「インポッシブル」のネタバレあらすじ結末

インポッシブルの紹介:2012年公開のスペイン映画。大津波に巻き込まれた5人の家族が、異国の地で絶望的な状況に立ち向かう姿を描いている。2004年のスマトラ島沖大地震による津波によって、引き裂かれた家族の衝撃の実話を基にした作品。ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ共演で贈る。

予告動画

インポッシブルの主な出演者

マリア(ナオミ・ワッツ)、ヘンリー(ユアン・マクレガー)、ルーカス(トム・ホランド)、トマス(サミュエル・ジョスリン)、サイモン(オークリー・ペンダーガスト)、老婆(ジェラルディン・チャップリン)

インポッシブルのネタバレあらすじ

【起】- インポッシブルのあらすじ1

2004年12月26日、アジア南東の海岸が大津波に襲われました。世界各国の無数の家族が人生を変えられました。
父ヘンリー、母マリア、長男ルーカス、次男トマス、三男サイモンはプーケット国際空港へと降り立ちます。クリスマスイブにタイのカオラックへと家族旅行にやってきます。
3階の海の見える部屋を頼んでいましたが、案内人から別の部屋にしたことを告げられます。その部屋のオーシャンビューの美しさに納得します。
夜は豪勢な食事とイベントに参加し、幸せな一時を過ごします。日が明けてクリスマスとなり、子供たちはプレゼントに喜びます。その夜、時差ボケなのかトマスが眠れないとマリアの布団に入ってきます。
翌日、一家はプールで遊んでいます。携帯を触っているヘンリーにマリアは不機嫌になります。クビになるかもしれない事柄で、ヘンリーは不安になっていました。
元医者であるマリアはそろそろ復帰する頃合いだと述べ、ヘンリーは考えておこうと子供たちと遊びます。マリアが持っていた紙が風に流された後、大きな地鳴りが鳴り響いてきます。
観光客は皆何事かと海の方を見ながら静まり返っています。次の瞬間、悲鳴とともに大きな津波が押し寄せてきます。
ヘンリーは、トマスとサイモンと手を繋いで飲み込まれ、ルーカスはプールに潜りこみます。マリアは一人窓ガラス付近で巻き込まれる覚悟をします。
周りが真っ暗になった後、マリアが水の中から上がって流木につかまります。視線の先にあったのは、あらゆる物が流されている急流になった大量の水です。
流されているルーカスの声が聞こえてきて、マリアは愛する息子を助けに泳ぎます。ルーカスは流されている物につかまりますが、今度はマリアが流されてしまいます。
母を助けに泳ぎに行くルーカスとマリアが見たのは、巨大な大津波の第2波です。マリアに指示されて、ルーカスは水の中に潜りますが、流されてきた物が水の中でぶつかってきます。
何とか浮上して木につかまることができますが、マリアが浮いた状態で流されてきます。彼女を心配するルーカスの声に、マリアが意識を取り戻します。
二人は合流することができて、浮いていた木につかまります。そして少しずつ浅瀬に向かって歩いていきます。
マリアの後ろを歩いていたルーカスは、母の右足の裏側を見てられなくなります。皮膚が剥がれ、血が流れていたからです。マリアは枝を巻いて足を縛ります。
大きめな樹を見つけたので、登れば次の津波による心配はないとルーカスは考えます。目指して向かっていると、男の子の助けを呼ぶ声がしてきます。
次の津波が来たら死んでしまうこと、何もしてあげられないことから助けられないとルーカスは無視しようとします。マリアは助けてあげなければならないと強い意志を見せます。
探しに行くと、手だけが見えてきて被さってる物を取り除きます。中から小さな男の子が出てきて、一緒に大きめな樹を目指します。
彼の名前はダニエルと言って、ルーカスが先に樹の上に登れるように手伝います。次はマリアの番ですが、息子に迷惑をかけられないと自分の力で登ろうとします。
しかし右足の負傷から難しく、ルーカスが手と肩を貸します。踏ん張る二人の声が響いた後、何とか樹の上に登ることが出来ます。

