「イミテーションゲームエニグマと天才科学者の秘密」のネタバレあらすじ結末

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才科学者の秘密の紹介:2014年公開の事実に基づかれた物語。第二次世界大戦中にエニグマ暗号の解読に取り組んだアラン・チューリングを描いた作品。アカデミー賞では8部門にノミネートされ、脚色賞を受賞。2014年のインディペンデント映画として最高の興行収入を記録。監督は「パッセンジャー」のモルテン・ティルドゥム。音楽は「クィーン」のアレクサンドル・デスプラ。主演は「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」のベネディクト・カンバーバッチと「つぐない」のキーラ・ナイトレイ。

この映画を無料で観る

予告動画

イミテーションゲームエニグマと天才科学者の秘密の主な出演者

アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)、ジョーン・クラーク(キーラ・ナイトレイ)、ヒュー・アレグザンダー(マシュー・グッド)、ロバート・ノック刑事(ロリー・キニア)、ジョン・ケアンクロス(アレン・リーチ)、ピーター・ヒルトン(マシュー・ビアード)、アラステア・デニストン中佐(チャールズ・ダンス)、スチュアート・ミンギス少将(マーク・ストロング)、ジャック・ゴールド(ジェームズ・ノースコート)、スタール巡査部長(トム・グッドマン=ヒル)、スミス警視(スティーヴン・ウォディントン)、キース・ファーマン(イラン・グッドマン)、若き日のチューリング(アレックス・ロウザー)、クリストファー・モーコム(ジャック・バノン)、ヘレン(タペンス・ミドルトン)、ウィリアム・ケンプ・ロウサー・クラーク(デイヴィッド・チャーカム)、ドロシー・クラーク(ヴィクトリア・ウィックス)

イミテーションゲームエニグマと天才科学者の秘密のネタバレあらすじ

【起】- イミテーションゲームエニグマと天才科学者の秘密のあらすじ1

第二次世界大戦の中、アラン・チューリングはブレッチリーを訪れます。デニストン中佐に面接をされて、エニグマ暗号を解読することを伝えます。
エニグマ暗号はナチスドイツが使っていて、解読不可能と考えられていました。解読ができないことで、多くの兵士が命を落としている状況です。
MI-6のミンギスが様子を伺う中、アランはチームとして解読に参加するように言われます。リーダーはチェスチャンピオンのヒューとなります。
皆が暗号を解読していますが、アランは一人マシンの制作に取り組んでいました。浮いた存在となり、皆からは嫌われます。更にソ連のスパイではないかと疑われる始末です。
アランはマシンを開発するために、10万ポンドの費用が必要だと中佐に告げます。しかしヒューが却下したことと、中佐がアランが嫌いなこともあって駄目だと言われます。
アランは中佐を指示しているチャーチルに手紙を書きます。そしてヒューがリーダーではなく、アランがリーダーになります。
アランは早速、使えない仲間をクビにします。仲間からは冷たい目で見られることになります。
人手不足になったので、アランは人員補強のためにテストを行うことにします。
新聞にクロスワードパズルを載せて、優秀な人材を試験会場に集めます。そこでアランは、遅刻してきたジョーン・クラークと出会います。
彼女は、制限時間内に解くことのできないはずの問題を一人解いてしまいます。天才といわれたアランでも時間内には無理な問題でした。 この映画を無料で観る

【承】- イミテーションゲームエニグマと天才科学者の秘密のあらすじ2

彼女ともう一人の男性が採用されることになりますが、クラークは職場に来ませんでした。
自宅へ押しかけたアランは、彼女から女性がいない職場であったり遠かったりと理由を言います。どうも両親が納得していないようで、アランが大丈夫な事を遠回しに伝えます。
クラークは女性事務員達が働く場所で勤務することができるようになります。そしてアランに、皆に嫌われたら暗号を解くのは難しいとアドバイスします。
それからアランは、仲間達と協力するようになります。巨大なマシンを開発し、名前をクリストファーと名付けます。
クリストファーは、アランが学生時代好きだった人物の名前です。彼は結核で亡くなってしまいました。
アランが同性愛者である事は同僚のケアンクロスだけが知っています。当時、同性愛は認められておらず、罪を問われてしまう時代でした。
クリストファーを稼働させ始めますが、エニグマ暗号を解くのに時間がかかりすぎて、ひたすら動き続けている状況です。
この状況に我慢の限界がきた中佐は、アランをクビにしようとします。しかし仲間達は、アランがクビなら自分達もしてくれと言います。中佐に後一ヶ月だけ猶予をもらえることができます。
アラン達は必死に解読を続けますが、刻一刻と時間は過ぎていきます。
ある日、クラークが結婚していないこともあって辞めると言い出します。そこでアランは彼女にプロポーズをします。
二人の婚約が決まって、皆で盛大に祝います。ケアンクロスは、同性愛者であることは秘密にしといた方が良いとアドバイスしてくれます。

