「のだめカンタービレ(最終楽章)後編」のネタバレあらすじ結末

のだめカンタービレ(最終楽章)後編の紹介:2010年公開の日本映画。二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』を原作としたテレビドラマ版の続編という形で、前後編2部作で制作された。ドラマ版の主要キャストが続投し、ヨーロッパ5か国でロケを敢行。ピアニストの“のだめ”と指揮者“千秋”の関係が描かれる。

この映画を無料で観る

予告動画

のだめカンタービレ(最終楽章)後編の主な出演者

野田恵(上野樹里)、千秋真一(玉木宏)、峰龍太郎(瑛太)、三木清良(水川あさみ)、奥山真澄(小出恵介)、フランク・ラントワーヌ(ウエンツ瑛士)、タチヤーナ・ヴィシニョーワ(ベッキー)、孫・Rui(山田優)、松田幸久(谷原章介)、テオ(なだぎ武)、黒木泰則(福士誠治)、エリーゼ(吉瀬美智子)、峰龍見(伊武雅刀)、フランツ・フォン・シュトレーゼマン(竹中直人)、ジャン・ドナデュウ(ジリ・ヴァンソン)、マジノ(猫背椿)、ヤドヴィガ〔ヤドヴィ〕(エグランティーヌ・ランボヴィル)

のだめカンタービレ(最終楽章)後編のネタバレあらすじ

【起】- のだめカンタービレ(最終楽章)後編のあらすじ1

のだめこと「野田恵(のだ めぐみ)」は、桃ヶ丘音大ピアノ科に所属する学生でした。
幼稚園の先生になることを夢見て入学したのだめは、楽しく自由にピアノを弾ければ満足でした。
しかしある時、同じ音大に所属する、世界的な指揮者を目指す千秋真一と出会って恋をします。
千秋に触発されたのだめは才能を伸ばし、千秋と共に世界を目指すことになりました…(『のだめカンタービレ』テレビドラマ版)。
飛行機嫌いを克服して海外へ進出した千秋は、指揮者の登竜門であるプラティニ国際音楽コンクールで、みごと優勝を果たします(『のだめカンタービレ ヨーロッパ編』)。
さらにその後マルレ・オケの常任指揮者として就任した千秋は、さびれかけた楽団を再生させ、順調に活躍していました。
それに対し、パリの音楽院、コンセンヴァトワールで勉強するピアノの学生・のだめは、スランプの真っただ中です。いままでも何度もスランプに陥ってますが。
教えを乞うシャルル・オクレール先生からコンクールの出場禁止を言い渡されたのだめは、納得できずにいました。
ただでさえショックを受けているうえに、千秋からの「別居宣言」が出てきて、のだめはダブルショックです…(『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』参照)。
〝海外が舞台ですが、外国語をできるだけ日本語にしてお送りしてマース(マングースによる解説)〟
フランス・パリ。
のだめはうなされていました。千秋が「勉強に集中したい」と言い出し、オクレール先生からはコンクールを禁止されているからです。
パリに来て1年半が経過しようとしていました。しかしのだめは、まだ自分は千秋に追いつけていないと思っています(事実である)。
それでもアパートを出て行く千秋に対し、のだめはにこやかに送りだしました。空元気です。
消沈するのだめの元へ、峰龍太郎と奥山真澄が来ました。2人の目的は、龍太郎の恋人・清良のコンクールを見ることです。ついでにいうと、宿泊費の節約でもあります。
久しぶりの旧友との再会に、のだめの心は浮き立ちます。
3人で凱旋門にのぼったり、ノートルダム大聖堂にのぼったりと、のぼってばかりです。
夕方、のだめの部屋を千秋が訪問しました。
実は千秋は師匠・シュトレーゼマンに、ウィルトール・オーケストラでまたもやルイと共演しろと言われていました。 この映画を無料で観る