【承】- インポッシブルのあらすじ2

樹の下で拾っておいたコーラを3人で分けて飲みます。ダニエルがマリアの頭と手を撫でて労ってくれます。
樹の上で横になっていると、二人の地元の男性が歩いてきます。助けが来てくれたと喜びますが、お爺さんとルーカスではマリアを運べませんでした。
一人の男性がダニエルをおんぶして、ルーカスが周りの木などをどかします。お爺さんがひこずりながらマリアを運ぶのですが、足に走る激痛からマリアは叫び続けます。
意識が遠のいていくマリアが次に目を覚ますと、地元の人たちが何名か見守っていてくれました。服を着せてくれて、助けてくれたことをマリアは感謝します。
地元の男性たちがドアをストレッチャー代わりにして、車の荷台にマリアを乗せます。ルーカスも一緒に乗りますが、ダニエルの行方は分からなくなっていました。
車から見える景色は、倒れている人々や亡くなっている人々、悲しむ人々、全てが流されてしまった悲惨な光景です。マリアたちの前を走る車には亡くなった人が大勢乗せられていました。
病院に到着すると、お爺さんが入り口にいる医師を抑えてマリアが中に運ばれます。薬を置いている部屋に入れられて、マリアは出血がひどいことからルーカスに抗生物質を探すように頼みます。
すると医師と看護師がやってきて、注射と足に薬をかけていきます。足に包帯を巻かれたマリアは病室に連れて行かれて、ルーカスに足の色を聞きます。
黒くはなってないことから大丈夫だとマリアは判断します。隣りにいた女性に声をかけると、突然血を吐き出します。ルーカスに窒息させないために横にするように言います。
ルーカスが手伝っていると、今度はマリアが血を吐き出して中から異物を吐き出します。もう止めて欲しいと悲痛なルーカスの声が響きます。
目を覚ましたマリアは、みんなが忙しいことから、ルーカスに助けてあげるように頼みます。ルーカスは病室を離れて歩いていると、受付で必死に家族を探す男性に出会います。
英語が話せることから、彼から家族の名前と写真を見せてもらいます。病院内を探してみると告げて、一人ずつ名前を呼びながら回っていきます。
すると他の患者から、家族を探して欲しいと名前を言われます。ルーカスはメモをとって、皆の名前を告げながら歩いて探します。
まったく見つからない中、受付にいた男性の息子がベッドの上から受け答えをしてきます。ルーカスは父が病院に来ていることを話すと、その子は自分で行こうとします。
場所が遠いことや無理をさせたくないことから、ルーカスは自分が父を呼んでくるからと告げます。父と息子の感動の対面を見るルーカスでした。
マリアの病室に戻ると、彼女はいなくなっていてファイルも取り上げられます。新たな患者がベッドにやってきて、混乱するルーカスに看護師が助けに来ます。
親の行方が分からない子供たちのテントに連れてこられて、家族のことなど聞かれた後、ルーカスは自分の名前が書かれたシールを服に貼られます。同じ状況の子供達が周りにはたくさんいました。

【転】- インポッシブルのあらすじ3

場面は変わり、ヘンリーはホテル周辺にマリアとルーカスがいないか探しています。ホテルの屋根に避難させたトマスとサイモンは無事でした。
生き残った人々は、安全な山にトラックで移動をしようとしていました。二人を諦めきれないヘンリーは残って探すことにします。
トマスにサイモンを頼むと託し、トラックに乗った女性に二人を頼みます。ヘンリーは携帯電話を持っていた人に貸してほしいと頼みますが、電池が残り少ないと断られます。
真っ暗闇の中、懐中電灯で探し続けていたヘンリーは足を踏み外して怪我をします。ヨロヨロと歩いていると、トラックが通りかかって安全な所まで連れて行ってくれます。
被災した人々が集まる中、ヘンリーは足の不自由なカールの話しを聞きます。2歳の娘と妻はいなくなり、残っていたのはメモだけでした。
ヘンリーもホテルにいたのかと聞かれて、マリアとルーカスを探していることを話します。家族には電話したのかと聞かれて、携帯がないからできないんだと話します。
カールは連絡が来るかもしれないからと電池を残していました。携帯を使っていいと言われたヘンリーは、他の人も使いたいだろうから手短に話すと言って借ります。
祖父のブライアンに電話をして、トマスとサイモンの無事を伝えます。マリアとルーカスが行方不明だと伝えると、ヘンリーは号泣してしまって電話を切ります。
携帯電話を返すと、カールはそれでは不十分だからと電話していいと言ってくれます。周りの人々も使っていいよと言ってくれて、ヘンリーはブライアンに絶対に二人を探し出すことを告げます。
星空の下、トマスがサイモンを寝かしつけていると、一人の老婆がやってきます。星には死んでしまったものもあると語り、トマスは見分けられるのかと疑問に思います。老婆は見分けることはできないと言います。トマスとサイモンなど子供たちだけ別の場所にトラックで移動させられることになります。
ヘンリーはカールと一緒に家族を探します。遺体安置所に行ったり、町を訪ねて、次は病院に行こうとします。しかし、トマスたちを託した女性がいて、彼女から子供たちだけ別の場所に連れていかれたことを聞きます。
ルーカスは看護師に呼ばれて、マリアが身につけていた時計や結婚指輪を見せられます。死んだと思って、誰のものか分からないと繰り返し答えます。
病室に案内されると、手術を終えたマリアの姿がありました。病院の手違いで名前が間違われてしまっていました。
看護師が謝罪をしてきて、ルーカスは大丈夫なのか聞きます。胸の手術は終えたけれど、出血が多くて足の手術はまだであり、体力の回復を待ってからの手術になると言われます。

