「アイアムサム」のネタバレあらすじ結末

アイ・アム・サムの紹介:2001年制作のアメリカ映画。知的障害を持つ父親と幼い娘との純粋な愛をビートルズの曲とともに描いたドラマで、父親役のショーン・ペンがアカデミー賞主演男優賞にノミネート、娘役のダコタ・ファニングは複数の賞を総なめにした。

この映画を無料で観る

予告動画

アイアムサムの主な出演者

サム・ドーソン(ショーン・ペン)、リタ・ハリソン・ウィリアムズ(ミシェル・ファイファー)、ルーシー・ダイアモンド・ドーソン(ダコタ・ファニング)、アニー・カッセル(ダイアン・ウィースト)、ランディ・カーペンター(ローラ・ダーン)、Mr.ターナー(リチャード・シフ)

アイアムサムのネタバレあらすじ

【起】- アイアムサムのあらすじ1

サムはスターバックスで時給8ドルで働く、自閉症ぎみの7歳程度の知能しかない知的障害者です。
サムはホームレスの女性・レベッカを家に置き、レベッカは妊娠しました。生まれた女児に、サムはルーシー・ダイアモンドと名付けます。
子どもがいらないレベッカは退院後にすぐ姿をくらまし、サムは途方に暮れました。おむつの替え方も知らず、店に買いに行っておむつメーカーの多さに戸惑います。
サムの育児に協力したのは、向かいに住む女性・アニーでした。アニーはジュリアード音楽院を首席で卒業した優秀なピアニストですが、ひきこもり(外出恐怖症)です。
サムと同じ知的障害の仲間・ロバートやジョーら男性4人も、全面協力します。 この映画を無料で観る

【承】- アイアムサムのあらすじ2

ルーシーが生まれるまでは「毎月最初の木曜はサムの家で映画鑑賞の日」「金曜はカラオケの日」「水曜はアイホップ(パンケーキのチェーン店)の日」と決めて楽しんでいましたが、ルーシー誕生後はみんながサムに協力して育児の手伝いをしました。
ルーシーは、父・サムはもちろんのこと、周囲の人たちの愛を受けて育ちます。
しかしルーシーが小学校に入学し、7歳になる頃から問題が起きました。
たまたまサムと売春婦・リリーが店にいた現場を見た警官が逮捕し、サムに「買春」逮捕歴がつきます。
児童福祉局から目をつけられたサムは、父としての養育能力がないとみなされ、ルーシーを取り上げられました。サムは法廷で戦う決意をします。

【転】- アイアムサムのあらすじ3

エリート弁護士・リタは有能ですが時間に追われ、常にカリカリして同僚にも嫌われています。
社会奉仕もできるとパーティの席上で発言した手前、リタはサムの弁護を引き受けますが不利な裁判でした。証人は障害者ばかりで普通の証言が得られません。
「ルーシーにとってもっと恵まれた生活があるのでは」とターナー検事に問われたサムは肯定し、条件付きの共同親権でルーシーは里親・ランディに引き取られました。
最初は体裁で弁護を始めたリタですが、サムとルーシー親子の絆を見て考えさせられます。夫に浮気され、常に苛々して息子・ウィルに当たり散らす自分よりも、知的障害者とはいえサムの方がよほど父親として立派ではないか…。

【結】- アイアムサムのあらすじ4

そう思ったリタは、いつしか親身になってサムの味方となり、ある作戦をサムに授けました。
サムは里親・ランディの近所のアパートに引っ越し、仕事も近所のピザハットに転職し、収入増加を狙い犬の散歩のアルバイトをします。
近所に越したことを知ったルーシーは毎夜サムの元へ行き、サムはランディの所へ送り届けました。ランディはルーシーに愛情を抱き養子縁組をしたいと思っていましたが、サムとルーシーの絆の深さに気づき、あきらめます。
ランディにサムは「ルーシーには母親も必要だ」と言いました。
サムは親権を奪われることなく共同親権のまま、ルーシーはランディ宅で暮らしながら、好きな時にサムと会えるようになりました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アイアムサム」の商品はこちら