【承】- のだめカンタービレ(最終楽章)後編のあらすじ2

ピアニストのルイはのだめにとっては「鬼門」で、嫉妬の対象なので、千秋は切り出しにくいのです。
それでも黙っているわけにはいかず(黙っていると逆効果になるので)、翌朝、ルイとの共演を千秋はのだめに打ち明けました。忙しくなることも告げます。
離れて暮らし始めた矢先に、さらにルイとの共演の話を聞かされたのだめは、ノーリアクションでした。思わず不安になる千秋ですが、フランクがのだめを迎えに来たために、うやむやになります。
それでも大丈夫だろうと、千秋は思って&信じていました。
のだめは清良と再会します。ヴァイオリニストの清良はスランプに陥っていて、少し元気がありません。がんばってよい成績をあげて、胸を張って日本に戻りたいと清良は思っていました。
コンクールのファイナルで、清良はブラームスの『ヴァイオリン協奏曲』を演奏します。結果は3位入賞でした。
サプライズで龍太郎が応援に駆け付けてくれたのを知った清良は、喜びます。
コンクールを見たピアノの学生・ターニャはコンクールに出ようと決意し、オーボエの学生・黒木も同じように考えました。ターニャと黒木はいつのまにか、いい関係になっています。
のだめはピアノ部門のコンクールをフランクと見学し、素敵な曲を知りました。
その夜、興奮したのだめは「あの曲をいつか先輩といっしょにやりたいデス」と言います。それはラヴェルの『ピアノ協奏曲 ト長調』でした。
千秋は内心、ぎくっとします。というのも、今度ルイと共演する曲が、まさしくその曲だからです。
清良のコンクールを見た龍太郎と真澄は、パリを経って帰国しました。
のだめはオクレール先生に「なぜコンクールに出場するのはダメなんデスか」と聞きました。
オクレール先生は「(君は演奏する際に)なんにも考えていない」「目の前の音楽に向き合えていないのに、なぜコンクールなんて考えられるのか」とのだめを責め、部屋を出ていきます…。
のだめの性急さを、千秋は「早く満足して終わらせたがっているような気がする」と感じました。
マルレ・オケのテオから、ルイと千秋がラヴェルの曲を共演すると聞いたのだめは、またまたショックを受けます。
落胆して布団をかぶり、つぶれ肉まん状態で落ち込むのだめに、千秋はピアノの特訓を開始しました。

【転】- のだめカンタービレ(最終楽章)後編のあらすじ3

オクレール先生の選曲や今までやった課題を見た千秋は「急いでいるのは、オクレール先生のほうなのか」と思い直します。
千秋はルイとの打ち合わせを延期して、のだめの特訓に付き合いました。その甲斐あって、のだめは上達し、オクレール先生から初めて「ベーベ(赤ちゃん)」じゃなく「メグミ」と名前を呼ばれます。認められた証でした。
オクレール先生は「今やっている課題が終わったら、コンクールを考えよう」とのだめに言います。
しかし…のだめは「イツマデ ヤレバ イイデスカ?」と思います。先の見えない音楽の世界に、のだめは疲労困憊していました。
そんな折にさらに千秋とルイの共演コンサートを見たのだめは「あれ以上の演奏は、できない」と思います。
帰宅した千秋をいそいそとのだめは出迎え、もてなしました。初めての反応に、千秋は不気味に思います。しかしこれまでの経験から「こいつ(のだめ)なりに変な方式で何かを乗り越えようとしているのかも」と考えました。
翌朝、のだめが千秋に「先輩、結婚してくだサイ」とプロポーズします。いつもの冗談かと「ねぼけているのか」と茶化した千秋ですが、一抹の不安は残りました…。
のだめの元を、シュトレーゼマンが訪問しました。のだめはシュトレーゼマンに泣きつき、オクレール先生の授業を初めて休みます。
話を聞いたシュトレーゼマンは「ピアノを聞かせてくれ」と言い、のだめの演奏を聞いた後、「ノダメがやりたかったこと、一度はやってみないか」「千秋のことなんか忘れて、私と一緒に行きましょう」と誘いました。
のだめはその手を取ります。
シュトレーゼマンが自ら指揮するコンサートのプログラムを変えます。敏腕マネージャー・エリーゼからのだめのプロフィールを聞かれた千秋は、のだめのデビューを聞き、慌ててコンサートに駆け付けました。
コンサート前から既に「無名の新人デビュー」とマスコミも注目しています。
紫のドレスで現れたのだめは、ショパンの『ピアノ協奏曲第1番』を、破綻せぬよう、でも独創的な演奏で弾きあげ、会場は湧きに湧きます。大成功でした。
演奏を聞いた千秋は「日本で腐っていた俺を掬いあげてくれたのはのだめだと思っていたが、本当は、のだめを(世界に)連れてくるために、神様は俺を日本に留めておいたのではないか」と思います。
指揮を終えたシュトレーゼマンは「生きててよかった」と感じました。

