「ふがいない僕は空を見た」のネタバレあらすじ結末

ふがいない僕は空を見たの紹介:第24回山本周五郎賞を受賞した、窪美澄の同名小説を実写化したヒューマンドラマ。性や貧困などをテーマに人々のやるせなさを描いた衝撃作。2012年公開。

予告動画

ふがいない僕は空を見たの主な出演者

斉藤卓巳(永山絢斗)、岡本里美(田畑智子)、福田良太(窪田正孝)、あくつ純子(小篠恵奈)、松永七菜(田中美晴)、田岡良文(三浦貴大)、岡本マチコ(銀粉蝶)、岡本慶一郎(山中崇)、斉藤寿美子(原田美枝子)

ふがいない僕は空を見たのネタバレあらすじ

【起】- ふがいない僕は空を見たのあらすじ1

高校生の斉藤卓巳は、友人の付き添いで行ったアニメの同人イベントで、あんずと名乗る主婦・岡本里美に声をかけられます。
卓巳は里美が大好きなキャラクター「ムラマサ様」に似ており、彼女の自宅に招かれたときにコスプレをさせられ、金で買われて性的な関係を持つようになります。
日常化したコスプレセックスでしたが、あるとき卓巳は同級生の松永七菜に告白され、里美との関係を終わらせようとします。

【承】- ふがいない僕は空を見たのあらすじ2

里美は夫の慶一郎と二人暮らしで、姑のマチコから執拗に子作りを求められることに悩んでいました。姑から痛みを伴う不妊治療や人工受精などを強要されますが、慶一郎は里美の苦悩に一切無関心でした。
嫁のことを毛嫌いしながら、息子とまだ見ぬ孫の存在だけを愛する姑に精神的に追い詰められ、里美は卓巳との関係を心のよりどころにしていました。
しかし、そんな卓巳との関係を慶一郎とマチコに知られてしまいます。里美は土下座して離婚を懇願するも、代理母を捜すためアメリカに行くことを強制されます。

【転】- ふがいない僕は空を見たのあらすじ3

卓巳の友人・福田良太は、痴呆症の祖母と2人でギリギリの生活していました。
コンビニでアルバイトをしている良太は、団地生活から脱出するための武器を装備するために、先輩の田岡良文から勉強を教えてもらうようになります。
一方、良太と同じ団地に住む同級生・あくつ純子は、オタクの姉が見つけたコスプレセックス中の卓巳と里美の写真をプリントアウトします。それを見た良太は、あくつと共に写真を学校中にばら撒き、街中の郵便受けに投函します。
そして、痴呆が進んだ良太の祖母は、田岡の計らいで病院に入院させることになります。後日良太の面倒を見ていた田岡が、ある事件を引き起こします。

【結】- ふがいない僕は空を見たのあらすじ4

卓巳と里美の写真と動画がばら撒かれたことにより、卓巳は家に引きこもってしまいます。
卓巳の母・寿美子は自宅で助産師をしており、息をつく暇もないほど忙しい日々を送っていました。
あるとき寿美子が願掛けのために夜の神社を訪れると、そこには卓巳がいました。泣きながら謝罪する卓巳に対して、寿美子は「生きて、そこにいて」と言って、目を閉じて手を合わせます。
母の言葉に心が動いた卓巳は、それから学校に通い始めます。後日出産に立ち会った卓巳が、生まれてきた赤ちゃんに微笑みかけるところで、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ふがいない僕は空を見た」の商品はこちら