「ぼくらの七日間戦争」のネタバレあらすじ結末

ぼくらの七日間戦争の紹介:1988年公開の日本映画。校則に反抗して廃工場に立て籠もった中学生達と、親や教師達との戦いを描いた作品。宗田理の小説が原作。主演は「紙の月」の宮沢りえ。監督は「ほたるの星」の菅原浩志。制作は「セーラー服と機関銃」の角川春樹。音楽は小室哲哉が担当し、主題歌はTM NETWORKで「SEVEN DAYS WAR」。

予告動画

ぼくらの七日間戦争の主な出演者

中山ひとみ(宮沢りえ)、橋口純子(五十嵐美穂)、堀場久美子(安孫子里香)、相原徹(工藤正貴)、菊池英治(菊池健一郎)、安永宏(鍋島利匡)、柿沼直樹(田中基)、中尾和人(大沢健)、日比野朗(金浜政武)、天野健二(石川英明)、宇野秀明(中野愼)、榎本勝也(金田龍之介)、丹羽満(笹野高史)、野沢拓(大地康雄)、西脇由布子(賀来千香子)、八代謙一(佐野史郎)、酒井敦(倉田保昭)、菊池詩乃(浅茅陽子)、菊池英介(出門英)

ぼくらの七日間戦争のネタバレあらすじ

【起】- ぼくらの七日間戦争のあらすじ1

とある中学校では、厳しい校則によって生徒達は辛い思いをしていました。遅刻すれば正座させられ、天然パーマなのにパーマだと言われて無理矢理に髪を洗われてしまいます。
また、教師の八代は勝手に持ち物検査をして、不必要な物を生徒の鞄から没収してしまいます。前髪が伸びていれば、勝手に切られてもしまいます。暴力教師の酒井から体罰を受ける生徒もいます。
そんな学園生活でも、美人教師の西脇先生に甘えたり、宿題をちょろまかしたりする生徒達でした。授業中に窓から脱走してしまう生徒もいます。
校則に反抗して、8人の男子中学生が集団エスケープを計画します。食料や必需品を用いり、廃工場に立て籠もることを実行します。
翌日、生徒達が登校してないことに教師達が気づきます。彼らの親達が教育方針に関して意見を言ってきます。
逆に教師は、親達のしつけが悪いと言ってくる始末です。騒ぎ立てられては困る学校側は、この事を内密にすることにします。

【承】- ぼくらの七日間戦争のあらすじ2

8人の男子中学生は廃工場で好きな事をして楽しみます。怖い話をしたりもします。
辺りを捜索していると、倒れているおじさんを発見します。どうやら廃工場に住み着いている人のようです。
彼らの居場所を知っている同じクラスの純子は、友人の中山と久美子に喋って見に行くことにします。
一本の連絡が入って、教師達は生徒達が立て籠もっている廃工場を見つけます。出てくるように言うと、代わりに校則を何とかしろと文句を言ってきます。
教師達はドアを開けて入ろうとしますが、頑丈な扉はびくともしません。生徒達は水や粉を使って、彼らを追い払います。
またやってくると考えた生徒達は準備をすることにします。そうしてると、下水に続く道を見つけて入ります。
中にはカタツムリが大量にいたりと慌てて逃げてきます。汚れた服を着替えて、夜になると西脇先生が差し入れを持ってきてくれます。

【転】- ぼくらの七日間戦争のあらすじ3

クラスの皆は、迷惑がかかっていると学級委員の中山に戻るように説得しに行けと言ってきます。小間使いじゃないと中山は怒ります。
また、自分達は授業を受けていて、立て籠もっている生徒達は何もしてない事からズルいと思い始めます。
中山達が差し入れを持っていって、廃工場の皆とハンバーグを作って食べます。しかし、立て籠もってる8人の男子の二人が喧嘩を始めます。
中山がハンバーグをあげたことに嫉妬したのが原因のようです。喧嘩によって、ハンバーグは滅茶苦茶になってしまいます。
一人の男子は出て行こうとしますが、皆で決意を新たにして、もう一度やり直そうと引き留めることに成功します。
翌日、教師達が再度やってきます。頑丈な扉を開けるために電動チェーンソーを使ってきます。
生徒達は、扉に物を押し込んで封じようとします。しかし、教師達が入ってきてしまいます。
様々な攻撃を試しますが、教師達には勝つことができません。そこに、地下で見つけた戦車を修理した生徒が、戦車に乗って突撃します。

【結】- ぼくらの七日間戦争のあらすじ4

教師達は逃げ出します。そして警察が出動することになります。生徒達が戦車を乗り回すと、エンジンが焼けて動かなくなります。
世間は、戦車が登場したことで大騒ぎになります。テレビのニュースで流れて、警官隊が廃工場を囲んできます。
立て籠もってる生徒達の親は、子供達を心配します。しかし、学校側は警察の対処になったと言うだけです。
多くの人々が駆け付けて、辺りは騒然とします。その頃、中にいる生徒達は、最後に一泡吹かせてやろうと準備をしていました。
警官隊が突入してくると、生徒達が仕掛けた罠に次々と引っかかります。閉じこめられたりして、生徒達を捕まえることはできません。
そこに教師達が現れて捕まえてきます。しかし、生徒達の罠の前に屈してしまいます。
最後の仕上げとして、生徒達は下水道を通って外に出ます。戦車の大砲に仕掛けた花火が、大量に打ち上げられるのを皆で見ます。
駆け付けた人々は綺麗な花火に酔いしれます。大盛り上がりした後、生徒達は同じメンバーで学校から帰っていました。次は国会議事堂だ!と意気込んでエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、最後の警官隊や教師達が突入してきて、次々と生徒達が罠にはめていく場面です。大人達に屈しないで、自分達の自由を求めて戦う様は気分がすっきりします。
銃や刃物を使うのではなく、水をかけたり網にかけたりして戦うので怖い描写はほぼありません。また、言葉によって戦う場面も見ものです。
廃工場の屋上から、教師達が言ってきた事をそっくりそのまま返してやる姿には笑ってしまいます。
仕上げとして、花火がいっぱい上がった時は粋な演出だなあと思いました。素晴らしい締めだったと思います。
何よりも今作の素晴らしい所は、子供達が素直で生き生きとしていて、真っ直ぐな演技をしている所です。子供時代に忘れていた心を思い出させてくれて、元気が湧いてきます。
時代が分かる場面では、校則の厳しさや体罰です。この時代では、当たり前だったのかなと思える描写で、色々と考えさせられます。
ちなみに、立て籠もる生徒の一人で優等生の子がいます。彼が図面で計画している建物を、アリアハンの城と言います。これは、大ヒットしたゲームのドラゴンクエストⅢに登場します。
そして、主演の宮沢りえは今作が映画第一作目になります。当時はとても話題を呼びました。
最後まで見終わって、小室哲哉が担当した音楽が印象的な作品でもありました。主題歌のTM NETWORKの曲の歌詞が心に響いて忘れられません。全体を通しても面白く出来上がってる映画でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「ぼくらの七日間戦争」の商品はこちら