「ちはやふる(上の句)前編」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる 上の句の紹介:2016年3月19日公開の日本映画。末次由紀の人気コミックを広瀬すず・主演で、2部作として映画化した青春ドラマの前編。競技かるたを通じて絆を深めていく高校生たちの熱い思いが描かれる。ヒロインにかるたを教える新を真剣佑、幼なじみの太一を野村周平が演じるなど、若手実力派たちが多数共演。監督は『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏。

予告動画

ちはやふる(上の句)前編の主な出演者

綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(真剣佑)、大江奏(上白石萌音)、西田優征(矢本悠馬)、駒野勉(森永悠希)、須藤暁人(清水尋也)、若宮詩暢(松岡茉優)、宮内妙子(松田美由紀)、原田秀雄(國村隼)、木梨浩(坂口涼太郎)

ちはやふる(上の句)前編のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①小学時代に仲良しだった太一、千早、新の3人は、離れていてもかるたを続けていれば必ず会えると約束する。高校に入り、千早はかるた部を立ち上げ、太一も加わった。部員5人が揃い、競技かるたを練習する。 ②東京都大会、苦戦しつつも瑞沢高校は優勝を果たす。全国大会で会おうと電話すると、返ってきた新の答えは「もうかるたはやらん」だった。

【起】- ちはやふる(上の句)前編のあらすじ1

かるた祭、名人位クイーン戦。…1000年前、在原業平が詠んだ、激しい恋の歌。でも、今のあたし(千早)には…「ちは」しか見えない…。
…3年前。東京都立瑞沢高等学校。
瑞沢高校では生徒は部活動をするのが決まりです。入学した真島太一はサッカー部への入部を考えます。
同じクラスの男子生徒は、かるた部の体験教室を希望します。モデルで有名な綾瀬千歳の妹・千早が1年3組に入学し、かるた部を創設すると聞いてお近づきになりたいという下心からでした。
姉と同じ美貌を持つ千早に胸ときめかせた男子ですが、千早が実際に競技かるたを始めると一目散に逃げました。飛んできたかるたがダルマや壁に刺さったからです。
入部希望者は去り、男子に追いすがる千早を見た太一は、テニス部のジョギングに紛れてやりすごします。太一を知る男が話しかけますが、太一は相手を覚えていません。
入学早々告白された女子を断った太一は、屋上に閉め出されました。向かいの校舎に太一を知る男がいますが、名を知らないので太一は呼べません。
その時、屋上に桜の花びらを散らせながら千早が走り込んできました。小学時代の同級生の千早は太一との再会を喜びますが、今度は2人で屋上に閉め出されます。
千早が大股開きで柵にすがりつき、あられもない格好で下にいる生徒たちに呼びかける姿を見て、太一は「変わってないな」と苦笑しました。
中高一貫の進学校に通っていた太一がなぜ瑞沢高校に進んだのか、千早は聞きます。片道2時間かかる通学に疲れた…と太一は答えましたが、実は「千早が瑞沢高校に進むと知ったから」でした。太一は小学時代から千早を好きですが、思いを口に出せずにいました。
…千早と太一の他に、もう1人幼馴染みがいました。1年間だけで福井に引っ越した、眼鏡をかけた少年・新です。3人はよく近くの分梅神社で遊んでいました。
引っ越したらもう会えないと嘆く新に、千早は「私たちにはかるたがあるから、また会えるんじゃないの」と言って、以来ずっと千早はかるたを続けています。
千早は太一をかるた部に誘いました。
屋上に弓道部の生徒がやってきてドアが開きます。千早に「新(あらた)と3人で続けるって約束したもんね」と言われた太一は、嫉妬してつい「俺はサッカー」と言って去りました。
部活動をするには部員が最低5人必要です。かるた部への気持ちがほとばしる千早は、校舎のあちこちにポスターを貼りまくりました。新と連絡を取っているか太一は聞きますが、「今年は年賀状も来なかった」と千早は言います。
千早は「日曜の大会で優勝したら、一緒にかるた部を作ってくれ」と一方的に太一に告げ、本当に優勝しました。優勝はしましたが、試合の直後、白目を剥いて千早は畳の上で寝ます。
試合で気力を使いはたして寝るのが常だと、分梅神社の神主で小学時代の千早らのかるたの師匠・原田先生は言いました。府中白波会を束ねる原田先生は、競技かるたで一番大事な才能・耳のよさを千早は持っているとも言います。
千早をおぶっての帰り道「かるた部のことは、もういいよ」「でも私は今でも3人はチームだと思っている」と言われた太一は、千早のかるたへの情熱の強さに部創設を決めます。茶道部から古い畳を持ち寄る2人を見て、名を覚えてもらってない男子・西田優征も入部を決めました。

