「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの紹介:1997年制作のアメリカ映画。天才的な頭脳を持ちながらも、幼い頃に負ったトラウマから逃れられない一人の青年と、最愛の妻に先立たれ失意にあえぐ心理学者との、心の交流を描いたヒューマンドラマ。

この映画を無料で観る

予告動画

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの主な出演者

ウィル・ハンティング(マット・デイモン)、ショーン・マグワイア(ロビン・ウィリアムズ)、チャッキー・サリヴァン(ベン・アフレック)、スカイラー(ミニー・ドライヴァー)、ジェラルド・ランボー(ステラン・スカルスガルド)、モーガン・オマリー(ケイシー・アフレック)

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちのネタバレあらすじ

【起】- グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちのあらすじ1

マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授・ランボーは、優秀な若い数学者に与えられるフィールズ賞を受賞した優秀な数学者でした。
ランボー教授はある日、数学科の学生たちに難問を出題します。それを解いた者は名乗り出ませんでした。
ランボー教授は、今度は歴代の数学者でも解くのに2年かかった難問を出題します。それを解いたのは学生ではなく、MITの清掃員の青年・ウィルでした。
実はウィルは特に数学に才能がある天才でしたが、たちの悪い友人とつるんでケンカをしては鑑別所に送られる問題児でした。
ランボーはウィルの身元保証人となり、更生させようとします。週1回セラピーを受け、週2回研究室で勉強するのが条件です。 この映画を無料で観る

【承】- グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちのあらすじ2

ウィルはランボーも手こずる数学の難問をあっさり解く能力を持っていました。研究室での勉強はしますが、ウィルはセラピーだけは嫌がります。
というのもウィルは孤児で、あちこちの里親を渡り歩いたり、虐待を受けたりした過去を持っており、心を閉ざしていたのでした。
考えたランボーは、大学時代のルームメイトで、今はバンカーヒル・コミュニティ・カレッジで心理学を教えるショーン・マグアイアを紹介します。ショーンは有名な心理学者でしたが、最愛の妻を亡くして失意の底にありました。
ウィルはショーンと会いますが、心理学者のショーンを逆に分析し、ショーンの妻を侮辱します。怒ったショーンはウィルを追い返しました。

【転】- グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちのあらすじ3

翌週、再び会ったショーンは、ウィルに妻への思いを語った後、自分の人生をきちんと見据えていくべきだと言います。ウィルは黙って聞きました。
その後もショーンとのセラピーで口を閉ざしたままのウィルでしたが、数週間後、ようやく口を開きます。バーで出会った片思いの相手の女子学生・スカイラーについてでした。
心を閉ざしたウィルと、妻を亡くしたショーンは互いの境遇が似ていることに気付いたのです。
ショーンはウィルに、スカイラーと真剣な交際をすべきだと助言しました。
ウィルはショーンの助言通りにスカイラーと接し、やがて深い仲になります。しかしウィルはスカイラーに、自分の素姓を話せません。

【結】- グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちのあらすじ4

優秀なウィルに、全米のシンクタンクや政府機関から就職依頼が殺到します。ウィルは悩みました。
その頃スカイラーは西海岸の医学校に進学を決め、ウィルに一緒に来てくれと頼みます。断ったウィルとスカイラーは別れました。
失恋で荒れたウィルに、親友・チャッキーは「お前は才能を活かせ。じゃないと殺す」と忠告します。
心理学者・ショーンにも虐待を受けた過去を知ったウィルは、初めてショーンの腕の中で涙を流しました。
ウィルはランボーの勧めに従い、シンクタンクへの就職を決めます。ショーンも再出発のため、旅に出ることにしました。
仲間にもらった中古車に乗ったウィルは、西海岸のスカイラーのところへ行きました。

みんなの感想

ライターの感想

主人公の青年ウィルは愛着障害を抱えています。
これは、幼少期に親または養育者から虐待、ネグレクト、過剰な干渉にあったせいで、他人との情緒的な結びつきをつくることができないという障害です。ウィルの場合は養父から暴力を受けていました。他人に心を開けないので、その代わりに相手を攻撃することでしか自分を守れないウィル。カウンセラーのショーンはそれを見抜き「君は自分の言葉で自分を語ることができない」と言います。初めて自分と向き合うことになったウィル。ショーンは、ウィルの過去を「君のせいじゃない」という言葉で癒し、過去のトラウマから開放します。

映画の感想を投稿する

映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」の商品はこちら