「さよなら渓谷」のネタバレあらすじ結末

さよなら渓谷の紹介:2013年公開の日本映画。隣人の殺人事件に夫が関与したと妻が告発して、記者が夫妻の過去を探っていく姿を描いた作品。吉田修一の小説が原作。モスクワ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。監督は「まほろ駅前多田便利軒」の大森立嗣。弟で「ハゲタカ」で主演を務めた大森南朋も出演。主演は「脳内ポイズンベリー」の真木よう子。主題歌は椎名林檎が書き下ろした「幸先坂」で、主演の真木よう子が歌を務めた。

予告動画

さよなら渓谷の主な出演者

尾崎かなこ(真木よう子)、尾崎俊介(大西信満)、小林杏奈(鈴木杏)、渡辺の妻(鶴田真由)、渡辺一彦(大森南朋)

さよなら渓谷のネタバレあらすじ

【起】- さよなら渓谷のあらすじ1

都会から離れた渓谷のアパートで、尾崎夫妻は愛し合っています。隣で仲良くしていた立花里美にマスコミが殺到しています。
理由は里美が幼い息子を殺してしまったからです。マスコミにもみくちゃにされながら、里美は警察へと連れて行かれます。
里美の取材に来ていた記者の渡辺一彦は、後輩に仕事を頼んで帰宅します。妻との関係はうまくいってなくて、口論が絶えません。
ある日、警察が里美と尾崎俊介に男女の関係があったと取り調べを始めます。邪魔になった男児を殺したのだと言う警察でしたが、俊介は何の関係もないと話します。
その話しを聞いた一彦は、俊介の過去を調べ始めます。後輩が入手した履歴書から、彼の高校名と大学を中退している事を知ります。
学校に行って名簿を見てみると、彼は優秀選手として表彰されていました。大学を卒業する半年前に中退していて、その後の就職先の証券会社を訪ねます。
俊介をコネで入社させてあげた先輩と一彦は接触することができます。彼から俊介がレイプ事件を起こしていることを聞きます。

【承】- さよなら渓谷のあらすじ2

一彦は自分が運動系だったこともあって、俊介に肩入れしています。後輩から俊介がレイプした女性のその後の人生を聞いて、自分の考えに疑問を思い始めます。
その女性は水谷夏美と言い、就職先で知り合った男性と結婚しようとします。しかし、相手の親から調べられて、過去の事件がバレてしまい、破断になってしまいます。
しかも事件を言いふらされて噂になり、会社も退職することになります。次の就職先で知り合った男性と結婚しますが、暴力を振るわれて自殺未遂をして入院します。
尾崎かなこは、夫の俊介と里美が男女の関係だったと警察に証言します。かなこが言ったことだと知った俊介は、黙秘を続けて留置所に拘留されます。
一彦は、俊介の大学時代の後輩に話しを聞きに行きます。彼は俊介と一緒にキャバクラに行って、レイプ事件の事を言いふらしていました。株を買ってもらった事もあって、俊介は何も言えませんでした。
後輩から水谷夏美の情報を聞く一彦でした。自殺未遂をして行方不明になっていましたが、他の男性と楽しそうに歩いていたのを見た人がいたのです。
その男性が俊介だと一彦は気づきます。尾崎かなこは水谷夏美だったのです。

【転】- さよなら渓谷のあらすじ3

俊介は、入院している夏美に手紙を届けていました。自殺未遂をした夏美は俊介に連絡します。
手紙には何でもすると書かれていました。俊介は罪を償いたかったのです。
夏美を発見して俊介は後を追いかけます。彼女はついてくるなと言いますが、そうはいきませんでした。
電車に乗って遠くまでやってきます。民宿に泊まることにして、名前を書く欄に夏美は「かなこ」と書きます。
かなこは、夏美がレイプされた時に先に帰った女の子の名前でした。
翌日も歩き続ける夏美を俊介は追いかけます。食事をした後、橋の上から夏美が下を見ています。落ちないか心配する俊介でした。
その後、渓谷を訪れて一緒に住むことにした二人でした。俊介は夏美に死ねと言われたら死ぬと約束して、二人はお互いに不幸になるため、一緒にいることにしたのです。
これらの事実を、かなこは一彦と彼の後輩にだけ話しました。一彦は俊介の記事に、かなこの事は書かないことにします。
かなこは証言を撤回して、里美も関係を否定します。一度は容疑を肯定したものの、俊介は家に帰ってきます。

【結】- さよなら渓谷のあらすじ4

帰ってきた俊介に、かなこは「おかえり」と言い、チャーハンを作ってあげます。その後、一緒に銭湯に行ってビールを飲みます。
渓谷の綺麗な景色の中、二人は歩いて帰って行きます。留置所に入ったのに何も言わない俊介に、かなこは問いかけます。
一彦は妻から離婚しないと言われます。俊介とかなこの話しを聞いていて、何かが変わった一彦でした。妻をギュッと抱きしめてあげます。
一彦は俊介の元を訪ねます。彼は好きな場所の渓流の側にいました。
俊介から、かなこが置手紙一つで出て行ったことを聞きます。置手紙には「さよなら」とだけしか書かれていませんでした。
俊介は幸せになれそうだったから、かなこは出て行ったと言います。一彦はそれで良いのかと問いかけます。
かなこを絶対に探し出すと言う俊介でした。最後に一彦が、事件があって、かなこと出会えた人生か、事件がなくて彼女と出会えなかった人生のどちらが良いか聞きます。
俊介が答えようとするとエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画で印象深かったのは、最後の終わり方です。俊介が一彦に、かなこと出会えた人生とそうでなかった人生のどちらが良かったか聞かれます。
答えようとした瞬間にエンディングが訪れて、見る側に想像力を与えてくれます。きっと、かなこと人生と出会えたことを選ぶと信じたいと思います。
注目して欲しいのは、主演の真木よう子の悲愴感あふれる演技です。撮影中は過酷だったと語っていて、その頑張りが伝わってきます。日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞を受賞しました。
渓谷の綺麗な景色を見ることができるのも今作の魅力です。渓流などの自然が幻想的に描かれていて素晴らしいと思いました。
この作品は事件の加害者と被害者が夫婦という異質な設定です。そんな夫婦の愛と憎しみが入り混じって描かれており、終始かもしだされる重く暗い雰囲気に、現実と非現実さの境界線が無くなりそうになります。
様々な魅力と異質な設定に、深い面白さを堪能できる作品ではないかと考えます。多数の賞を受賞していますし、楽しめる映画になっているのでお勧め致します。

映画の感想を投稿する

映画「さよなら渓谷」の商品はこちら