【承】- ちはやふる(上の句)前編のあらすじ2

西田は小学時代に千早や太一らと試合をしたことがあり、試合会場に肉まんを持っていたことで千早らは苗字の最初「に」は思い出しますが、結局西田が自分で名乗ります。
同じ頃、千早のポスターのイラストの「着物の袷が逆だ」と気になっていた、呉服屋の女子・大江奏も誘われて入部しました。百人一首は大好きで詳しいのですが、競技かるたの「早押しウルトラクイズ」ばりの激しさに戸惑います。奏は試合に袴を着用することを条件に、入部しました。これで4人です。
まだ入部を決めていない「最後の希望」は、成績優秀で真面目そうな、でもとっつきにくそうなので周囲から「机くん」と呼ばれている駒野勉でした。太一は駒野のプライドをくすぐり、千早も熱心に口説きます。
高校では部活動するのが決まりなので、駒野は入部を了承しました。5人揃ったのでかるた部の活動は認められ、テニス部の顧問・宮内妙子先生が名ばかりの顧問を務めます。テニス部の面倒を見るので精一杯なので、普段は部長・太一に一任すると言いました。
千早は駅のホームで勇気を出して、新に電話をかけます。新にかるた部を作ったことを告げて「全国大会に行くから、近江神宮まで会いに来てよ」と言いました。楽しそうに新に電話する千早を見て、太一は複雑な顔をします。
かるた界の永世名人だった祖父の介護で福井に戻った後も、新は「かるたをしてれば、またきっと会える。あいつらと、そう約束したんや」と独りで練習を続けています。
さて5人揃ったかるた部は、初心者もいるので基本ルールから千早は教え始めました。かるたは下(しも)の句しか書かれておらず、百人一首の上(かみ)の句を詠む段階から取り合いは始まるので、百首すべてを暗記することが要求されます。
敵陣の札を取った場合は、自陣の札を一つ渡すことが決まりで、自陣の札がなくなると「勝ち」です。相手がお手つきをすると、自陣の札を渡すこともできます。
千早は他にも「上の句の最初の文字で下の句が決まる」語呂合わせを覚える方法として、『「うかり」ける ひとをはつせの やまおろし(よ) 「はげ」しかれとは いのらぬものを』は「うっかりハゲ」と覚えるといいとアドバイスします。歌の意味を知る奏は嘆き、西田は奏の反応に受けました。GWは強化合宿をすると千早は宣言します。
おざなりに部活動の練習に出ている駒野に、千早は「机君しかいない。机くんが必要なの。合宿に来て、絶対に来てね!」と力説し、駒野は心を揺さぶられて合宿参加を決めました。
合宿は、千早らの小学時代の練習の会合・府中白波会のところへ合流して、原田先生の指導のもと、行なわれます。合宿で5人はかるたの特訓に励みました。
夜、奏は千早にかるたを始めたきっかけを聞きます。「『ちはやぶる』の歌は、千早の歌だと言ってくれた人がいた」と千早は答えました。新のことです。
「かるたで一番になれば、それは世界で一番ってことだ」とかるたで一番を目指す新に触発され、それまで自分が何かで一番になろうと考えたことがなかった千早は、胸をときめかせたと言いました。
合宿3日目、経験者の西田と太一は遠征試合に行き、金欠で行けなかった千早とかるた初心者の奏、駒野は白波会で練習試合をします。

