「キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版の紹介:2005年公開のアメリカ映画。リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演による歴史大作。中世ヨーロッパの十字軍遠征を背景に、ある青年の波乱に満ちた愛と闘いを描く。

キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版の主な出演者

バリアン・オブ・イベリン(オーランド・ブルーム)、シビラ(エヴァ・グリーン)、ゴッドフリー・オブ・イベリン(リーアム・ニーソン)、ティベリウス卿(ジェレミー・アイアンズ)、ボードゥアン4世(エドワード・ノートン)、サラディン(ハッサン・マスード)

キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版のネタバレあらすじ

【起】- キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版のあらすじ1

1184年。フランス王国の鍛冶職人・バリアンは、息子と妻を立て続けに亡くしました。息子が死んだことを嘆いた妻が自殺したのです。
キリスト教では自殺は罪なので、妻は地獄に落ちたことになります。
失意の底に暮れるバリアンのところへ、勇敢な騎士・ゴッドフリーが現れました。実はゴッドフリーはバリアンの父だと告げます。
『キングダム・オブ・ヘブン(天国の王国)』を作るのがゴッドフリーの夢で、そのために十字軍に参加していました。
「エルサレムに行けば妻と息子の罪を消せるか」と問うたバリアンは、父・ゴッドフリーとともに十字軍に参加します。

【承】- キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版のあらすじ2

ゴッドフリーは旅をしながら、バリアンに剣術を教えました。
エルサレムで王に忠誠を誓ったバリアンは十字軍の騎士として認められます。
しかし聖地へ向かう途中での戦いの際にゴッドフリーが剣で刺され深手を負い、その後しばらくして亡くなりました。バリアンは司祭の立ち会いのもと、ゴッドフリーから正式な継承権を受け継ぎ、イブランの領主になります。
バリアンは十字軍の戦いに参加することで、少しずつ騎士として成長していきました。
ある日バリアンは美しい王女・シビラと出会い、お互いに惹かれます。

【転】- キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版のあらすじ3

当時のエルサレムはキリスト教を信奉するエルサレムの王・ボードワン4世の支配下です。
しかしその地ではイスラム教も信奉されており、ボードワン4世はイスラム勢力の指導者・サラディンと共存しつつ、一触即発の危機も抱えていました。
ボードワン4世はバリアンとシビラとの結婚を勧めます。しかしバリアンは父から託された夢…キングダム・オブ・ヘブンを作る(ひいては、エルサレムの調和をめざす)…を優先するために、シビラを妻にしませんでした。
そのシビラと結婚して権力の座を狙おうとするテンプル騎士団の騎士・ギーが反乱を起こします。

【結】- キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版のあらすじ4

ギーはイスラム教徒たちと戦い、多くの犠牲者を出しました。イスラム勢力の指導者・サラディンとの戦いは必至となります。
バリアンたちは城に籠り、籠城戦を選びました。いくさは膠着状態になります。
最終的にバリアンは戦いに負けました。バリアンはイブランの領主であることを捨て、同じく王族であることを捨てたシビラとともに、フランス王国に戻ります。
そこへ聖地エルサレム奪還のために新たに聖地に向かう一行が通りかかりました。
ひとりの騎士(リチャード1世と思われるが明言はされていない)に「エルサレムで戦った勇者(バリアン)はどこにいるか」と訊かれたバリアンは、何も答えませんでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット版」の商品はこちら