「イルカと少年」のネタバレあらすじ結末

イルカの少年の紹介:2011年公開。尾びれを失ったイルカと少年との絆を実話に基づいて描いた感動作品。11歳の少年ソーヤーは浜辺で怪我をしたイルカを発見する。海の病院へと搬送されたイルカはウィンターと名付けられた。ウィンターの事が気になったソーヤーは、病院に行って獣医のクレイや娘のヘイゼルと出会う。ウィンターは尾ひれの感染がひどく、切り落とすことに。ソーヤーはウィンターのために人工の尾びれを付けることを思いつくのだった。

この映画を無料で観る

予告動画

イルカと少年の主な出演者

クレイ・ハスケット博士(ハリー・コニック・jr)、キャメロン・マッカーシー博士(モーガン・フリーマン)、ロレーヌ・ネルソン(アシュレイ・ジャッド)、ソーヤー・ネルソン(ネイサン・ギャンブル)、リード・ハスケット(クリス・クリストファーソン)、カイル・コネラン(オースティン・ストウェル)

イルカと少年のネタバレあらすじ

【起】- イルカと少年のあらすじ1

州の水泳記録を更新したカイルは従弟で11歳の少年のソーヤーを連れて、卒業した学校に来ていました。カイルは新たな記録を叩きだす期待の星、ドノヴァンの泳ぎをソーヤーに見せて家に帰ります。
ホームパーティーが開かれますが、ソーヤーは周囲の人と接せず、一人でラジコンヘリをいじっていました。カイルは友達を作って、みんなで遊ぼうと誘います。しかしソーヤーは話に乗りませんでした。
カイルは水泳の練習の費用を稼ぐために軍隊に入ります。そして派遣先へと向かうのでした。
成績の悪いソーヤーは夏休みに補習を受けることになります。同じクラスの子にいじられるソーヤーでした。
ある日、ソーヤーが海岸近くを自転車で走っていると釣りをしている老人に呼び止められます。携帯電話を貸してほしいといった内容でした。
電話が必要な理由は、罠にかかったイルカが怪我をして打ち上げられていたのです。ソーヤーはイルカの罠を解除してあげて話しかけます。ソーヤーとイルカは意思疎通ができている様子です。
911に老人が電話すると海の病院のスタッフがイルカを救助しにきます。イルカはウィンターと名付けられて治療が行われます。
ウィンターの事が気になったソーヤーは海の病院に向かいます。勝手口が開いていて侵入します。寄ってくるペリカンのルーファスに驚くソーヤーでした。
ソーヤーはヘイゼルと出会います。彼女は救助の時にいたソーヤーをウィンターの所に案内します。ヘイゼルの父で獣医のクレイがやってきて慌てて逃げます。 この映画を無料で観る

【承】- イルカと少年のあらすじ2

ウィンターは尾びれに怪我をしていて感染を起こしていました。心配したソーヤーは翌日も様子を見に行きます。ヘイゼルとこっそり覗いているとクレイに見つかってしまいます。
怒られると思ったソーヤーでしたが、ウィンターがソーヤーを呼んでいることが分かって近づくことを許されます。ソーヤーとウィンターは意思疎通をはかります。
それからソーヤーは海の病院に来ていい事になります。補習をさぼって毎日行きます。ウィンターの面倒を見るようになったソーヤーは、クレイでは無理だった食事をあげることに成功します。
ウィンターは尾びれの感染がひどくて、切り落とすことになります。尾びれを失ったイルカは死ぬ運命がほとんどでした。しかし、ウィンターは無い尾びれを横に振って泳ぎ始めます。
補習をさぼっていることが母のロレーヌにばれて怒られます。あんなに夢中になっているソーヤーを見るのは久しぶりだと叔父と叔母はロレーヌに言います。
ロレーヌはソーヤーの仕事ぶりを見に行きます。水族館にもなっている病院内を案内する姿はとても生き生きしていました。クレイからも話しを聞いて、ロレーヌは病院に行くことを認めます。
ロレーヌは教師に補習の免除を頼みます。しかし、特別待遇はできないと言われてしまいます。
それでもソーヤーはウィンターの面倒を見に行きます。海で遊ぶグッズを持って行って、ヘイゼルとウィンターと一緒に遊びます。

