「ねこタクシー」のネタバレあらすじ結末

ねこタクシーの紹介:2010年公開の日本映画。『幼獣マメシバ』などで知られる亀井亨監督による劇場作品で、動物ドラマシリーズの劇場版。テレビドラマと登場人物や設定はほぼ同じではあるが、ストーリーは大きく異なる。また、映画版のみの登場人物もいる。

予告動画

ねこタクシーの主な出演者

御子神(みこがみ)さん(みーすけ)、間瀬垣勤(カンニング竹山)、間瀬垣真亜子(鶴田真由)、間瀬垣瑠璃(山下リオ)、丹羽仁美(芦名星)、松本スミエ(室井滋)、宗形誠二(内藤剛志)、真泉平(高橋長英)、沼尻崇(甲本雅裕)、炎悟(水木一郎)、菅沼(塚本高史)、飯島(田村泰二郎)、飯島夫人(根岸季衣)、宗形の母(草村礼子)、DJみちる〔声のみ〕(加藤英美里)

ねこタクシーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①教師からタクシー運転手に転職した勤は人間が苦手。ある日タクシーに入りこんだ猫・御子神を乗せると客との会話がスムースに進むことに気づき、飼い主・スミエに頼んで譲り受ける。ねこタクシーは好評を博すが、同僚の仁美が真似をして露見。仁美は処分を受ける。 ②納得いかない勤は保健所の宗形に聞き、動物取扱責任者の資格をとって正式にねこタクシーの運転手に。御子神さん亡き後、自分にも変化が必要だと考えた勤は、再び教壇に戻った。

【起】- ねこタクシーのあらすじ1

間瀬垣勤(ませがき つとむ)は元々は中学教師でしたが、人間付き合いが苦手でタクシーの運転手に転職して3年になる、今年40歳の男性です。
勤はいつも父の言葉「勤は人を信用しすぎる。人なんてそんなにいいもんじゃない」を思い出します。人を信用するというか、勤としては人とどう付き合っていいのか分からなくなるだけなのです。
むかで市のアサヒタクシー(横浜ナンバー)に勤務して3年になりますが、いまだナビ頼みの運転で、タクシーの運転手をこなせていないと感じていました。当然、営業成績は常に事務所内で最下位です。
家には学校の教師を続けている妻・真亜子と、中3の娘・瑠璃がいます。真亜子は勤の転職に文句を言いませんが、夜勤明けに帰ると娘・瑠璃と話をする時間が持てません。思春期なのでやむをえませんが、勤は少しさびしく思います。
タクシーの運転手を始めてから、1日500円しかないお小遣いすら勤にはありがたく思いました。昼食は持参の弁当です。
ある日、むかで中児童遊園で弁当を食べていると、土管の向こう側にいる三毛猫の視線を感じ、勤は居心地の悪い思いをしました。弁当を食べながら向きを変えますが、猫は前に回り込んできます。
その猫は太めの高齢の猫で、しかも態度がずうずうしい感じがします。
猫は昼寝をする勤のタクシーに入りこみました。無線で呼ばれた勤は猫を戻せず、そのまま客の待つ場所へ向かいます。
お客は中年の飯島夫妻でした。緑川の駅まで行く途中、飯島夫妻は喧嘩を始めますが、助手席にいた猫が顔を覗かせると喧嘩はおさまり、猫の話で場がなごみます。
飯島夫人が猫を抱っこして、首輪に書かれた絵馬〝御子神(みこがみ)〟の文字を読み、「みこがみさん」と呼びました。
首輪があるということは、飼い主がいるということだと勤は思います。
夜、公園に御子神を戻した勤は、礼を言って去りました。
次の日、ペットショップに立ち寄った勤は、御子神さんへのお返しに小遣いを使って猫缶を買い、公園を訪れますが御子神さんはいません。その近くで、道に飛び出そうとした子猫を拾ったという、白髪の初老女性をタクシーに乗せました。
その客・松本スミエは拾った子猫に対し「拾ったってことは、ご縁があるってことだ」と言います。勤はスミエにいい印象を持ちました。