【転】- ちはやふる(上の句)前編のあらすじ3

そこで太一は新と再会し、新が変わらず強いことに動揺しました。太一は新に携帯の電話番号を書いたメモをもらい「千早にも教えておいてくれ」と言われますが、悩みます。
…昔、太一は千早の前でいい格好をしたいために、強い新の眼鏡を隠した過去がありました。「卑怯なこと」をしたから、太一はかるたの神様に見放された…そう思っています。
実際、太一はお互い最後の一札になった時(「運命戦」と呼ぶ)、自陣の手札が詠まれたことが一度もありませんでした。運がないのです。
その日も太一は運命戦で負け、西田が決勝戦で新と戦いました。西田も決勝で負けます。
一方、千早も白波会の練習試合で苦戦していました。強豪校・北央学園に通う、ドSの生徒・須藤暁人に負けた千早は、「ただのかるた同好会」呼ばわりされ、悔しい思いをします。その横で同じく北央学園の木梨浩に負けた駒野は、何かできないか考えました。
合宿明け、駒野はパソコンでかるたのアプリを作り、落ち込むメンバーに各々の弱点を指摘します。
発奮した5人は再び特訓に明け暮れました。素振りの練習や基礎体力の増強など、励みます。富士山が見える丘にハイキングも行き、「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ」に思いを馳せました。
富士山を見ながら、太一は「俺がいつ神様に見放されたか分かっているんだ」と奏に言い、奏は「自分で分かってれば、それで十分です」と答えると「それと、恋は身近にいる方が有利です。応援してますから」と付け足しました。
東京都大会前日、奏が「もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし」は孤独なお坊さんが歌った歌に感じると言いますが、千早は「私には強い絆の歌に聞こえる。あなたがいれば、私は頑張れる。もっともっと深く知り合えたらって」と言います。
帰り道、千早は太一に「ありがとう、かるたを好きでいてくれて」と礼を言いますが、太一は千早に、新の携帯番号を渡せずじまいでした。落ち込んだ太一は分梅神社に行きます。
神主の原田先生に新と会ったことを報告した太一は「俺、分かったんです。青春全部賭けたって、俺はあいつに勝てないって」と、千早目当てでかるたの世界に入ったことを打ち明けました。
でも新に卑怯な手(眼鏡を取り上げる)を使って勝とうとした小学時代の自分に、「ちはやぶる(「神様」の枕詞」は振りむいてくれないのだと、太一は嘆きます。
原田先生は太一に「それは、やれることをやった人だけの特権なんじゃないかな」「(青春全部を)賭けてから言いなさい」と言いました。太一はその通りだと思います。
大会の日、奏の条件通り部員5人は袴を着て、団体戦の試合に臨みます。団体戦なので、千早、太一、西田の3人が勝てば、初心者の奏や駒野が負けても勝ちあがれます。
試合を重ねるうち奏も1勝しますが、駒野はまだ一度も勝てていませんでした。
準決勝の高校との対戦で相手チームにA級選手がいると知り、西田が勝ちの3人を確保するため「A級選手を机くん(駒野)に当てよう」と言います。西田の配置が当たり、駒野はA級選手を前に手も足も出ません。
次は決勝という段で駒野が帰ろうとします。