【結】- インポッシブルのあらすじ4

ヘンリーはマリアたちのいる病院にやってきます。ここは一度見たからとトラックの運転手や、他に家族を探している人から飛ばそうとされます。ヘンリーはまだ見てなかったことから、5分だけ時間が欲しいと言って見に行きます。
ルーカスの目の前にダニエルが現れて、彼の後をついていきます。するとダニエルが父と仲良く抱っこされている姿が見えます。
嬉しい光景をマリアに報告しようとすると、足の状態を見て欲しいと言われます。ルーカスはまだ赤いから大丈夫と言いますが、看護師には症状が悪化していることを伝えます。
マリアは飲み物が残ってないかとルーカスに言います。ルーカスは飲み物をとりにいくため、マリアのベッドのカーテンを閉めていきます。
ヘンリーは病院内を探していき、マリアのベッドの横を通ります。カーテンが閉められていて気づきませんでした。マスクをつけられているマリアはカーテン越しにヘンリーの陰を見ます。
飲み物をとりにいったルーカスは、父の後ろ姿を見かけて呼びに行きます。外に出ますが、大勢の人がいて父を発見できないでいます。
ヘンリーはここにはいないと思い、トラックの荷台に乗ってしまいます。出発しようと運転手がエンジンをかけますが、中々かかりませんでした。ヘンリーは何かに気づきます。
その頃、サイモンはおしっこが我慢できなくて、トラックから降りて病院の外で用を足しに行きます。早く戻らないと置いていかれると、トマスが注意しに行きます。
おしっこが済んで、トラックに乗り込むと父の名を叫ぶルーカスの姿がありました。トマスとサイモンは大声でルーカスの名を叫びます。
兄弟が感動の再会を果たすことが出来て、3人は抱きしめ合います。ルーカスの視線の先には、ヘンリーが歩いてくる姿がありました。
ヘンリーも一緒に抱き合って、涙と感動に溢れる姿を周りの人々は見ていました。ルーカスは母がいることを告げて、状態が危険であることを話します。
ルーカスが声をかけて、マリアは少しずつ目を開けていきます。マリアの目に映ったのは夫ヘンリーの姿で、マリアは自分が死んだのかと言います。
トマスとサイモンの無事を確認できたマリアは、ヘンリーに後のことを頼みます。マリアは自分が死ぬことを予期していました。医師たちが現れて手術室に運ばれていきます。
病室でヘンリーと3人の息子たちはマリアの無事を祈ります。手術室に入ったマリアは、眠ることが怖いと言います。看護師に楽しいことを考えてと言われて、マスクをつけられて眠ります。
マリアが大津波に襲われた時の映像が流れ、彼女の体に枝や珊瑚などが突き刺さっていきます。そして水の中から這い上がったマリアの姿を夢で見たルーカスは目を覚まします。
ヘンリーがやってきて、マリアの無事を知らせてくれます。チューリッヒ保険の担当者が現れて、シンガポールの病院に飛行機で移されることになります。
飛行機内で、ルーカスはダニエルの幸せそうな姿をマリアに伝えます。マリアは助けてくれてありがとうとルーカスに伝えます。
ルーカスは服に貼られたシールを剥がし、ヘンリーはカールの妻と娘のメモ書きを見ます。マリアは窓から津波で流された悲惨な光景を見て涙します。
これはマリア、キケ、ルーカス、トマス、シモンの実体験を基にした作品です。彼らの写真が映し出されます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、一家が病院で再会できた感動の場面です。ヘンリーが見つけれずに帰ってしまうのかと思われた時、トマスとサイモンがルーカスの名を叫んで再会できます。その後、ヘンリーとも再会でき、マリアが目を開けた時に感動してしまいます。
全体を通して、出演者の演技力が素晴らしく、ユアン・マクレガーとナオミ・ワッツの演技は必見です。ルーカス役のトム・ホランドの熱演も見逃せないです。また、ナオミ・ワッツの徐々に体が衰弱していく様子にメイクの技術の凄さに気づくことが出来ます。
リゾート地としてのタイの綺麗な景色が、より一層津波の映像を恐ろしくさせています。CG等を安易に使わずに、実際にセットを使って表現されていて、そのリアリティさに恐怖してしまいます。最後まで見終わって、家族との再会を目指す一家の力強い思いが伝わってきました。

映画の感想を投稿する

映画「インポッシブル」の商品はこちら