【承】- ねこタクシーのあらすじ2

降車時に1万円札しかないと言うスミエにお釣りを用意した勤ですが、スミエは千円札を受け取った後、続けて小銭を用意する勤の隙を見て、皿に乗せた1万円札と釣りの1000円札をすりかえます。勤が気づいた時には、すでにスミエは消えた後でした。
その話を同僚の女性運転手・丹羽(にわ)仁美にすると、仁美は知っていました。スミエはタクシー業界では〝猫ばばあ〟という名で有名な人物なのです。「猫を使ってねこばばするから」猫ばばあと呼ばれています。
お屋敷に踏み込んだら猫100匹に追いかけられたという伝説を持つスミエの自宅を教わり、こわごわ勤は自転車で訪れました。
スミエ宅の入り口で、勤は保健所勤務の宗形と会います。宗形はスミエの説得に来ましたが話を聞いてもらえず、退散するところでした。
入れ代わりにスミエ宅に入った勤は、スミエ宅が本当に猫だらけの屋敷なのに驚きます。足の踏み場がないほどの猫です。
スミエは素直に罪を認め「年金だけじゃエサ代が出せない」と言います。部屋にいるたくさんの猫を見て、勤もそうだろうと思いました。
猫の中に御子神さんを見つけた勤は、思い切って譲ってくれと頼みます。御子神さんだけでなく、話の流れでまだ子猫のコムギというロングヘアのマンチカンを貰い受けました。
前触れもなしに2匹の猫を連れ帰った勤を、妻・真亜子は詰問します。勤は「タクシーに猫を乗せたい」と言うと、真亜子は「飼えない理由」を挙げて怒りました。
「1.うちはペット不可のマンションなので、飼えない環境にある」「2.家族3人が精一杯で、居住スペースが少ない」「3.ペットを飼う経済的余裕がない」「4.タクシーに乗せるというが、会社に許されるのか」「5.瑠璃は今年受験生だから」「6.…」
それを聞いた娘・瑠璃が5で自分を挙げたことに異議を唱えます(そのため6は聞き損ねたが、後日判明、後述)。「却って息抜きになる」と言った瑠璃は、父・勤の援護をしました。瑠璃と勤が面倒をみるという条件で、御子神さんとコムギは飼うことを認められます。
2人になった瑠璃は勤に「お父さんがやりたいことを喋ってるの初めて見た」と言い、勤を見直した様子でした。
営業成績トップの同僚・沼尻崇に土下座して頼み、猫を乗せることを許可してもらいます(映画本編では触れず。1車2人制といって2人の乗務員で交代で1台のタクシーを仕事に利用するシフト勤務。どうしてももう1人の相手にはばれてしまう)。沼尻は「俺は知らないということで」「会社にばれたらまずいよ」と言いつつ承諾します。

【転】- ねこタクシーのあらすじ3

御子神さんとコムギを乗せ、弁当も猫2匹ぶんを持参した勤のタクシーは、猫好きの客に喜ばれました。お客さんとの車中の話題にも困らなくなり、勤は嬉しく思います。
しかし1週間経過しても、コムギはタクシーに慣れない様子でした。コムギに無理強いしていると感じた勤は、御子神さんだけをタクシーに乗せることにします。
家では娘・瑠璃との会話も増え、それと共に娘との仲も良好になります。
ある日、演歌歌手の炎悟(ほむら さとる)が勤のタクシーを利用しました。自身も家で猫を5匹飼っているという炎悟は、タクシーと猫という組み合わせが興味深いと言い「歌にしてもいいかな」「話題、もらうよ」と言います。
また同じ頃、勤は休憩明けに御子神さんをトランクに乗せている現場を、女性同僚の仁美に見られました。慌てて車で逃げますが、仁美はじーっと見てて、しかもタクシーでついてきます。尾行はまいたものの、勤ははらはらしました。
ある夜、勤は娘・瑠璃に炎悟のことを聞かれ、タクシーに乗せたと言います。瑠璃の情報によると炎悟がブログに「猫を乗せたタクシーに乗車した」ことを記述して、それが学校で話題になっているとのことでした。
妻・真亜子にパソコンで検索してもらってブログを見ると、ブログのコメントはほとんどが否定的な内容で「炎上」していました。瑠璃は「いい宣伝になるんじゃないの」と言っていましたが、真亜子は「大丈夫?」と心配します。
そしてある日、勤が出勤すると「ねこを乗せたタクシー」のことが雑誌に取り上げられていました。しかしそれは勤ではなく、同僚・仁美です。雑誌に取り上げられたことで朝から電話が事務所で鳴りっぱなしで、本社からも通達がきて大騒ぎです。
しかしよくよく聞くと、事務所にかかってくる電話の大半は「ねこがいるタクシーに乗せろ」という内容らしく、仁美も「売り上げが伸びて、利益を還元できたと思っている」と開き直り、沼尻も「反響があるならば、それはチャンスではないか」と援護しました。
騒動が激化し、むかで市保健所の宗形が会社を訪問しました。
なぜ猫を乗せてはならないのかと質問した仁美に対し、宗形は「あなたは動物取扱責任者の資格を持っているか」「会社は動物取扱業の登録をしているか」「ない場合には30万以下の罰金」と現実を突きつけます。
仁美は本社から謹慎処分を受け、結局タクシー会社を辞めました。沼尻は勤に「猫を家族にできたんだから、これ以上は望みすぎ」と言って、猫をタクシーに乗せるのをやめるよう勧めます。

