「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~の紹介:2011年公開の日本映画。秋本治の長寿コミックを原作とし、TBS系列で放送されたテレビドラマ版のキャストで、破天荒な警官・両津勘吉が繰り広げる騒動を描く。

この映画を無料で観る

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~の主な出演者

両津勘吉(香取慎吾)、秋本・カトリーヌ・麗子(香里奈)、中川圭一(速水もこみち)、大原大次郎(伊武雅刀)、沢村桃子(深田恭子)、沢村ユイ(川島鈴遥)、島崎光男(谷原章介)、黒木警視正(沢村一樹)、城山警察庁長官(夏八木勲)、横田泰三(平田満)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~のネタバレあらすじ

【起】- こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~のあらすじ1

両津勘吉は、葛飾区亀有公園前派出所勤務の巡査長です。両津の行動は破天荒で問題がありますが、地域住民から愛されていました。給料日の翌日には、たまったツケの支払いを求める商店街の店主たちに囲まれます。
ある日、両津は小学校時代の同級生で、旅芸人の座長の子だった女の子・桃子と再会しました。
両津は桃子に「うそつき勘吉」と呼ばれました。友人のいない桃子の気持ちを盛り立てようと、両津があることないこと調子に乗って言ったからです。
別れの時も「勝どき橋は真ん中で『ぱかーっ』と割れる」という言葉も信じてもらえません。
桃子は小学生の娘・ユイを持つシングルマザーで、ユイの父とは籍も入れず別れたそうです。

【承】- こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~のあらすじ2

再会に浮かれた両津は一座に張りつき、小道具や演出の手伝いをしました。あっという間に座員たちと仲良くなった両津は、勝手に桃子との結婚を夢見始めます。
警察庁長官・城山の孫娘・アヤカが誘拐される事件が起きます。身代金2億円を要求する犯人からの電話もあり、大規模な捜査本部が立ちあげられました。
アヤカが消えた公園の監視カメラの映像解析で、犯人はユイの父・島崎光男と判明します。
ユイが帰宅しないと桃子から連絡がありました。
迷子が発見されます。見つかったのはユイの格好をしたアヤカでした。アヤカとユイはいたずらで、洋服を交換していました。誤って、アヤカの格好をしたユイが誘拐されたのです。

【転】- こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~のあらすじ3

捜査規模の縮小を指示する黒木警視正を見て腹を立てた両津は、馴染みの記者にネタばらしの電話をしようとし、両津の後輩・中川はテレビ局を買収しようとしました。黒木警視正は慌てて元の規模に戻します。
問題の公園に交通安全のワッペンの落とし物があり、両津は学童擁護員(通学路上に立ち、児童の登校時の安全を確保する人)の横田泰三も共犯だと知りました。島崎と横田2人の犯行です。
横田は城山長官に恨みがありました。35年前工場を経営していた横田は、麻薬取引の容疑で城山に誤認逮捕され、工場経営は破綻し、離婚、一家離散に陥りました。
身代金受け渡しの前、横田は島崎を殴って監禁し、自分ひとりで罪を背負おうとします。 この映画を無料で観る

【結】- こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~のあらすじ4

受け渡しは勝どき橋ですが、都知事が捕まらず封鎖ができません。横田は両津を身代金運び人に指名し、ヘリで川下に向かわせました。
「横断中」の旗が貼られた屋形船があり、両津はその屋根に降ります。船には爆弾が搭載されています。
横田は両津に手柄を立てさせた後、自爆するつもりでした。それを悟った両津は、ユイを救出した後に横田の元に向かい、助けます。城山長官は横田の前で謝罪しました。事件は解決します。
両津は桃子に正直になれと言い、桃子は島崎と復縁します。
褒賞金を出すという城山に、両津は代わりに勝どき橋の可動を依頼しました。
葛飾を去る桃子とユイは、勝どき橋が割れて上がるのを見ました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」の商品はこちら

「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~」と同じカテゴリの映画