【転】- イルカと少年のあらすじ3

ソーヤーが家に帰ると、カイルが爆発に巻き込まれて帰ってくる知らせが来ます。カイルは泳ぐには難しい体になってしまいます。
カイルは家族と過ごさずに独りで病院にいました。義手や義足を作っているマッカーシー博士と相談しています。
そこにソーヤーとロレーヌが会いに行きます。カイルはソーヤーと話しますが、水泳の事を聞かれて独りでいることを選びます。
ウィンターは尾びれが無いため、横に振る泳ぎ方をしていました。その事が原因で脊髄を痛める可能性が出てきます。このままでは死んでしまうと皆は頭を抱えます。
ソーヤーは閃きます。マッカーシー博士にウィンターの人口尾びれを作ってもらうようにクレイからも頼んでもらいます。
大型のハリケーンが発生して病院は大慌てになります。嵐が過ぎ去ると病院は大きな被害を負います。前々から資金不足で運営が困難になっていた病院は、売却することを決めます。売却した後はホテルに変わる予定です。
他の動物達は引き取り先が見つかりますが、ウィンターは障害があるため引き取り先がありませんでした。安楽死させるしかなくなります。人口尾びれも金がなくて作れませんでした。
納得の行かないソーヤーは落ち込みます。そんな時、8時間もかけて運転してきた母娘がやってきます。娘さんは足が片方ありませんでした。ウィンターの事が大好きで見に来たのです。

【結】- イルカと少年のあらすじ4

ソーヤーはホームページを作ってウィンターを宣伝します。そしてショーを開催して、お金を集める計画を考えます。
しぶるクレイでしたが、許可を出してヘイゼルも指示を出し始めます。大忙しになって、カイルがやってきます。彼もウィンターを見て再度泳ぐために頑張り始めます。
カイルはテレビ局にも宣伝しに行きます。そしてテレビではウィンターとソーヤーの紹介、ショーの開催を知らせてくれます。ショーでカイルもドノヴァンと水泳で競争することになります。
何度制作してもウィンターは人口尾びれを気に入りませんでした。ソーヤーはウィンターとの意思疎通で擦れているのが嫌だと分かります。
ショー間近になって、素材を変えた人口尾びれを気に入ったウィンターは見事に装着して泳ぎます。
ショーには大勢の人達がやってきてくれます。ソーヤーの教師もやってきて補習の分の点数はあげると言います。
ショーはカイルとドノヴァンの対決から始まります。カイルが途中で陸に上がって、ウィンターと変わります。
ウィンターはドノヴァンを抜き去って大盛りあがりです。ソーヤーとヘイゼルはテンションが上がって飛び込みます。観戦していた子供達も飛び込みます。
ショーは大成功に終わって、売却先のオーナーがホテルを建てることは時間がかかるから、このまま水族館と病院を続けて欲しいと言ってくれます。
現在もウィンターはフロリダで元気に泳いでいます。人口尾びれに使われた素材は人間の装具にも使われます。最後に実際のウィンターや彼女に関わる人達の映像が流れてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所はエンディングが流れる前ぐらいにソーヤーとウィンターが抱き合いながら泳ぐ場面があります。最後にパシャッと止まるのですが、そこで描かれる一枚の絵のような芸術はとても印象に残ります。
また、ペリカンのルーファスが所々で面白いのです。登場人物達に悪戯っぽく突っついたり、ハリケーンの時は怖がったり、動いてる姿が見ていて可愛いくて仕方なくなります。
他にもショーを開催することになって、子供のヘイゼルが大人達に指示する場面は笑ってしまいます。子供も大人も関係なく、ウィンターの事を想って行動する姿は感動ものです。
全体を通して、ジーンとなるシーンが多くて常に涙がこぼれてくる要素が満載ですが、笑える部分もあって、子供さんから大人まで楽しめる素晴らしい作品です。

映画の感想を投稿する

映画「イルカと少年」の商品はこちら