「アレクサンドリア」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

アレクサンドリアの紹介:2009年制作のスペイン映画。4世紀のアレクサンドリアに実在した、知性と美貌を併せ持つ天文学者ヒュパティアがたどる数奇な運命を、壮大なスケールで映し出す。

予告動画

アレクサンドリアの主な出演者

ヒュパティア(レイチェル・ワイズ)、ダオス(マックス・ミンゲラ)、オレステス(オスカー・アイザック)、テオン(マイケル・ロンズデール)、キュリロス(サミ・サミール)、アンモニオス(アシュラフ・バルフム)、シュネシオス(ルパート・エヴァンス)

アレクサンドリアのネタバレあらすじ

【起】- アレクサンドリアのあらすじ1

西暦4世紀末、地中海沿岸の地域を支配したローマ帝国が崩壊しかけた頃…。
ローマの支配下、地中海に面したエジプトの都市・アレクサンドリアでは、宗教の問題で揺れました。民衆は地元から伝わる古代の神を信仰しますが、ユダヤ教とキリスト教が入り勢力を広げます。
哲学者で天文学者の女性・ヒュパティアは、美貌と知性から多くの弟子に慕われました。弟子・オレステスがヒュパティアに愛を告白しますが、ヒュパティアは断ります。
ヒュパティアの興味は学問で、天動説を疑っていました。
ヒュパティアに仕える奴隷・ダオスもヒュパティアを愛していましたが、ダオスは身分差を気にして口にしません。

【承】- アレクサンドリアのあらすじ2

ある時、キリスト教徒が古代の神々を侮辱し、科学者たちはキリスト教徒へ復讐しました。
当時地域を支配していたローマ帝国の長官に訴えるべきだとヒュパティアは進言しますが、父・テオンはそれを退けます。
やがて大勢のキリスト教徒が報復に来て、科学者たちは図書館に逃げこみました。
裁きを求められたキリスト教徒のローマ皇帝は、科学者たちの罪を不問にする代わり、図書館を放棄しろと命令します。
図書館は破壊され、アレクサンドリアではキリスト教とユダヤ教のみが認められ、他の宗教をあがめる者は異教徒として排斥されました。
奴隷・ダオスは悩みますが、キリスト教徒に改宗して自由を得ます。

【転】- アレクサンドリアのあらすじ3

…数年後。ローマ帝国は東西に分裂します。
ダオスは修道兵士になり、オレステスも改宗してアレクサンドリア長官になりました。ヒュパティアの弟子・シュネシオスも主教になっています。
しかしヒュパティアは改宗しないまま、天動説についての研究を重ね、地球と惑星との動きを解明しようとしました。
その頃ではキリスト教徒はユダヤ教をも弾圧し始めており、指導者のトップであるキュリロス主教は、皆殺しを命じます。
キュリロス主教はアレクサンドリアの支配をたくらみ、長官・オレステスを失脚させようと考えました。
オレステスがヒュパティアを好きだと気づいたキュリロス主教は、ヒュパティアを攻撃します。

【結】- アレクサンドリアのあらすじ4

オレステスはヒュパティアをかばって亡くなりました。
ヒュパティアは魔女だと呼ばれるようになります。
それでもヒュパティアは改宗をこばみ、弟子に教え続けました。長年の研究でヒュパティアが出した結論は、地動説ではなく長円軌道説でした。
415年。ついにヒュパティアがキリスト教徒に捕らわれ、処刑されることになりました。
キリスト教徒たちはヒュパティアを刀で殺す価値もないとみなし、殴り殺す石を探しに行きます。
ヒュパティアの番をするため残ったのはダオスでした。ダオスはヒュパティアに無残な死を与えないよう、窒息死させました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アレクサンドリア」の商品はこちら