「ちゃんと伝える」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ちゃんと伝えるの紹介:2009年公開の日本映画。園子温・監督、EXILEのAKIRAの映画初主演作品。監督が亡き父とのエピソードをもとに映画化した家族ドラマ。

予告動画

ちゃんと伝えるの主な出演者

北史郎(AKIRA EXILE)、中川陽子(伊藤歩)、北徹二(奥田瑛二)、北いずみ(高橋恵子)、田村圭太(高岡蒼甫)、田中先生(でんでん)、渡辺先生(吹越満)

ちゃんと伝えるのネタバレあらすじ

【起】- ちゃんと伝えるのあらすじ1

北史郎は愛知県豊橋市のタウンマガジン編集部で勤務する27歳の男性です。父・徹二と母・いずみと3人で暮らす史郎には、交際も長く両親公認の陽子という恋人もいました。
陽子の口癖は「ちゃんと伝える」「ちゃんと伝えて」で、史郎はじめ北家では、よくその言葉が飛び交います。
ある日、史郎の父・徹二が倒れて入院しました。
主治医の渡辺先生から、徹二の体がガンに蝕まれていると聞かされた史郎は、仕事の合間に毎日徹二に会いに行きます。
そうするうちに、今まで「ちゃんと伝える」と口では言っておきながら、伝えたいことをきちんと伝えていなかったことに気づきました。 この映画を無料で観る

【承】- ちゃんと伝えるのあらすじ2

徹二は高校教師をしており、かつて史郎もその高校に通っていました。
厳格な徹二は、学校では息子であろうとも「先生と呼べ」と言い、サッカー部の顧問でもあった徹二は、部員の史郎と特別扱いすることなく、他の部員と分けへだてなく接しました。
一時はそんな徹二に反発した史郎ですが、徹二を毎日見舞って言葉を交わすことで、親子の絆を取り戻します。
徹二は「元気になったら湖に釣りに行こう」と言いました。史郎は父に釣りの趣味があることを知らなかったので、意外にも思いまた嬉しく感じました。
徹二の容態は安定し、穏やかな時が流れます。

【転】- ちゃんと伝えるのあらすじ3

しかしその頃、胃の痛みを訴えた史郎に対し、徹二の主治医・渡辺先生が「あなたもガンです」と告げました。史郎のガンは悪性で、容態は徹二よりも悪い状態です。
それを聞いた史郎は悩みます。徹二よりも先に死ぬと親不孝にあたるから、いっそのこと徹二に早く死んでもらいたいと思ったりもしました。
さらにもっと大きな問題があります。結婚の話もちらほら出ていた恋人・陽子にどう告げたらよいかということです。
冗談めかして陽子に訊くと、返ってきた答えは「別れる」でした。先のない人と付き合っても未来がないとのことです。
同じ高校の同級生・圭太が里帰りし、徹二の教え子にあたる史郎・陽子・圭太は病院を見舞いました。 この映画を無料で観る

【結】- ちゃんと伝えるのあらすじ4

その直後に徹二の容態が急変し、あっけなく死んでしまいます。
葬儀の日、火葬場に向かう霊柩車を奪った史郎は、徹二の亡骸を椅子に座らせて、実現できなかった「父との湖の釣り」をしました。
その後、史郎は陽子にガンのことを伝えます。
別れを考えた史郎に対し、陽子は前言を翻して「一日も早く結婚しよう」と言いました。史郎が生きてきた証、史郎との付き合いを形にしたいから、と、陽子は告げます。
「結婚したことをお義父さん(徹二)の墓前に報告しようね」と言われた史郎は、万感の思いで陽子を見つめました。
(エンド)父・園音己に捧ぐ…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ちゃんと伝える」の商品はこちら