【結】- ねこタクシーのあらすじ4

御子神さんの同乗をやめた勤ですが、納得がいきません。御子神さんがタクシーに乗るのを喜んでいると思っていたからです。
盲導犬を連れた女性をタクシーに乗せた勤は、「動物だって分かっている」と勇気づけられ、その足で宗形のいる役所を訪問しました。猫のタクシーを開業するにはどうすればいいか聞きます。
資格を取って会社も登録を果たせばよいと告げた宗形は、「しかし動物愛護的見地からみて僕は反対です」と言います。「僕は相棒と仕事がしたいだけだ」と訴える勤に「そう思うのが傲慢なのだ」と宗形は切り返しました。
勤は悩み、妻・真亜子に「聞けなかった6つめの理由」を問いました。真亜子は「6.動物を飼うのが怖い」と言います。
幼少期に真亜子は猫を飼っており、死んだ時につらい思いをしたのでした。「でも今は、よかったと思っている」と言います。
やっぱり御子神さんをタクシーに乗せたいと考えた勤は、動物取扱責任者の資格の勉強を始めました。
…勤は勉強を続けます。
ある日勤は、ダンプに乗った仁美と再会しました。仁美は「タクシーは憧れだった」と言い、今は猫を乗せてトラックを乗りまわしていると微笑みます。
1年が経過し(動物取扱責任者の資格を取るには、半年以上の実務経験か1年以上の勉強が必要)、勤は試験に合格して動物取扱責任者の資格を取得します。アサヒタクシーの動物取扱業の登録もし、晴れて猫を乗せてもよいタクシーになりました。
御子神さんはその間、少しずつ衰弱していました。動物病院に連れていくと、もう15歳を超えている(人間だと90歳超え)と言われます。
相変わらず保健所の宗形は反対です。「同業他社が真似して猫を仕入れ、飽きて猫を捨てた時のことを考慮しているか」「我々はまず最悪の事態を考えるのだ」と告げる宗形に、勤は「一度でいいから私のタクシーに乗って下さい」と頼みました。
宗形は、母と一緒に乗ります。御子神さんを抱いて喜ぶ母とは対照的に、宗形は「猫アレルギー対策」「予防接種、皮膚疾患」次々に質問を浴びせます。
母はたしなめ、御子神さんを宗形に抱かせました。宗形は「…この子は、反則だ」と言うと、御子神さんにほおずりします。
…その日の夜、御子神さんは亡くなりました。
御子神さんを迎えて勤は父の言葉を考え直します。「勤は人を信用しすぎる」と言ったけれど「俺は根っこでは誰も信用してなかった。だから逃げて安全圏にいた」という結論に達しました。
もう一度きちんと人間と向き直ろうと考えた勤は、再び教壇に立つことにしました。

みんなの感想

ライターの感想

〝癒し系〟動物テレビドラマ&動物映画連携のシリーズ第6弾。
動物のテレビドラマ&映画シリーズは、第1弾『イヌゴエ』、第2弾『ネコナデ』は「映画は、テレビドラマの縮小版」スタイルだったのだが、第3弾『幼獣マメシバ』以降から映画とテレビドラマは話の筋が異なるようにアレンジされている。
当然、今作品『ねこタクシー』もテレビドラマ版と映画とでは話の筋が異なるので、できることならば両方見てほしい。但し、テレビドラマを知らなくても劇場版は理解できる。
ラストでは保健所(宗形)を相手に戦う勤。宗形の言うことは正鵠を射ており、難しい問題を孕んでいると思う。
これを据えたため、映画版ではテレビドラマよりも若干重い印象を与えるが、鑑賞後の感情は決して悪くない。
二種免許持ってタクシーの運転手やってたのに、結局教壇に戻るのか、と考えてしまったが、それもまた「変化」。

映画の感想を投稿する

映画「ねこタクシー」の商品はこちら