「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のネタバレあらすじ結末

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの紹介:2002年のアメリカ映画。フランク・W・アバグネイル・Jrの自伝小説『世界をだました男』を元に制作された。「Catch me if you can(できるのなら捕まえてみろ)」は鬼ごっこの掛け声。

予告動画

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの主な出演者

フランク・W・アバグネイル・Jr(レオナルド・ディカプリオ)、カール・ハンラティ(トム・ハンクス)、フランクの父(クリストファー・ウォーケン)、ロジャー・ストロング(クリストファー・ウォーケン)、ブレンダ・ストロング(エイミー・アダムス)、ポーラ・アバグネイル(ナタリー・バイ)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのネタバレあらすじ

【起】- キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのあらすじ1

1968年、NY州ブロンクスヴィルに住む16歳のフランクは、仲の良い両親が大好きでした。しかし幸せな生活は、父の事業失敗により破綻します。借金を返すために家を売り、母は男を作って離婚し家を出てしまいました。お金さえあれば、幸福な家庭のままでいられた…「お金が大事」この信念は思春期のフランクに強く刻みこまれます。失意のフランクは家出し、マンハッタンへ渡りました。父から貰った小切手を使い果たしたフランクは小切手の偽造を思いつきますが、すぐに怪しまれます。街で衆目を集めるパイロットを見かけたフランクは、高校の新聞取材を装ってパイロットに近づき、航空会社の仕組みを聞きだしました。

【承】- キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのあらすじ2

そしてパイロットの制服を手に入れた彼は、偽パイロットとして世界中を旅する生活を始めます。安っぽい小切手も、パイロット姿の彼が差し出せば通用しました。小切手の偽造が繰り返される事態を受け、FBIのカールが調査に乗り出します。カールは必死で犯人を探しますが、見つかりません。それでもやっとハリウッドでフランクを追いつめ、対面しました。ところがフランクは捜査官の振りをして、カールから逃れます。豪華な生活は得られても、フランクは孤独でした。偽の顔であるパイロット・フランクに近づいてくる人間はいても、誰もフランクの真の姿を知らないからです。真の姿を知っているのは、ニアミスしたFBIのカールだけです。

【転】- キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのあらすじ3

奇妙な親近感を抱いたフランクは、クリスマスの日カールに電話をかけます。「人恋しいのだろう」とフランクの思いを看破したカール自身もまた、妻と別れて孤独でした。追う立場、追われる立場である2人の間に、おかしな友情が芽生えます。毎年フランクはクリスマスにFBIのカール宛てに電話をかけました。フランクは看護師ブレンダに恋をし、今度は小児科医を名乗り、ブレンダの父が検事と知ると次に弁護士と偽り、ブレンダと婚約しました。かつての両親のように幸福な家庭を築こうとフランクは思います。一方カールは家出少年からフランクの身元を割り出しました。

【結】- キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのあらすじ4

フランクとブレンダの婚約パーティにFBIが踏み込みます。フランクはブレンダに真相を話し、空港で落ち合うことを約束して逃げました。しかしブレンダに裏切られ空港は包囲されています。彼はパイロットになりすまし切りぬけますが、後日とうとうフランスで逮捕されました。未成年ではありますが罪は重く、禁錮12年の刑に処されます。しかしフランクは自身の優れた小切手偽造の手腕や知識を買われ、FBIの捜査官に抜擢されることになりました。更にフランクは偽造防止小切手も開発します。その後フランクとカールは親友として付き合うことになりました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の商品はこちら

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [Blu-ray]