「たこ焼きの詩」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

たこ焼きの詩の紹介:小さな団地で二人で暮らす母と娘。互いを思い合う親子の愛情物語。関西発の作品で、出演者やスタッフも関西出身者や関西を中心に活躍している面々が集った。2015年の全国公開作で、たこ焼きやジェネリック家電が劇中のキーポイントとなっている。

この映画を無料で観る

予告動画

たこ焼きの詩の主な出演者

澤田みほ(とみずみほ)、澤田花梨(古和咲紀)、オーナー(サニー・フランシス)、澤田敏行<父>(澤田敏行)

たこ焼きの詩のネタバレあらすじ

【起】- たこ焼きの詩のあらすじ1

父を亡くし母と二人で関西の小さな団地に住む花梨は、野球が大好きな中学生です。母のみほはインド人が経営するたこ焼き屋「やん」で働き、家計を支えていました。生活が楽ではない中、真夏のある日部屋のエアコンが壊れてしまいます。みほに「お金がないから我慢して」と言われた花梨は、呑気そうな笑顔の父の遺影に愚痴をこぼすのでした。
花梨は同級生から好きなバンドのDVDを貸してもらいます。感想を聞かせてとの友人の言葉に戸惑う花梨。なぜなら家にはDVDプレイヤーがないのです。
夕食時花梨はプレイヤーが欲しいと母にねだりますが、もちろんOKは出ません。毎晩夕飯に出されるたこ焼きに蛸が入っていないことも突いた花梨にみほは、幸せがいっぱい入っている“多幸焼き”だと弁明しました。「花梨と笑って一緒にたこ焼きが食べられたら充分幸せ」という母の言葉を聞いた花梨に笑顔が溢れます。貧しくとも二人は明るい親子なのです。 この映画を無料で観る

【承】- たこ焼きの詩のあらすじ2

花梨は担任教師に修学旅行の積立金が未提出であることを尋ねられます。忘れただけだとごまかす花梨でしたが、積立金のことを母に言えずにいるのでした。放課後、野球の練習に身が入っていない花梨の様子を見て案じた担任は、直接みほに連絡します。花梨の気遣いを知ったみほは、勤務時間を延ばして収入を増やす決意をしました。
「やん」にテレビの取材が入り、みほがたこ焼きを焼くシーンも放送されます。早速番組の視聴者で店は大混雑。みほは忙しさと鉄板前の暑さで、フラフラしながらもその日の勤務を終えました。
夕食をとりながら居眠りするみほの姿を見た花梨は、最近働き過ぎなのではないかと心配になり、次の日母の働く様子を店の外からこっそりと眺めました。そこには必死で労働する母の姿があり、花梨は胸を打たれ精一杯親孝行をしようとします。

【転】- たこ焼きの詩のあらすじ3

娘がいつにもなく優しく接するので、みほはお小遣いアップのための作戦かと思いました。しかしそうではないと花梨がはっきりと言うので、みほは立ち仕事でパンパンになった脚をもんでもらいました。
「やん」のたこ焼き器がある場所に冷房が届かないと知ったオーナーは、ジェネリック家電の扇風機を取り付けてくれます。お陰でみほの仕事もはかどり、その日はたこ焼きの売り上げの新記録を達成しました。
花梨は伯父さんから、草野球のメンバーに欠員が出たため、試合に出場してほしいと依頼されます。大人の試合なので躊躇した花梨ですが、断りきれず助っ人として参加することにしました。いざ試合に出場した花梨は、サヨナラランニングホームランを決め、見事にチームの勝利に貢献しました。

【結】- たこ焼きの詩のあらすじ4

花梨の活躍のご褒美として、伯父さんから好きなものを買って貰えることになります。一緒に量販店に出掛けたおじさんは、花梨が選んだ意外なものに驚きました。
その日遅くまで働いたみほは、帰り際にオーナーから寸志をもらいます。このところのみほの頑張りと売上の良さを称えてのことでした。みほは花梨のために扇風機とDVDプレイヤーを買って帰宅します。みほは安いジェネリック家電商品を選び、残ったお金は貯金に回すという節約術も発揮します。
どちらの家電も喜んだ花梨から、今度は母へ脚のマッサージ機をプレゼントしました。自分のものを買わずに母を想ってご褒美の品を選んだ娘に、みほは涙が止まりませんでした。そしてその性格は父親にそっくりだと実感するのです。
来年はエアコンを買ってあげると言う母に、扇風機でいいと言う娘。二人は買ったばかりの家電を開封して喜び合いました。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「たこ焼きの詩」の商品はこちら