「キネマの天地」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

キネマの天地の紹介:1986年公開の日本映画。昭和初期の日本を舞台に、松竹の蒲田撮影所を舞台に、映画作りに情熱を燃やす人々の人生を描いた作品。

この映画を無料で観る

予告動画

キネマの天地の主な出演者

田中喜八(渥美清)、島田健二郎(中井貴一)、田中小春(有森也実)、小倉金之助監督(すまけい)、緒方監督(岸部一徳)、内藤監督(堺正章)、佐伯監督(柄本明)、佐藤監督(山本晋也)、小笠原監督(なべおさみ)、岡村監督(大和田伸也)、川島澄江(松坂慶子)、ゆき(倍賞千恵子)

キネマの天地のネタバレあらすじ

【起】- キネマの天地のあらすじ1

昭和8年(1933年)、春…。
浅草の活動小屋(映画館)で売り子をしていた田中小春は、小屋を訪れた松竹キネマの小倉監督に「声がよい」と言われ、蒲田撮影所の大部屋に女優として入りました。
小春は大正12年の関東大震災で母を亡くし、舞台役者をする父・喜八と二人暮らしです。喜八は病気がちで酒びたりで、いつも隣の家のご夫婦ゆきと弘吉に親切にしてもらっていました。
当時、映画は活動弁士が解説をつける無声映画(サイレント映画)から音声つきのトーキー映画へ移行する過渡期でした。
初めて蒲田撮影所に赴いた小春は『父何處(ちちいずこ)』で看護婦役が足らず、いきなり映画出演することになります。

【承】- キネマの天地のあらすじ2

素人の小春はいきなり演技をしろと言われて焦り、遺族よりも先に泣きだす看護婦という失態を犯し、小倉監督に怒鳴られて女優を諦めました。
しかし小倉監督の助監督・島田が、小春を家まで迎えに来ます。
島田の励ましで、小春は再び女優への道をめざしました。またこれがきっかけで親しくなった島田と小春は、ひそかにデートを重ねます。
小春に次々と端役の仕事が舞い込み、順調にこなしました。小春と喜八が住む長屋の住人たちは、小春の活躍が楽しみで、親子をやさしく見守ります。
島田と小春の仲は順調でしたが、映画のことしか頭にない島田に、小春は孤独を覚えます。
小春はプレイボーイとして有名な男優・井川と共演します。

【転】- キネマの天地のあらすじ3

小春は、スターとして活躍しながらもむなしさを感じる井川を慰めました。これが噂となって新聞に取りざたされ、父・喜八は怒ります。
小春自身は清純派女優として徐々にいい役をもらえるようになり、女優の仕事にやりがいを感じます。
その頃、対照的に行き詰まっていた島田は、思想犯として特高(特別高等警察)に追われる大学の先輩・小田切をかくまった罪で、留置所に入れられました。
留置所にいた囚人たちに映画のことを問われて話すうち、島田は映画への情熱を取り戻します。
釈放されて戻った島田を、蒲田撮影所の人たちも「いいネタ・経験があったか」「留置所で脚本を仕上げたかと思った」と、あたたかく迎えました。 この映画を無料で観る

【結】- キネマの天地のあらすじ4

翌、昭和9年。
大女優・川島澄江が、愛の逃避行をします。
澄江が主役として出演予定だった映画『浮草』は、主役不在で代役を立てることになりました。小春が大抜擢されます。
『浮草』のクライマックスシーンの演技で、何度も小倉監督にNGを出された小春は悩みました。演技に悩む小春に、父・喜八が小春の母とのロマンスを語って聞かせます。
主人公の心情を理解した小春は、翌日、小倉監督をうならせるいい演技をします。
『浮草』が封切られて大ヒットし、活動小屋は連日客が押し寄せます。
隣人のゆきとゆきの息子・満男と映画館に行った喜八は、小春が主役を演じる『浮草』を見ながら息を引き取りました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「キネマの天地」の商品はこちら