【結】- ちはやふる(上の句)前編のあらすじ4

「俺は数合わせだったんだろ。誰でもよかったんだ。やんなきゃよかったよ、かるたなんて。前みたいに独りでいれば、こんな気持ちにならなかったのに」と駒野は泣きながら言います。
「僕にはかるたの才能がないんだよ、きっとこの先も…」
そう言いかけた駒野を遮って、太一は「才能なんて、俺だってねえよ。苦しいけど、逃げたいけど、やってんだ。そうすればいつか、超えられる気がするから」と訴えます。
と同時に太一と千早は、今まで自分たちがチームになりきれていなかったと感じました。
都大会決勝対戦相手は、強豪校の北央学園高校です。太一の対戦相手は、太一を敵視する木梨で、千早の対戦相手は、白波会で負けた須藤でした。顧問の宮内先生が応援に来ます。
初の札は全員、北央に取られました。競技かるたを初めて見た宮内先生は、その激しさに「すごっ」と言います。その後も瑞沢高校が苦戦する中、駒野は正座して札を取ろうとすらしていませんでした。会場も「やる気があるのか」という声が囁かれます。
千早は前日の夜に話題になった「もろともに」の下の札を取る時、駒野の頬に当てました。札を見た駒野は、千早が「強い絆の歌に聞こえる」「もっと、もっと深く知り合いたいって」と言ったことを思い出します。太一、西田、奏が駒野の肩に手を置き、駒野はチームの絆を思い出します。
それを見た太一は「千早、もう大丈夫だ。俺たちを信じて、自由になれ」と言いました。千早は集中モードになり、真剣なまなざしで「瑞沢はこっからだ。ファイトーッ!」「オーッ」と声かけします。駒野も一拍遅れて声を出しました。
流れが変わり、駒野も札を取れ始めました。「田子の浦」の札を取った太一と奏はハイタッチします。
駒野、奏の負けが決まりますが、西田がまず一勝し、次に千早が詠む前から相手の札を取って勝ちました。
千早は読手の発声前の息を聞きとって判断したのですが、それが理解できない須藤は「雑なかるたとりやがって!」と怒ります。次の瞬間、白目を剥いて爆睡している千早を見て「死んでる!」とショックを受けました。
太一は運命戦にもつれこんでいました。詠まれていない札は6札で、お手つきに注意せねばなりません。
かるた運のない太一は、敵陣を抜く気で素振りの練習を初めてします。
プレッシャーをかけられた木梨は空札なのに自陣の札に触れてしまい、お手つきになりました。瑞沢高校の優勝が決まり、千早は太一に抱きつきます。
…1000年前、在原業平が詠んだ、激しい恋の歌。でも、今の俺(太一)には…「チハ(千早)」しか見えない…。
…試合の後、太一は新の携帯メモを渡し「報告してやれよ」と言います。千早は早速電話し「新、勝ったよ。行くよ、全国大会に」と報告しました。千早は電話を太一に変わると、奏たちの方へ駆け出します。
太一は「お前に言わなくちゃならないことがある」と言うと、眼鏡を隠したことを新に言いました。そして「俺は今でも千早に嫌われたくないと思っている。だから俺、いつかお前を倒す。かるたで超えてみせる」と宣言します。
返って来た新の答えは「…太一、俺は、もうかるたはやらん」でした…(『ちはやふる 下の句』に続く)。
(エンド途中)河原を疾走する千早。後篇の予告込み。
(エンド後)〝完結〟の文字、史上最強クイーンの登場など、『ちはやふる 下の句』の予告。

みんなの感想

ライターの感想

人気少女コミックの映画化。
私は全く原作を知らないんだが、話を知らずとも充分ついていける。そして上手にひっぱっていくストーリー。
いいところで前編が終わっているのも、にくい。
原作を知らないのだが、映画では主に太一目線で綴られていく感じ。しかも露骨に「太一は千早が好き」って判ってしまう。
そこまで好きなら告白しちゃえばいいのに…というか、なぜ中高一貫の学校へ行った…という疑問があるのは、たぶん原作と若干テイストが違うんだろうな。
そういうわけで、てっきり千早主体の話かと思ってたら、太一目線で話が主に進むので驚いた。
もちろん、千早目線もあるっちゃあるが、メインは太一?
「西田」=「肉まんくん(お調子者キャラ)」「駒野」=「机くん(まじめキャラ)」非常に判りやすいキャラ。これもナイス。
下の句にいかずとも…新がなぜ「かるたやらない」宣言したのかは想像ついちゃったけど…想像つくってことは、それだけ上手な作りになっているのだな。
こんだけ「太一は千早ラブ」なのに、それ以上に全編を通して熱いので、間違いなく青春ドラマ。

映画の感想を投稿する

映画「ちはやふる(上の句)前編」の商品はこちら