「わが青春に悔なし」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

わが青春に悔なしの紹介:1946年製作の黒澤明監督、原節子主演による社会派ドラマ。京大滝川事件、ゾルゲ事件に着想を得た作品であり、時代に翻弄されながらも懸命に闘おうとする一人の女性の姿を描いていく。

わが青春に悔なしの主な出演者

幸枝(原節子)、野毛隆吉(藤田進)、八木原(大河内傳次郎)、隆吉の母(杉村春子)、八木原夫人(三好栄子)、隆吉の父(高堂國典)、糸川(河野秋武)

わが青春に悔なしのネタバレあらすじ

【起】- わが青春に悔なしのあらすじ1

満州事変をキッカケとして、軍閥・財閥・官僚は帝国主義的侵略の野望を強行するために国内の思想統一を目論見、彼等の侵略主義に反する一切の思想を「赤」なりとして弾壓していました。物語の舞台となるのは、そうした傾向が広がりつつあった日本・京都。京都大学の教授令嬢の八木原幸枝は、父親の教え子たちとともに穏やかな日々を過ごしていました。しかし、そんなある日、幸枝の父親である八木原教授が京都大学から追われることに。その理由は、教授が自由主義的な考えに基づき真っ向から日本の侵略主義を批判したことにありました。

幸枝は父親の正しさを信じ続けようとしますが、父親の教え子である野毛は八木原教授の対応は甘っちょろいと批判し、侵略主義打倒の旗の下に運動を起こすべきと主張してきました。幸枝は野毛の言葉に不快感を露わにしますが、野毛は人の言葉を素直に聞こうとしないことこそが幸枝の欠点と手厳しい言葉を返すのでした。

それから間もなく、京都大学で政府の言論弾圧に反対する大規模な学生運動が起こります。その運動の中には野毛の姿もありましたが、その運動はすぐに抑え込まれてしまいました。学生運動が落ち着いた頃、昔のように父親の教え子たちが幸枝の家に集まってきましたが、その中に野毛の姿がないことに幸枝は気づきます。野毛は左翼運動に本格的に参加し、仲間との交流を絶っているというのです。野毛の不在に寂しげな表情を浮かべる幸枝。それから時が経ち、昭和13年。幸枝は花嫁修行をする日々を過ごしていましたが、自分の人生に物足りなさを感じ始めていました。

【承】- わが青春に悔なしのあらすじ2

そんなある日、幸枝は数年ぶりに野毛と再会する機会に恵まれました。野毛は左翼運動をした罪で逮捕され、刑務所での服役を経験していましたが、本人は獄中で多くの本を読み知識を深めることができたと明るい様子を見せていました。また、近いうちに仕事で支那に行くことも決まっており、幸枝は野毛が再び自分の前から姿を消してしまうことに動揺してしまいます。

幸枝は野毛と別れた直後、上京し自活することを決心します。突然の娘の決断に驚いた父親が幸枝に真意を尋ねると、幸枝は涙ながらに答え始めました。今の自分は生きていないのと同じであり、生きていくことがどんなものなのか確かめたいというのです。両親は娘の望みを尊重し、幸枝の上京を許すことを決めました。

東京での生活に慣れた頃、幸枝は父親の教え子で野毛の旧友の糸川と偶然再会します。野毛は今東京に戻り、支那問題の権威として活躍していることを糸川から知らされ、幸枝は驚きの表情を浮かべます。それから毎日のように幸枝は野毛が働く事務所の前を訪ねるようになり、ついに野毛本人との再会を果たしました。

野毛と二人きりになると、幸枝は上京してから望むような仕事につげずにいることを告白しました。そして、突然野毛の秘密を知りたいと迫り、野毛を困惑させてしまいます。野毛は自分が歩む道は非常に危険と幸枝に告げますが、幸枝はそれでもかまわないと野毛の妻として生きることを決意します。こうして二人は幸せな夫婦生活を過ごすようになりますが、いつ野毛が危険な目に遭うかわからないことに幸枝は不安な思いを募らせていきます。

