「ぐるりのこと」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ぐるりのことの紹介:橋口亮輔監督・脚本によるヒューマンドラマ。主演の木村多江、リリー・フランキーは、本作品で映画初主演を務めた。日本公開は2008年。

この映画を無料で観る

ぐるりのことの主な出演者

佐藤翔子(木村多江)、佐藤カナオ(リリー・フランキー)、吉田波子(倍賞美津子)、吉田勝利(寺島進)、吉田雅子(安藤玉恵)、安田邦正(柄本明)、吉住栄一(寺田農)、諸井康文(八嶋智人)

ぐるりのことのネタバレあらすじ

【起】- ぐるりのことのあらすじ1

1993年7月、靴の修理屋で働く女好きの夫・カナオと、小さな出版社に勤めるしっかり者の妻・翔子は、第一子の誕生を控えていました。
夫婦の部屋のカレンダーには、毎月数箇所に「×」の書き込みがあります。これは翔子が決めた週に3回の夫婦の「する日」の印で、あるときのする日にカナオの帰宅が遅れ、翔子は浮気を疑います。カナオはテレビ会社に勤める先輩からの紹介で、法廷画家の仕事を引き受けてきたのでした。すねた様子で翔子が寝室に行くと、カナオはぼやきながらも渋々寝室に入ります。
2人は式を挙げないまま結婚していました。翔子の父はその昔愛人を作って母の波子を捨て、名古屋で暮らしていました。兄の勝利は不動産屋で、若妻の雅子と2人の息子と暮らしています。翔子の家族はどこか頼りないカナオに不安を感じていましたが、彼は法廷画家の仕事に戸惑いながらも、次第に要領を掴んでいきます。 この映画を無料で観る

【承】- ぐるりのことのあらすじ2

1994年2月、夫婦が暮らす部屋には子どもの位牌と飴玉が置かれていました。子どもを流産した翔子は、悲しみから少しずつ精神を病んでいきます。翌年翔子は子どもを身籠るものの、カナオに相談せずに産婦人科で中絶手術を受けます。
そんな翔子を静かに見守るカナオは、法廷画家として法廷に通ううちに、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件、地下鉄サリン事件などの数々の凶悪事件の公判を傍聴します。カナオは安田をはじめとするクセの強い先輩たちの中にも溶け込んでいきます。
やがて2人の部屋のカレンダーから「×」の印が消えます。独断で中絶手術を受けた翔子は、カナオへの罪悪感からさらに追い詰められていき、仕事上でもトラブルが重なります。

【転】- ぐるりのことのあらすじ3

1997年10月、翔子は仕事を退職して心療内科に通うようになります。ある日実家に帰省した翔子は、兄嫁の雅子から身内に精神科に通院している者がいると、息子の進学に影響するため迷惑だと邪険にされます。
法廷画家の仕事もすっかり板に付いたカナオが、台風のある夜に帰宅すると、風雨が吹き込む真っ暗な部屋で翔子がびしょ濡れになって座っていました。翔子はカナオに黙って中絶したことを告白します。カナオは子どもを失ったことを残念だと話し、翔子は「私が死んだら悲しい?」と問いかけます。
取り乱した翔子は、カナオを泣きながら何度も殴りつけ、何故自分と一緒にいるのかと尋ねます。カナオは「好きだから一緒にいたい」と語り、彼女を優しく抱きしめます。この夜をきっかけに、2人の間で固まっていた空気が徐々に動き出します。

【結】- ぐるりのことのあらすじ4

その翌年から翔子は寺に通うようになり、次第に精神も安定していきます。ある日、僧侶から天井画の作成を依頼され、翔子は久しぶりに絵筆をとります。彼女もカナオと同様に、かつては画家の道を志していました。翔子は格子の1つ1つを埋めるように、たくさんの花の絵を描いていきます。
ある日、翔子は父が末期ガンに犯されていると知らされます。勝利から様子を見てくるように頼まれた翔子は、カナオと共に名古屋に向かいます。結果を報告しに実家に行くと、実は父を裏切ったのは母の波子だったことを聞かされます。カナオは波子に満面の笑みを浮かべた翔子の父の似顔絵を見せます。
2001年7月、寺の天井画が完成します。2人は手をつないで並んで寝転がり、完成した天井画を見上げます。そして夫婦の部屋に、名古屋の結婚式場の金屏風の前で撮影した記念写真が飾られる場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ぐるりのこと」の商品はこちら