「しあわせのパン」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

しあわせのパンの紹介:2012年公開の日本映画。主題歌にもなった矢野顕子with忌野清志郎の「ひとつだけ」から着想を得て、三島有紀子が脚本を書き下ろし監督を務めた。全編オール北海道ロケで、大泉洋と原田知世が主役の夫婦を演じる。

予告動画

しあわせのパンの主な出演者

水縞りえ(原田知世)、水縞尚(大泉洋)、山下時生(平岡祐太)、齋藤香織(森カンナ)、未久(八木優希)、未久のパパ(光石研)、阪本アヤ(渡辺美佐子)、阪本史生(中村嘉葎雄)、郵便屋さん(本多力)、広川の奥さん(池谷のぶえ)、広川のだんなさん(中村靖日)、陽子さん(余貴美子)

しあわせのパンのネタバレあらすじ

【起】- しあわせのパンのあらすじ1

水縞尚とりえは夫婦です。尚とりえは、東京から北海道の洞爺湖のほとり・月浦に移り住み、湖が見える丘の上で2階建ての小さなロッジのパン屋さんを開きました。
尚がパンを焼いて、りえがそれに合うコーヒーを淹れたり料理を作ったりします。2階のロッジ部分にはお客さんを泊めることも可能です。
お店の名前は、りえの好きな童話『月とマーニ』からとって、〝マーニ〟といいます。
りえは頑張りすぎて疲れており、また家族も失った傷を負っていました。りえにとっての〝マーニ(大切な存在)〟がなくなったのを知った尚は、りえと結婚して店を開いたのです。
カフェは早速近所の評判になり、地元の人たちの憩いの場となりました。

【承】- しあわせのパンのあらすじ2

竃で薪を使って焼いたパンのほかに、自家菜園の野菜を使った料理も絶品で、1階のテーブル席の窓からは湖畔の景色が映え、日没後は月が輝きます。
遠方からも正面のバス停を利用して旅行客も来ました。
夏…。
香織がひとりで店にやってきました。香織は恋人に振られ、誕生日に行く予定だった沖縄旅行もドタキャンされ失意の底にいました。
しかし尚とりえのもてなしで、香織は少しずつ落ち込んだ気持ちを持ち直していきます。
地元から出られない青年・時生と、見栄っ張りの香織は最初互いを理解できませんが、少しずつ歩み寄っていき、夏の終わりに香織は時生と2人でマーニを去りました。

【転】- しあわせのパンのあらすじ3

秋…。
登校拒否の少女・未久がやってきました。尚とりえは、しゃべらない未久を優しくもてなします。
未久はママが家を出たのが淋しくて、パパとも上手に話すことができなくなりました。
パパと一緒に店に来てマーニで食事をします。パンを食べながら、未久は「パパと泣きたかった」と口を開きました。未久が再び話し始めた瞬間です。
パパと未久は1つのパンを2人で食べて、つらい気持ちを分け合いました。
冬…。
老人の阪本史生・アヤ夫婦が店のロッジに泊まりにきました。尚は電話で駅まで迎えに行きます。
阪本夫婦は50年前の新婚旅行の思い出の地を巡っていました。夫婦はかつて大地震に見舞われ、娘を失っていました。

【結】- しあわせのパンのあらすじ4

老いた現在、アヤは体を病に侵され絶望していましたが、マーニで過ごすことで元気を取り戻しました。
春…。
史生からアヤが亡くなった知らせをもらいます。でも史生自身はマーニで元気をもらったので、これからもがんばると書いていました。
りえはまだ時々悲しくなることがありますが、いつもそばに尚がいました。
りえは、自分にとっての大事な存在が尚であることに気づきます。尚は一番欲しいもの(りえ)を手に入れました。
尚とりえはお世話になった人たちに、お礼のパンを焼いて郵便屋さんに配達してもらいます。
その後、尚とりえの間に赤ちゃんが生まれました。

みんなの感想

ライターの感想

北海道の田舎町でパン屋を営む夫婦と、お客さんや町の人の話です。夏から冬にかけて3組の人生ドラマが続き、春には幸せがやってきます。
私は最初にくるひとり旅の女性の話が好きです。彼氏と沖縄に行く予定をドタキャンされ、1人で北海道へ。友達と電話して「楽しんでるよー」と嘘をついたり、原っぱで水着になって日焼けしてみたり、可愛い。失恋には新しい恋というベタな展開もほんわかしていていいです。森カンナの可愛さがよく出ているのと、平岡祐太の振り回される感じもたまらない。
この映画は、出てくるパンや料理がほっこりしていてとても美味しそうで、つい何度も見てしまいます。
  • ゆちさんの感想

    本当にこの映画が大好きです。心が寂しい時や癒されたい時に観ると元気が出ます。私も月浦に行きたいと何度も想いながら観ています。

映画の感想を投稿する

映画「しあわせのパン」の商品はこちら