【転】- わが青春に悔なしのあらすじ3

そんなある日、野毛は仕事にひと段落ついたことを幸枝に報告し、これまでの幸枝の貢献に感謝の気持ちを伝えてきました。10年後に意味を持つであろう仕事と野毛は達成感を覚えていましたが、その一方でずっと会えていない田舎の両親のことを気にかけていました。そして、「顧みて悔いのない生活」という言葉をつぶやくと、野毛は仕事のため家を出て行ってしまいました。幸枝は愛する夫の帰りを待っていましたが、野毛がその日家に帰ることはありませんでした。野毛はスパイの罪で警察に捕まってしまったのです。

幸枝もすぐに身柄を拘束されますが、覚えのない罪の証言をしようもなく、幸枝はただ留置先で衰弱していきます。時は流れ、幸枝の父親である八木原教授が娘を解放するために留置所を訪れました。教授は幸枝を家に連れ帰り、教え子である野毛のために裁判で弁護士を務めようと考えていました。ところが、その前日の夜に野毛は昨夜留置場で急死してしまっていました。

幸枝は深い悲しみに苦しみますが、泣きながらも野毛の遺骨を田舎の両親に届けるべく家を出発する準備を始めました。幸枝は野毛の妻としてすべきことを果たそうと大きな決心を固めていました。幸枝が野毛の両親が暮らす農村を訪れると、野毛の両親は村の人々からスパイの家族としてひどい差別を受けていました。黙りこくる野毛の父親に代わり、野毛の母親は幸枝に京都に戻り元の生活に戻って欲しいと告げますが、幸枝は野毛の嫁として尽くしたいと考えており、早速真夜中に母親とともに水田作りに励み始めました。泥と汗にまみれ、わずか数時間で農家さながらの身なりとなる幸枝。そして、その表情はとても屈強なものでした。

その翌朝、幸枝は母親の制止を聞かず外に藁を調達しに出かけていきました。村の人々は大人子供問わず幸枝をスパイの家族として差別的な目を向けてきました。幸枝はそんな中でも目の前を睨みつけるように大量の藁を背負いながら歩き続けるのでした。

【結】- わが青春に悔なしのあらすじ4

その後も幸枝は野毛の母親とともに水田作りを地道に進めていきました。「顧みて悔いのない生活」という野毛の言葉を思い出しながら、体調不良を押して農作業に励む幸枝。そして、その努力は報われついに水田が完成します。ところが、喜んだのも束の間、ある朝起きると野毛の母親が泣き崩れていました。高熱を出していたものの、幸枝は急いで水田へ。そこで幸枝が見たものは、荒らされた水田と、スパイや売国奴と書かれた落書きとゴミが散乱する風景でした。幸枝は水田をしばらくの間眺めると、すぐに落書きとゴミを撤去し始めました。すると、そこに今まで家で押し黙ってばかりいた父親が現れました。父親は亡き息子を馬鹿たれ呼ばわりしながら、幸枝たちとともに水田の再生に取り組み始めました。幸枝と野毛の母親はその姿に感激の表情を浮かべるのでした。

その後、糸川が幸枝の実家からの依頼を受け、幸枝を連れ戻すべく野毛の田舎にやって来ました。糸川は昔のように親しげに幸枝に話しかけますが、幸枝の勇ましさすら感じさせる表情にただ圧倒されてしまいます。幸枝は実家には帰らないこと、そして野毛が正しかったかどうかは時が裁いてくれるだろうとだけ糸川に伝え、農作業へと戻って行きました。

それから時が経ち、日本は終戦の日を迎えました。京都大学では、八木原教授が野毛を讃えるスピーチを行い、多くの学生たちがその言葉に耳を傾けていました。その頃、幸枝も実家に一時帰省していました。農村文化運動に携わり、「顧みて悔いのない生活」を送れていることの喜びを母親に伝えると、幸枝はすぐに家を後にしました。その後、野毛や糸川とよく来た小川のほとりでしばらくの間思い出に浸った後、幸枝は田舎にもどるべくトラックに乗り込みました。トラックには、幸枝を快く迎える村の人々の笑顔がありました。

みんなの感想

ライターの感想

教授のお嬢様からたくましい農家へと変貌を遂げるヒロインを熱演した原節子の表情に圧倒されます。戦時下における抑圧や差別の描写も不気味で恐ろしく、戦争という異常な事態における恐怖を生々しく描いています。それだけにラストのヒロインの晴れ渡る笑顔が印象に残りました。

映画の感想を投稿する

映画「わが青春に悔なし」の商品はこちら