【転】- イミテーションゲームエニグマと天才科学者の秘密のあらすじ3

クラークの同僚のヘレンに、シューを紹介してあげることになります。そこでヘレンが、冗談まじりにドイツの無線を傍受していると同じ言葉が出て来る事を話します。ドイツ兵が愛している女性に向けて話しているのが分かるそうです。
アランは重要な事に気づきます。解読する必要がある言葉が限定できれば、マシンで解読するのが直ぐに終わると閃きます。
毎朝、ドイツは天気予報を無線で知らせます。その後には必ずヒトラーの名前が続きます。
その部分だけを解読すると、エニグマ暗号を解いてしまいます。大発見して、皆は大喜びになります。
傍受した無線を解読して、戦艦の位置などを把握していきます。すると直ぐにも襲われそうな船を見つけます。
ヒューが中佐に知らせようとしますが、アランはそれを止めます。なぜならば、急に作戦が読まれたと思えば、ナチスドイツは暗号が解かれたと気づいてしまうからです。
すぐに設定を変えるなど、対策を練ってきてしまいます。だからこそ、アランは解読したことを秘密にすることにします。
ミンギスに協力を頼んで、ドイツとイギリス両軍に嘘の情報を流すことにします。それを利用して、戦争を早期終結に向かわせようと提案します。
ミンギスが承諾して、彼はアランを褒めます。しかしアランは、ソ連のスパイがケアンクロスであることに気づきます。自分が疑われた時に使われた暗号が、彼の聖書から引用されたものだったのです。

【結】- イミテーションゲームエニグマと天才科学者の秘密のあらすじ4

ケアンクロスは、この事を喋れば同性愛者であることを漏らすと言ってきます。
アランはミンギスに言おうとしますが中止します。しかしミンギスは気づいていました。
ミンギスを信用できないアランは、クラークに遠くに逃げるように説得します。同性愛者である事をカミングアウトしますが、クラークは気にしませんでした。
婚約は解消になりますが、クラークは仕事を続けることを選びます。
アラン達の活躍によって、1400万人もの人達の命が奪われずに済んで戦争が終結します。ミンギスはマシンや資料の破棄を命令します。
それから1951年となって、アランの家が何者かによって荒らされます。警察が近所の通報でやってきますが、アランは話しにならないと追い払います。
警察はアランの情報を調べますが、軍歴など資料が何も残っていませんでした。そのため、彼がスパイなのではと疑います。
調べていくうちに、彼が男性と関係を持っていた事が分かります。同性愛者として逮捕状が出ることになります。
アランは刑務所に入るか、ホルモン注射で去勢するかのどちらかを選ばされます。
自宅でクリストファーを作り続けたいアランは、ホルモン注射することを選びます。その辛い状況を知って、クラークが彼の元にやってきます。
彼女は陸軍の男性と結婚して幸せな暮らしを送っています。アランの功績があるから、皆が普通に幸せに暮らせてるのだと励まします。
1954年、アランは自殺をします。アランの作ったマシンは、現在の「コンピューター」の基礎となっています。これらの事実は戦後50年以上、機密扱いでした。
2013年、エリザベス女王は正式に恩赦を与えて、彼の偉業を称えます。終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、アラン・チューリングの偉大な功績を称えた作品です。興行収入は2億ドルを超えるヒットをして、アカデミー賞のみならず様々な海外の賞を多数ノミネートと受賞をしました。
特に感動したポイントは、最後の方でクラークがアランを励ました言葉です。「時として誰も想像しないような人物が想像できない偉業を成し遂げる」という台詞を言います。
これはクリストファーからアランへ、そしてアランからクラークに伝わり、クラークからアランに返ってきました。この演出には感動してしまいます。
また、エンディング間近のテロップで、コンピューターの基礎を作った人物だったとはと驚きました。
今作では、イギリスの学校や町並み、ブレッチリーなどが映し出されています。当時の戦争中の映像も流れてきます。
最後まで見終わって、アラン・チューリングの人生を知ることができました。作り込まれたストーリー、演出などなど素晴らしい出来で面白かったです。

映画の感想を投稿する

映画「イミテーションゲームエニグマと天才科学者の秘密」の商品はこちら