐谷健太)、仲村ナズナ(恒松祐里)、桑原サトル(下田翔大)、向井ケイスケ(佐藤勇斗)、桑原アキオ(渡辺大知)、仲村祐樹(眞島秀和)、桑原照子(木村多江)、桑原幸一(小木茂光)、仲村キヨ(角替和枝)、仲村静流(石田ひかり)

くちびるに歌をのネタバレあらすじ

【起】- くちびるに歌をのあらすじ1

親友の松山ハルコが産休を取り、東京から柏木ユリが、長崎県五島列島の中五島中学へ音楽臨時教師として赴任します。
美人でピアニストのユリの登場で、生徒たちはどよめきました。ユリは合唱部の顧問を引き受けます。
女子生徒ばかりの合唱部が新入部員勧誘のため、中庭で合唱パフォーマンスをしました。結果、ユリ目当てで男子生徒が入部します。
女子生徒ばかりの部に男子6人が入ったので、合唱部は混乱しました。
中五島中学合唱部が、全国コンクールへ混成で出場することになります。課題曲は『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』という曲です。
ユリは部員たちに歌詞を理解するため、15年後の自分に宛てて手紙を書くように指示しました。

【承】- くちびるに歌をのあらすじ2

やる気を見せない男子たちに、ナズナは逃げた自分の父・祐樹をひきあいに出してなじりました。それに怒った男子生徒たちは、一気に団結力を高めました。
サトルを中心に男子は練習しますが、練習で帰りが遅くなり、水産会社に勤める自閉症の兄・アキオの迎えができませんでした。結果、アキオは島を徘徊し、サトルは父に叱られます。
退部しろと言った父・幸一を説得したのは、母・照子でした。
ナズナの母は他界し、父・祐樹は家族を捨てて家を出ていました。その父が戻ってきますが、目当ては祖母・キヨの金でした。ナズナは再び傷つきます。
合唱部の顧問となって以降も、ピアニストだったはずのユリはピアノを弾こうとしませんでした。

【転】- くちびるに歌をのあらすじ3

実はユリはコンサート直前に婚約者が死んだ知らせを受け、演奏をボイコットした過去がありました。以来、ピアノを弾けなくなったユリは、ピアノから遠ざかります。
しかしナズナと心を通わせたユリは、ピアノを弾けるようになりました。
合唱部のみんなは、一丸となってコンクールへの練習を重ねます。
コンクール当日、緊張するみんなの元へ一本の電話が入りました。ユリの親友で合唱部の顧問だった産休の松山ハルコが緊急入院したという知らせです。ハルコはコンクールを見に来る予定でした。
部員たちに動揺が走り、リハーサルができないまま本番を迎えます。
部員たちは携帯電話を使って、分娩室にいるハルコに歌声を届けました。

【結】- くちびるに歌をのあらすじ4

みんなは必死で歌いますが、全国大会への出場は逃します。
コンクールの後、ナズナはピアノで「長めのド♯」ふたつを弾きます。「汽笛はド♯、長く2回伸ばすと『進め!進め!』という意味」と、生前の母・静流の言葉を思い出しながら。
その時、母の言葉と全く同じことを話す人がいました。サトルの自閉症の兄・アキオです。アキオはナズナ親娘の会話を聞いて覚えていたのでした。
婚約者の死をふっきったユリは船で島を去ります。そのユリを、赤ん坊を抱いたハルコや部員たちが、見送りに来ました。
ユリは対岸の人たちに、大きく手を振りました…(エンディング「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の曲)。

みんなの感想

  • 匿名さんの感想

    ガッキー可愛いかった〜!!

  • 匿名さんの感想

    初めて感動した映画。

  • hknmstさんの感想

    「婚約者が死んだ知らせを受け、演奏をボイコットした過去がありました。」と書かれていますが「演奏をキャンセルした」のでは?

    ボイコットとは政治的な目的をもって集団で不買・不投票・議会への不参加などをすることです。

  • りんかloveさんの感想

    とても良かったです。
    分かりやすかったです。

  • くるみさんの感想

    涙が出ました!

映画の感想を投稿する

映画「くちびるに歌を」の商品はこちら