【結】- のだめカンタービレ(最終楽章)後編のあらすじ4

のだめの鮮烈デビューは世界を駆け巡ります。日本の仲間も知ります。実家の福岡県大川市の両親は…梅子サスペンスを見ていて知りません。
世間は「新星ピアニスト現る」と注目しますが、オクレール先生は怒っていました。「あと少しで『本当の』ピアニストになれたかもしれないのに」とぼやきます。
…そう、オクレール先生の言う通り、コンサートを終えたのだめは燃え尽きていました。もうあれ以上の演奏はできないと思ったのだめは、「正面から向き合ったから、もういいでしょ」と姿を消します。
のだめの失踪に、千秋は「満足できれば、俺とのコンチェルトじゃなくてもよかったのか、俺はフラれたのか」とショックを受け、いつのまにか一番大事なのは「のだめとの未来」になっていたことを痛感しました。
…のだめは失踪したのではなく、単に部屋のごみに埋もれていただけでした。
アパートの屋根裏にいる、コンセルヴァトワールの作曲学科に所属する幽霊学生・ヤドヴィに会ったのだめは、意気投合し、自らがかつて作曲した『もじゃもじゃ組曲』を披露します。
ヤドヴィが言った「音楽は自由に楽しく作らなくちゃね」ということばに触発されたのだめは、「自由に楽しく」パリの幼稚園でピアノを弾きました。
黒木から知らされた千秋は、今まで何度も思った「のだめは日本で好きにピアノを弾かせていたほうがよいのでは」「プロの演奏家を目指さないほうが、のだめにとって幸せなのではないか」ということを自問しつつ、幼稚園に駆け付けます。
「それでも俺はやっぱり、あの舞台(プロのコンサート)に連れて行きたいと思う」と考えた千秋は、のだめを幼稚園から奪取して家に戻り、学生時代に弾いたモーツァルトの『2台のピアノのためのソナタ』を連弾しました。
演奏し終わったのだめは「いつだって自分が最高だと思う演奏をして、それを越えるものを目指さねば」ということに思い至ります。のだめ、完全復活です。
「先輩の背中、飛び付きたくてドキドキ。これってフォーリンラブですか」と言ったのだめを、千秋は抱きしめました。
(エンドロール)…千秋との共演の夢を見たのだめは、カズオ目覚まし時計で目覚め、今日もまたオクレール先生とレッスンします。
マルレ・オケの次回公演のチケットは完売しました。
のだめと千秋は、初めてパリで演奏した飲食店で演奏します。
(エンド後)橋の上でキスするのだめと千秋、妖精プリリンがFinマークを描く、マングースもちらっと登場

みんなの感想

ライターの感想

2006年10月から12月まで、連続ドラマとしてフジテレビ系で放送され、その後も特別編として
2008年1月に『のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ』が放送された、
『のだめカンタービレ』シリーズの、いよいよ最終楽章、ほんとのほんとにラストです。
原作のほうでも、のだめと千秋の恋の行方はぼかされてましたね。
だから仕方ないんだろうけど、映画のほうも、中途半端に終わってます。
ここまで引っ張ってきたんだから、ハッピーエンドが欲しいところですが、
こういう終わり方もアリということで…。

映画の感想を投稿する

映画「のだめカンタービレ(最終楽章)後編」の商品はこちら