「ひゃくはち」のネタバレあらすじ結末

ひゃくはちの紹介:2008年公開の日本映画。甲子園常連の名門校を舞台に、ベンチ入りを目指す補欠部員たちの姿を描いた作品。早見和真の小説が原作。監督・脚本は「宇宙兄弟」の森義隆。撮影は「地下鉄に乗って」の上野彰吾。主題歌は湘南乃風で「晴伝説」。斎藤嘉樹と中村蒼は今作が初主演。「白夜行」の高良健吾や「GROW 愚郎」の桐谷健太、「難波金融伝・ミナミの帝王」シリーズの竹内力も出演。

この映画を無料で観る

予告動画

ひゃくはちの主な出演者

青野雅人(斎藤嘉樹)、小林伸広「ノブ」(中村蒼)、相馬佐和子(市川由衣)、佐々木純平(高良健吾)、星野健太郎(北条隆博)、コーチ(桐谷健太)、女子大生・アキ(三津谷葉子)、島千渚(有末麻祐子)、横浜スカウト・木場(小松政夫)、香川遼太郎(二階堂智)、雅人の父(光石研)、サンダー監督(竹内力)、立花(山田健太)、桜井(平田貴之)、内田修二(阿部亮平)

ひゃくはちのネタバレあらすじ

【起】- ひゃくはちのあらすじ1

甲子園常連の名門校、京浜高校野球部に所属する雅人とノブは、ベンチ入りを目指しています。3年生が引退して、次のキャプテンなどミーティングで決めます。
寮長の立候補者を募って、雅人が手をあげます。サンダー監督は、彼では不安な様子で、他に誰かいないかと言います。
誰も手をあげないので、ノブが副寮長として手をあげます。結局、ノブが寮長に指名されて、雅人が副寮長になります。
雅人は、新聞記者の香川と、新人の相馬と出会います。翌日からの練習はハードで、ベンチ入りするためにも雅人は必死についていきます。
一人また一人と部員は辞めていきます。監督からの命令で、雅人はレギュラー陣の練習メニューに参加できます。
気合を入れて参加しますが、空回りしてしまいます。監督の頭にボールをぶつけてしまいます。
夏ということもあって、雅人達は友人達と一緒に、女子大生と合コンをします。雅人は女子大生のアキと仲良くなって、付き合い始めます。 この映画を無料で観る

【承】- ひゃくはちのあらすじ2

いよいよ背番号の発表日になります。雅人とノブはギリギリ背番号をもらうことができて喜びます。
しかし、相手チームの偵察を頼まれることとなります。監督からは、当分試合に出すつもりはないと言われてしまいます。
一緒に偵察に行った部員の子は、今大会が終わったら辞めると言います。弁護士を目指したいと考えているのです。
サインをメモして帰り、試合が始まります。しかし、事前に調べたサインは全く役に立ちません。あの時のサインはフェイクだったのです。
京浜高校は、相手ピッチャーを攻略できずに得点することができません。このままだと負けてしまいます。
そこでノブがサインを読みます。どうやらキャッチャーではなく、ピッチャーの首振りがサインであることが分かります。
雅人とノブは、今大会で辞める子に知らせてあげます。彼に華を持たせてあげたかったのです。そして試合に勝利することができます。
それから、京浜高校の選手がドラフト指名を受けます。分厚い本を破くパフォーマンスを行いますが、それはずるをして破いていました。その様子に相馬は腹を立てます。
香川や横浜のスカウトの人達と飲みに行くことになり、相馬は酔っぱらいます。そこに雅人達が現れて、相馬は泥酔して倒れます。

【転】- ひゃくはちのあらすじ3

雅人達が寮に連れて帰って、翌朝相馬は目覚めます。そしてクリスマスになり、野球部員達は大いに騒ぎます。
ノブと雅人は神社に行って、除夜の鐘が「ひゃくはち」鳴る話しをします。それは野球ボールの縫い目と同じ数でした。
雅人は、背番号をかけて練習に気合を入れます。そこの横浜のスカウトが連れてきた中学生の立花がやってきます。
彼は翌年から入学してくる予定です。雅人が本気で投げると、立花は打ちまくります。驚異の新星がやってくることに、ノブは考え込みます。
ノブは今年の甲子園で、マネージャーとして付いてくるように監督から言われます。しかし、ノブはその話しを断ります。
部員達の前で、自分の練習時間にあてたいからだと本音を言います。レギュラー陣からは、来て欲しいと頼まれます。
そんなレギュラー陣に雅人は切れ始めます。レギュラー陣には補欠の気持ちが分からないからです。喧嘩が始まってしまいます。
レギュラー陣は甲子園に出発していきます。ノブが雅人を呼び出します。何の用かと思えば、ノブがサードにコンバートする話しでした。
今のポジションでは、立花と被ってしまうため、サードに移ってベンチ入りを目指すつもりなのです。しかし、サードは雅人のポジションでもありました。

【結】- ひゃくはちのあらすじ4

ここから雅人とノブのベンチ入りを賭けた戦いが始まります。練習では、お互いに貶しあって切磋琢磨します。
どちらが練習したかを競って、後輩に様子を見てくるように指示します。後輩は口裏を合わして、さっさと終わらせようとします。
私生活でも雅人はノブをライバル視して、お風呂も一緒に入りません。
神社でお参りをした後、ついに背番号の発表が行われます。雅人は呼ばれますが、ノブは呼ばれませんでした。
雅人は父に電話して知らせると、素っ気ない態度で怒ります。理由を妹に尋ねると、父は奥の部屋で泣き崩れていました。
もうお互いにライバル視をしなくて良くなったため、雅人とノブは普通に会話をします。次はノブが公衆電話を使います。
雅人は離れた場所でノブを待ちますが、ノブは電話した後に悔しがります。それを聞いた雅人は走り出して、相馬と出会います。
相馬にずっと練習してきても出れない選手がいることを伝えて欲しいと頼みます。
ある日、練習をしていると立花が全治3か月の怪我を負ってしまいます。それによって、ノブが背番号をもらうことができます。
甲子園で試合が始まって、監督はタイムを申請します。伝言を伝える役に雅人が抜擢されます。
雅人は練習していた通り、グラウンドで転びます。周りから笑いが起こります。そして皆に伝言を伝えてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、雅人が伝言を伝えに行って転ぶシーンです。この場面の少し前に、友人達がカメラの映像を見ます。そこには、雅人とノブがウケを狙うために練習している転ぶ姿が映し出されています。
劇的な逆転劇などではないのですが、ベンチメンバーとしてできる努力を発揮できるシーンで心打たれます。皆に駆け寄った時に泣いている雅人の姿が印象的です。
また、雅人の父が電話で知らせを受けた後、泣いているシーンがあります。最初は素っ気ないのに、後から妹が泣いている事を知らせる演出には涙が出てしまいます。
今作は野球をしていた方や、これから部活などで頑張ろうとしてる方、そして現在頑張っている方には、想う所がたくさんあって感情移入しやすい作品だと思います。
この作品では、特別出演として湘南乃風のRED RICEやVERVALが出ていますので、ファンの方は要チェックです。
最後まで見終わって、シンプルで独特なストーリーに熱いドラマが混ざっていて、楽しめた作品です。高評価をつける方も多いのではないかと思う映画でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「ひゃくはち」の商品はこちら