「はじまりのみち」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

はじまりのみちの紹介:2013年公開の日本映画。映画監督・木下惠介生誕100年を記念して作られた。木下の第二次世界大戦中の実話を題材に、彼の母との家族愛を描く。アニメ監督として著名な原恵一による、実写映画初監督作品。

この映画を無料で観る

予告動画

はじまりのみちの主な出演者

木下惠介(加瀬亮)、木下たま(田中裕子)、便利屋(濱田岳)、木下敏三(ユースケ・サンタマリア)、学校の先生&ナレーター(宮﨑あおい)、木下周吉(斉木しげる)、庄平(光石研)、こまん(濱田マリ)、木下芳子(藤村聖子)、やゑ子(松岡茉優)、城戸四郎(大杉漣)

はじまりのみちのネタバレあらすじ

【起】- はじまりのみちのあらすじ1

1945年。第二次世界大戦が終了する年ですが、日本人はまだそのことを知りません。
日本の戦況は日ましに悪くなる一方でした。日本国政府は、映画を作る監督の作品にも介入し、とにかく戦意高揚する内容であるように強要します。
映画監督の木下惠介は、前の年に作った『陸軍』という作品が、内容が女々しいという理由で全否定され、次の作品の制作を中止に追いやられました。惠介はがっかりします。
自分が作りたい映画も作れない惠介は、映画づくりへの情熱をなくし、映画配給会社・松竹に辞表を提出して故郷・静岡県浜松に帰りました。浜松には病気で倒れた母・たまが療養しています。 この映画を無料で観る

【承】- はじまりのみちのあらすじ2

浜松市の気賀に戻ったものの、惠介に仕事はありません。
惠介は母・たまに「これからは、木下惠介から(本名の)木下正吉に戻る」宣言をしました。
戦況がどんどん悪くなります。それに伴い、浜松の気賀も安心できる場所ではなくなりました。
惠介は母・たまを連れて、親戚のいる山間の気多村に疎開することを決めます。
病気の母・たまを移動させるにはバスは体に負担がかかるので、惠介は2台のリヤカーを借りました。
1台には母・たまを、もう1台には身の回りの品を乗せます。
たまのリヤカーは惠介と兄・敏三が、荷物を乗せたリヤカーは雇った若い便利屋がひいて、夜中に気賀を出発して疎開先へと向かいました。

【転】- はじまりのみちのあらすじ3

夜の午前0時に出発した一行は、激しい雨の中、17時間かけて山越えします。
休憩の時に兄・敏三が便利屋に、弟のことを「映画監督をしていた」と言いかけますが、きまり悪い惠介はそれを途中でさえぎりました。その結果、便利屋は惠介を「映画館で働いていた」と思い込みます。
トロッコ列車が出る気田に到着した惠介たちは、そこで宿を取りました。
トロッコ列車が出るまで2日あることが分かり、惠介は便利屋に仕事の延長を頼みます。
河原に散歩に出た惠介のところへ、便利屋がやってきました。
惠介を映画監督と知らない便利屋は、惠介が作った映画『陸軍』を惠介に勧め、「ラストシーンはよかった」と涙を浮かべます。

【結】- はじまりのみちのあらすじ4

便利屋の言葉に、惠介は慰められました。
トロッコに乗り、一同は無事に疎開先・気多村に到着します。
母・たまは惠介に手紙を渡しました。そこには「また木下惠介の映画が見たい」「木下正吉から木下惠介に戻って映画を撮りなさい」とありました。
惠介は、映画から離れられない身だと自覚し、松竹に戻ります。
直後、戦争が終わりました。母・たまは3年後の昭和23年12月に他界しますが、惠介は現場にいて母の死に立ち会えませんでした。
〔このあと、木下惠介の戦後の映画13本のハイライトシーンが流れます〕
(エンドロール)ロケ地のみなさんの映像。

みんなの感想

ライターの感想

メガホンをとったのは、映画『クレヨンしんちゃん』などを手掛けたアニメーション監督の原恵一さんです。この作品が原監督とって、初めての実写映画の監督作品となりました。
監督を務めることになったきっかけは、なんと立候補だったそうです。最初は脚本家としての依頼がありました。しかし脚本をつくっているうちに、自分が監督をしなければ後悔すると思い、「監督をしたい」と申し出たそうです。元々映画好きだった監督は、木下作品にも多大な影響を受けていたからこそ、自ら手を挙げることができたのでしょう。とは言っても、いい作品にできる自信は全くなかったそうです(笑)おもしろすぎます。こんな形で監督が決まる映画もあるんだなぁと、驚いたエピソードです。

映画の感想を投稿する

映画「はじまりのみち」の商品はこちら