「クイール」のネタバレあらすじ結末

クイールの紹介:2004年公開の日本映画。『盲導犬クイールの一生』という写真集をもとに、映画化された。あるラブラドール・レトリーバーが盲導犬として訓練されて成長し、亡くなるまでのドラマを描いた作品。

予告動画

クイールの主な出演者

渡辺満(小林薫)、多和田悟(椎名桔平)、仁井勇(香川照之)、仁井三都子(寺島しのぶ)、渡辺祺子(戸田恵子)、久保マスミ(黒谷友香)、渡辺美津子(櫻谷由貴花)、渡辺悦男(松田和)、水戸レン(名取裕子)、戸塚裕史(石田太郎)

クイールのネタバレあらすじ

【起】- クイールのあらすじ1

水戸家の飼い犬のラブラドール・レトリーバーが、5匹の子犬を産みました。飼い主であるレンは、子犬たちを盲導犬として育てたいと思います。
知り合いの盲導犬訓練士・多和田にそれを告げますが、多和田は「盲導犬になるには血統が大事」と断りました。
しかしあきらめきれないレンは、何度も多和田に電話で頼みます。
多和田はレンにひとつのテストを課しました。「『おいで』と言って、すぐにやってきた子犬は失格(慎重さに欠ける)。しばらく経ってからやって来て、人の顔を見上げる(反応をうかがう)犬なら合格」と。
そうして合格した1匹の子犬は、盲導犬になるために多和田に預けられました。

【承】- クイールのあらすじ2

多和田はその犬を、パピーウォーカーの仁井夫婦に預けました。パピーウォーカーとは、盲導犬を生後50日から約1年間、愛情をたっぷり注いで育てる役目のボランティアです。
その子犬には、左の脇腹に黒いバッテンのブチ模様がありました。それがちょうど、鳥が翼を広げたように見えることから、仁井夫妻は「クイール(鳥の翼、羽根)」と名付けます。
クイールは仁井家で、夫・勇と妻・三都子両者の愛情を注がれ、人間への信頼感をはぐくみました。
1年後、クイールは仁井夫妻と別れて盲導犬訓練センターに行きます。いよいよ盲導犬としての訓練の始まりです。

【転】- クイールのあらすじ3

クイールはベテランの訓練士・多和田が直々に訓練することになりました。
のんびりマイペースな性格のクイールで、飲み込みがやや遅かったものの、多和田は根気よく段差や角、障害物の手前では止まることを教えます。
やがて、クイールは立派な盲導犬として成長しました。
その頃、クイールは視覚障害者の渡辺と引き合わされます。役所で障害者対象の仕事をする渡辺は頑固な人間でした。
盲導犬と視覚障害の人との4週間の共同訓練において、最初はクイールとかみ合わない渡辺でしたが、やがて渡辺はクイールに愛を注ぐようになり、お互いによきパートナーとなります。

【結】- クイールのあらすじ4

しかし渡辺は、クイールとの生活が2年を過ぎた頃に、持病である糖尿病が悪化し入院します。
クイールは渡辺の入院中、盲導犬訓練センターに戻って、デモンストレーション犬(盲導犬の仕事を紹介するイベントの際に、働きぶりを見てもらう犬)として働きました。
その間ずっと、クイールは渡辺を待っていましたが、3年後、渡辺は他界します。多和田に連れられたクイールは、渡辺の葬儀に参列しました。
年老いたクイールは、引退して仁井夫妻のもとへ引き取られます。勇も三都子も喜んでクイールを迎えました。
クイールは12歳と25日でその生涯を閉じました。

みんなの感想

  • りよりんさんの感想

    クイール。感動しました。DVDも持っていますが、泣いちゃうので、見れません。終盤になると必ず泣いちゃうんですよ。昔犬を飼っていた私にとっては。感動ものです。

映画の感想を投稿する

映画「クイール」の商品はこちら