「オーケストラ!」のネタバレあらすじ結末

オーケストラ!の紹介:2009年制作のフランス映画。音楽への思いを捨てられずにいた人たちが、偽の楽団を結成して再び成功をつかもうとする。さまざまな謎が最後の演奏シーンで明らかにされていく。

この映画を無料で観る

予告動画

オーケストラ!の主な出演者

アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)、アンヌ=マリー・ジャケ(メラニー・ロラン)、オリヴィエ・デュプレシス(フランソワ・ベルレアン)、ギレーヌ・ドゥ・ラ・リヴィエール(ミュウ=ミュウ)、サーシャ・グロスマン(ドミトリー・ナザロフ)

オーケストラ!のネタバレあらすじ

【起】- オーケストラ!のあらすじ1

劇場清掃員の中年男性・アンドレイは、30年前にはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者でした。しかし共産主義時代に、ユダヤ系演奏家の排斥政策に従わなかったため、絶頂期に解雇されたのです。
ある日の清掃中、アンドレイは1枚のファックスを目にしました。そこには、サンフランシスコ交響楽団が演奏を取りやめたので、代わりのオーケストラを2週間以内に見つけたいというものでした。演奏会場はパリのプレイエルのホールです。 この映画を無料で観る

【承】- オーケストラ!のあらすじ2

なんとしても音楽界に返り咲きたいと思ったアンドレイは、かつての仲間を集めて偽のオーケストラを結成し、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込もうと決意しました。
アンドレイは早速、同じく追放された仲間を探し始めます。
現在は救急車運転手の元チェロ奏者・サシャをはじめ、かつての仲間は、現在は別の仕事をしていました。
タクシー運転手、のみの市(古物商、フリーマーケットの意)の業者、ポルノ映画の効果音担当者など…。

【転】- オーケストラ!のあらすじ3

アンドレイが声をかけると、皆快諾しました。皆も音楽界への未練があったのです。
アンドレイはソリストをパリ在住のバイオリニスト・アンヌ=マリーを指名し、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏曲に決めました。
パスポートも偽造品を何とか調達し、一行はパリに行きます。
しかし実際にパリに着くと、楽団員は出稼ぎに出てしまい、リハーサルは進みません。またアンヌ=マリーのマネージャー・ギレーヌは、アンドレイに何かを口止めします。
コンサート前日、アンドレイとアンヌ=マリーは一緒に夕食をとりました。

【結】- オーケストラ!のあらすじ4

そこでアンドレイは、レアという稀有の才能を持つヴァイオリニストの話をします。レアはアンドレイと共にオーケストラで活躍しましたが、共産主義の政府に連行されました。
実はアンドレイは連行されるレア夫妻から娘を預かり、フランスに亡命させていました。その娘こそがアンヌ=マリーだったのです。
アンヌ=マリーは「私はレアの代わりではない」と出演を拒否しますが、周囲の「演奏することで両親のぬくもりを感じ取れるかもしれない」という説得によって、演奏を決めました。
コンサートは始まり、成功をおさめます。アンドレイたちに出演のオファーが殺到しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「オーケストラ!」の商品はこちら